「再生数が多いだけじゃだめなんです」

泊大輔氏(以下、泊):続いてのテーマに行かせていただきます。さんこいちさんの動画の中で過去一番ファンから愛された動画はなんですか? というのを事前にお聞きさせていただいたところ、1つの動画を挙げていただいたんですけど、こちらはどういった動画でしょうか?

ほりえりく氏(以下、ほりえ):これは、やっぴがいろんなユーチューバーのBGMで即興で替え歌をする動画です。これが100万回再生くらいで3.9万の高評価がついているんですけど、ふだんですと100万回再生されても1.5万高評価がつけばいいなというところなんです。普通に動画がおもしろかったことがデカいんですけど、こちらは3.9万までいっていて。

先ほども言ったんですけど、高評価はけっこう意識していて、Twitterでいう「いいね」みたいなものなんですけど、これを取ると関連動画に載りやすい。これを取るためには再生数が多いだけじゃダメなんです。

例えばこの動画だったらおもしろいとかなんですけど、あとは編集の手が込んでいる、それとなにかの感情が生まれた時に高評価が押されるなというイメージがあって。これはめちゃくちゃおもしろかったです。

リプを積極的に返さないと、ファンとの絆が消えてしまう

:そのテーマの続きというか、「いいね」などはエンゲージメントと呼ばれている部分だと思うんです。YouTubeはファンとのコミュニケーションというかインタラクティブなメディアでもあると思うんですけど、とくに意識されていることや大事にされていることはありますでしょうか?

ほりえ:これはYouTubeではないんですけどTwitterのほうでリプ、来たものに対して返事を返すことはファンが増えるコツ、コツというより嬉しいことなのかなと思います。

丸本貴司氏(以下、丸本):5~6年くらい前まではインフルエンサーという言葉もなかったので、Twitter有名人みたいな時代があって、みんな芸能人になりたかったんですよね。そして芸能人は基本的にリプに関しては反応しないんですよ。それをすると格が落ちるみたいな。

ほりえ:(今は)近い存在みたいな。

丸本:近い存在になりすぎる、みたいに言われていた時期もあるんですけど、最近はほりえもそうだし、これから出る佐藤ノアもそうなんですけど、リプは積極的に返していくというのはけっこう大事で。これをやらないとファンとの絆が本当にすぐ消えてしまうイメージがあるので、接触の距離にはみんなすごくこだわっているよね。

ほりえ:そうですね。

ほりえ氏流、SNSの使い分け方

:Twitterの話も出ましたが、YouTubeだけじゃなくて、いろんなSNSを使い分けるとか、使い分け方とか、そういったことはありますか?

ほりえ:それぞれいるファン層も求めているものも違いますね。Twitterに関しては自分たちを好きな人がフォローしてくれているイメージで、Instagramは自分たちのファッションが好き・画像が見たいという人がフォローしているイメージ、YouTubeは本当に暇つぶし、ぐらいの感じで僕は思っています。

丸本:Twitterの話に戻っちゃうんですけど、ユーチューバーが多くてモデル界隈では絶対に作らないもので、サブ垢というのがあって。ユーチューバーはフォローアップアカウントのほうが多いんですよ。これはフォローしてくれたら絶対フォローを返しますよというアカウントで、さすがに全員には返せないとは思うんですけど、ほりえのサブ垢は何人ぐらいフォローしているの?

ほりえ:今10万人くらいにフォローされていて、2万人ぐらいはフォローを返していますね。

丸本:これはファンとの距離感ですごく変わったことだよね。

ほりえ:そうですね。これもそうだし、あと、たまにタイムラインとか見てチェックしたりもしています。

丸本:ファンの実際の声もチェックする。

ほりえ:はい。けっこうおもしろいです。

丸本:確かにね。

ほりえ:おもしろいです。他のユーチューバーの人のことを「死ねーーーーー」とか書いている人もいたり(笑)。楽しいですね。

丸本:ユーチューバーのファンの人は、けっこう民度が低い人も多いよね。

ほりえ:いや~、そんなことは言えないですね(笑)。

丸本:YouTubeよりもTikTokのほうがすごくコメントが荒れたり。

ほりえ:最近はいろんなことで炎上するようになってきていますよね。

丸本:確かに「こんなことで炎上するの?」というくらい炎上するし。

ほりえ:僕、最近「二重は好き」と言うだけでちょっと炎上しちゃいました。

丸本:あったね。「一重の人に謝れ」と言われて。

ほりえ:そうですね(笑)。そういうのとかもあるんですけど、「案件やりすぎ」いうので炎上しちゃう人もいます。「金稼ぎに使うな」みたいな。

タレント型とクリエイター型という2種類のインフルエンサー

:次は丸本さんからいただいているところで、そういった中でインフルエンサーのかたちが進化してきているというお話なんですけど、このあたりをご説明していただいてもよろしいでしょうか?

