「山登り型」「フィールド型」で見るキャリアデザイン

徳田葵氏(以下、徳田):では、そろそろ次にいきましょうか。「キャリアプランと学び、どう結びつくのか?」。

清水久三子氏(以下、清水):いよいよ学びに近づいていく。

徳田:近づいてきています。

清水:「なにをするの?」とみなさんも思われているかと思うんですけれども、まず最初にキャリアデザインの考え方ですね。私はだいぶ変化を感じていますので、その話をさせていただきます。

(スライドを指して)キャリアデザインの変化として2つ。「山登り型」と「フィールド型」という考え方なんですけれども。

山登り型で例えられるものとしては、企業の中で上を目指していく、昇進昇格をしていく。これはすごくわかりやすいですよね。1つの頂点を目指して登っていくという。

徳田:1つずつ登っていく感じですね。

清水:対してフィールド型というのは、頂点を目指すというよりは、自分の価値を出せるフィールドを探していくとか。探すだけではなくて、それを見つけて耕してフィールドを作っていく、そんな考え方です。

山登り型は、どちらかというと既存のものを登ることに対してで、フィールド型は新しく作っていくという考え方なんですよ。これがたぶんすごく大きく変わってきているところかなと思います。

「山登り型」=定性的無期限目標

山登り型のキャリアプランやデザインはどうやっていくのか。(スライドを指して)これは私がコンサルタント時代、実際に企業の人事制度の中でやっていたものでもあります。

まず、定性的無期限目標、「こんなふうになりたい」というありたい姿を考えて、定性的中期目標として「3年後ぐらいを目指して、どんなふうになっていたらいいのかな」というものを考えて、「じゃあこういうふうにしよう」と定量化をするんですね。

「こういう状態だったらいいよね」とやっていって、最後に短期的アクションに結びつけていくと。こんな感じで山を登っていくデザインをしていくことを、実際に目標設定の中でやっていました。

ご参考までにという感じなんですけれども、私自身は「プロを育てるプロになりたいな」ということを無期限目標として掲げ、「そのためには人材戦略領域を目指したほうがいいんじゃないかな」と考えて、「じゃあこういうことで認知されて、こういうことをやっていこう」というふうに決めていきました。

これは大きな人材領域などの山があって、「それをどんなふうに登っていったらいいのかな」ということで立てるキャリアデザインになります。対して、フィールド型はけっこう「どんなふうに立てたらいいか?」と悩みますよね。

徳田:悩みますねえ。

キャリアの8割は偶発によって決定される

清水:今そこにないものもあるとなると、「どうしたらいいの?」とすごく……ある意味、広大な荒野で途方に暮れてしまいますよね。そうならないために、新しいキャリアデザインの考え方で「計画的偶発性理論」というものがあるんです。聞いたことはありますか?

徳田:私、初めて耳にしました。

清水:キャリアデザインの中では最近というわけでもないのですが、けっこうメジャーになりつつある考え方です。どんなものかというと、「個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される」という調査結果をスタンフォード大学のクランボルツ教授が出されているんですね。

徳田:計画にはないということですか?

清水:おっしゃるとおりです。

先ほど「私、計画をこのように立てました」と話したのですが、実際はそのとおりにはなっていないわけです。私自身を振り返ってみると、最初はアパレル企業に新卒で入りました。ファッションが好きで入ったのに、なぜかシステム企画に入って(笑)。

システム企画であるプロジェクトをやってみたら失敗して、「どうやったらプロジェクトをうまくできるんだろう?」ということを考えたんですよ。

そこで「プロジェクトや改革をうまくいかせるプロって何かな?」と考えたらコンサルタントという職業が出てきて、「じゃあコンサルタントになろう」と。もうぜんぜん、キャリアプランもなにもないんですけれども(笑)。

コンサルタントになって、「人材領域を目指そうかな」というところまでは先ほどの計画のとおりなのですが、そこでどうなったかというと、資料作成がけっこう上手だという評価をいただいて、研修部の方から「資料作成の研修を作ってください」というご依頼を受けて。

そこで本当は「忙しい」と断りたいところをグッとこらえて作ってみたら、思いの外好評で、出版社からお声がかかって「出版しませんか?」ということで資料作成の本を出して、それがまた独立のきっかけにもなっていくんですよね。そして「じゃあ執筆や講演でやっていこうかな」となって。

偶然を計画することの重要性

私のキャリアを見ただけでも、やっぱり、そういったかなり偶発的な要素が多いわけです。ですので、「たまたまこの人に会ってこういうことを言われた」「こういう話を聞いた」「こういうことから刺激を受けた」ということで、いろんな可能性が広がっていくことが計画的偶発性理論の根底にあるわけです。そして偶発性は、待っているだけだと起きないわけですよね。

徳田:そうですね。

清水:ここにずっと座っていても、いきなりなにかが降ってくることはやっぱりありませんので、自分で計画的に偶発が起きるようにしていきましょうと。偶然が起きる確率を計画して高めていくということなんです。

(スライドを指して)座って待っているだけじゃなくて、下にあるように、好奇心、持続性、楽観性、柔軟性などを大切にして日々を過ごしていくと、キャリアや可能性がより広がっていく。これがフィールド型デザインの基本になるわけですね。

徳田:なるほど。そうなると、山登り型とフィールド型は、けっこう対照的ではありますよね。

清水:そうですね。ただ、対照的と言いつつも、闇雲に偶発を待つというよりは、大きく「こういうふうに貢献する人になりたい」「私はこういう価値を人々に与えてみたい」という意味では、大きく山を描くこともあると思います。

でも、そこで「これをやります」というところにこだわりすぎてしまうと、可能性が狭まってしまうと思うんですよね。

大きな目標としてありたい姿を描いた上で、いろいろな偶発が起きるように、人に会ってみたり本を読んでみたり、ふだん行かないところに行ってみることを絶えずやるようにしましょう、ということだと思います。

徳田:なるほど。(スライドを指して)ここの4番の柔軟性ですよね。

清水:そうですね。こだわり。

徳田:柔らかく、こだわりは捨てて行動を変えていくようなところなんですね。じゃあ、この山登り型とフィールド型を懸け合わせたミックスのような型がすごくいいんですね。

ロールモデルを探してはいけない

清水:そうだと思います。では、このキャリアと学びを考えていく際に、チェックポイントというか、注意のポイントを2つご紹介したいと思います。

1つ目は「ロールモデルを探さない」ということです。よく女性活躍推進のなかで、女性がなかなか活躍しにくい理由として「ロールモデルがいないからです」というお話がよく出るんですよ。

山登り型で頂点を目指しているのであれば、ちょっと先を行く人がロールモデルになる。参考になるわけですよね。ただ、フィールド型になってきたときのロールモデルは、たぶんいないと思うんですよ。

「この領域においてはこの人がすごくいい」というふうになるのですが、フィールド型で考えていったときは、新しい領域なのでロールモデルがいない可能性のほうが断然高いです。

そういう人がいないからといって自分が諦めてしまうのはすごくもったいない。「そういうものはいないんだな」と割り切ったほうが、かえって可能性が広がっていくと思っています。

徳田:もう割り切って探さない。

清水:自分自身のオリジナリティを追求していくほうが、このあとを考えていくためにはいいかなと思います。

羽生結弦選手に学ぶライフステージ形成

清水:もう1つは、ライフステージを意識してキャリアを考えていくことですね。例えば二毛作・三毛作がどういうタイミングで来るのか。20代はとくに働くパワーもありますよね。気力も時間も能力も伸びる時期なので、「じゃあ20代はこうかな」「30代はこうかな」という世代もあります。

結婚して子どもができるのもライフステージの変化ですよね。そういったときにどういう働き方がしたいのか。これもキャリアを考える上で必要になってくるのかなと思います。ちなみに、羽生結弦選手はご存じでしょうか。

徳田:フィギュアスケートの。

清水:ご存じですよね。彼は早稲田大学のeスクールの生徒だということはご存じですか?

徳田:そうなんですか?

清水:オンラインで単位を取れるものなのですが、むしろ普通に通っている学部生よりも、レポート作成や卒業がものすごく大変と言われているんですね。

彼の外国人のコーチも「オリンピックチャンピオンでありながら、金メダリストでありながら大学に通うなんて、本当に尊敬する」とおっしゃっているんですよ。

それは何を意味しているかというと、スポーツ選手というと、現役のアスリートでいられる時間はすごく短いですよね。下手をすればもう20代の半ばで終わってしまう。100年時代を考えたときに「その後どうするのか?」をより真剣に考えなければいけないのかな、ということなんですよね。

例えば指導者や解説者などの道もありますけど、それはすごく限られたポジションです。ほかにも後輩の指導とか事業を起こすとか、いろんなことがあります。とくに名の通った一流選手になると、そういうところを見据えて学んでいるんだなと、私も感銘を受けたんですよ。

徳田:まさしくそうですね。

清水:すごいですよね。「時間がないなんて言っていられないな」と、私自身すごく感銘を受けました。

徳田:ちゃんとその先を見て、何をすべきかを、ライフステージを意識するのがプロなんですね。

清水:「時間がないから大学なんて無理」と思ってしまうと、そこで可能性が狭まってしまうので、「来たるべきステージ2に備えて」というところまで考えているということです。

ぜひみなさんも、「次は何が来るのかな?」というのを考えて、忙しいながらも続けていくことを意識していただけたらと思います。これも第2回につながっていくのですが、時間がない中でライフステージを意識しながら、学びを途絶えないようにしていくことも考えていただきたいと思います。

フィールドを切り開いていく力が求められている

徳田:この「ロールモデルを探さない」というところに、みなさんからご反応をいただいておりまして。

清水:あっ、そうなんですか。

徳田:はい。(タイムラインを見て)辻さんは「ロールモデルを設定してはいけないのではなくて、ロールモデルがないからといって諦めてはいけないということかな」と。

清水:おっしゃるとおりです。そこで「先人がいないからこの領域はダメなんだ」となるのではなくて、自らそのフィールドを作っていくという意識で学んでいくところかなと思います。ありがとうございます。

徳田:それからもう1つ。「自分がロールモデルになるような意識を持ったらいいのかな」というコメントが来ていたんです。

清水:それも1つですよね。1つのマインドセットとして、そういう気概があるのはとってもいいかなと思います。自分がロールモデルというのもありますし、ほかの人でもいい。

私の仲間でも「自分が後ろに続く人たちの道を切り拓くんだ」と言ってすごくがんばっていらっしゃる方がたくさんいます。そうした気持ちでフィールドを切り拓いていくのも、すごくいいかなと思います。

徳田:ありがとうございました。フィールドは自分で切り拓いていくと。

スティーブ・ジョブズ「点と点をつないでキャリアをつくろう」

徳田:では、最後のテーマに移っていきたいと思います。いろんな学び方があると思うんですけれども、その学びのテーマをどうやって決めていけばいいのか。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。