丸本:僕がずっとインフルエンサーと一緒に仕事をしてきて悩みだったことがあって。今までは企業が新しい商品を作った時に、企業の中でマーケを考えたり、広告の制作物を作ったりしてきましたよね。

そしてイメージモデルとして芸能人と言われている、テレビに出る人を使って、そのあとに商品やパッケージをインフルエンサーに拡散してもらう。PRのついでとしてインフルエンサーが使われていた時代が今までだったんですけど、今後はちょっと進化していくと思うんです。

(スライドを指して)左側の、「タレント型インフルエンサー」というもので、従来は芸能人が入っていたところにインフルエンサーが入る。例えば、次に出てくる佐藤ノアが今そういうことをやっているんですけど、イメージモデルをやりながら商品の宣伝もする。そっちのほうが絶対にインフルエンサーは喜ぶんですよ。

利用され続けていたというと言い方が悪いですけど、そういう歴史があるので、自分のことをイメージモデルに起用したり、Web以外での露出を増やしてくれる企業にはすごく感謝をするんです。

もしかしたら佐藤ノアも次に話すかもしれないですけど、(その企業に感謝をすると)企業から頼まれてもいないのに、勝手に宣伝したりするんですよ。お金じゃないところで。それはやっぱり「自分のことを心底気に入ってくれているんだな」というのを感じているからやっていたりする。

ほりえが近いなと思うのが右側の「クリエイター型インフルエンサー」。企業のチャンネルもそうなんですけど、商品がなにに合っているか。例えばYouTubeでどういうふうに宣伝すればいいのか、この商品にはどのチャンネルが向いているのか。

最初にさんこいちのチャンネルにゲームの案件を突っ込んだというのは、ちゃんとYouTubeをわかっている人、ユーチューバーなら絶対にやらなかったことだと思うんです。ここにインフルエンサーが入ることでインフルエンサー2.0じゃないですけど、また新しいインフルエンサーたちがいっぱい生まれてきて、より楽しくなるんじゃないかなと思っていますね。

:徐々にコンサルティングとか、そういった部分の領域にまでクリエイターが入ってくるようなかたちになっていくんでしょうか?

丸本:そうなんですよ。やっぱり作り手が今一番わかっているなというのは現場なので、今後は絶対にそうなってくるだろうなとすごく感じていますね。

エゴの発信ではなく、視聴者に寄り添ったコンテンツづくりを

:ちょっとお時間も迫ってまいりましたので、ここで質疑応答に移らせていただきたいと思います。ご質問がある方は挙手でお願いしてもよろしいでしょうか?

(会場挙手)

質問者1:今日はありがとうございます。よろしくお願いします。

今日のお話の中でトレンドのスタイルやキーワードのお話が出てきたと思うんですけども、私たちもSNSで色々と配信をさせていただいているんです。例えば、もともとはTwitterで発信していたものを、Instagramが流行ってきたタイミングで僕たちもInstagramから配信するようにしたり。

その中で切り替えというか、今これが来るぞとか、例えばTikTokが流行ってきているけど、私たちがTikTokに対してこれからどういうふうに発信していけばいいのかとか、いろいろ悩むことが多いんです。そういった時の判断はどうやって勉強していけばいいのか、なにかあるのかなと思いまして。

丸本:それはなにが流行るかよりも、新しく流行っている媒体に対してどうアプローチすればいいか、ということですか?

質問者1:トレンドの使い方というか、流行っているけれどこれはちょっとやめておこうといった判断基準であるとか。

丸本:基本的に、次にどのアプリが流行るかは、資本の問題もあると思うんですけど、最近は中国から来ているものが多くて。「中国でこれくらい資本を持っている会社が次に来るらしいよ」という噂は聞くんですけど、実際にそれが日本にハマるのかはわからないんです。

ライブ配信やライブ通販も日本にはちょっと合わないなと思ったり、わからないですけど、TikTokみたいに流行っている媒体はそこで活躍しているティックトッカーに聞くのが一番早くて、たぶんそこじゃないとわからないところなんです。YouTubeだったらユーチューバーに聞かないとわからない。

ほりえ:そうですね。それも自分自身が勉強していかないとダメだなと思っていて。TikTokもそうなんですけど、例えば僕は一度TikTokの動画を見て「自分はこういうことを感じたな」というのを考えるんですよ。

そこからコメント欄を見て、意識が今の一般の子たちとちゃんと合っているんだなと確認する作業をYouTubeでもTikTokでもするようにしているんですけど、それをしないと結局は自分たちのエゴで配信していることになるじゃないですか。だから視聴者に寄り添ったコンテンツを発信していくのが一番じゃないのかなと思います。

例えば、美容師さんの学校で今やるなら、モデルハントとかをして、めちゃイモい系のメガネ男子をアフターでめちゃくちゃイケメンにするとか、そういうのをTikTokのショートムービーでやってみるとすごく流行るんじゃないのかなとは思います。

丸本:YouTubeではそういうのがすごく流行っているよね。ビフォーアフター。インスタやTwitterはかわいいい子しかウケなかったんですけど、「よきき」という子がビフォーが小峠(英二)さんに似ていて、それがあんなイケメンになるんだとか。「まあたそ」さんも岡山の奇跡のブサイクだとか。ああいうのがないと、(YouTubeでは)普通にかわいいだけじゃウケないんだなというのはすごく感じますね。

:ありがとうございました。その他ご質問のある方はいらっしゃいますでしょうか?

(会場挙手)