TOEICでわざと5点を取る英語講師
彼はなぜ、満点を目指さないのか?

第59回:TOEIC界の大御所、ヒロ前田先生インタビュー #1/2

西澤ロイの頑張らない英語。このラジオは、英語が上達しない原因を根本から治療するイングリッシュ・ドクターの西澤ロイ氏が、英語の効果的な上達法・学習ノウハウ、英語を使って活躍している方のインタビューなどを伝える番組です。TOEIC満点を獲得し、「頑張らない」をキーワードに英語勉強法をレクチャーするロイ氏が、リスナーからの疑問に答えます。今回は、TOEIC講師、対策本著者のヒロ前田氏をゲストに招き、ユニークなTOEICエピソードを語ります。

いつの間にか大御所に?

西澤ロイ氏(以下、ロイ):Someone from a famous publisher told me a shocking fact.「西澤ロイの頑張らない英語」。

上村潤氏(以下、上村):このコーナーはイングリッシュドクター西澤ロイが、英語に関するさまざまな話題を取り上げたり、英語を使って活躍している方にインタビューするコーナーです。このコーナーは社会貢献型レストラン予約アプリ「テーブルクロス」の提供でお送りします。ロイさん、xx factって言いましたっけ? shocking factだ。

ロイ:はい。Someone「誰か」、from a famous publisher「有名な出版社の方に」told me a shocking fact「衝撃的な事実を言われた」んですけども。その出版社で雑誌とかを出しているんですけども、僕、今まで、そこからオファーきたことがないんですよ。取材のオファーとか。何か、僕が「大御所」ということになっていて。

上村:いつの間に(笑)。

ロイ:僕にオファーしても、どうせ断られるからって言って出さなかったということを聞いて「えっ? いつから大御所になったんですか?」みたいな。まだまだ、取材は大歓迎ですので、よろしくお願いします。ということで、今日は本物の大御所の先生に来ていただきました。

上村:お越しいただきました。さっそくご紹介致しましょう。TOEIC指導者養成トレーナーのヒロ前田先生にお越しいただきました。おはようございます。

ヒロ前田 氏(以下、ヒロ):おはようございます。

ロイ:おはようございます。

(一同拍手)

TOEIC講師を育成する男

上村:まずは簡単な自己紹介からお願い致します。

ヒロ:TOEICの対策書籍を書いたり、セミナーをやったり。あとはTOEICを教えている人を育成する、養成するという仕事を主にやっています。この10年ぐらいですね。ですので、すごくわかりやすくいえば、著者、講師ということになります。名前は因みに偽名ですね。

上村:偽名?(笑)。

ヒロ:ニックネームとかペンネームとか、他人によって付けられたペンネームです。

上村:ああ、そうなんですね。自分で名乗った覚えはないと。

ヒロ:まったくないですね(笑)。

上村:でも浸透しているわけですね。ヒロ前田先生。

ヒロ:うーん、まあ、いつの間にか。はい。

ロイ:今、本って何冊ぐらい出されてますか?

ヒロ:本の数、実は知らないんですよ。多分25冊くらいだと思いますけど。

ロイ:もう数えてもいないみたいな。

上村:把握しきれない(笑)。

ロイ:今月からTOEICが新しくなりますので、TOEICの有名な先生方をお呼びしているわけですが、そのラストとしてヒロ前田さんに来ていただきまして、今日はTOEICのお話をうかがいたいと思います。今までにTOEICを受けられた数が106回。

ヒロ:たぶん。

ロイ:通算106回で、しかも、43都道府県で受験されているとうかがったんですけども。

ヒロ:それは間違いないです。

ロイ:あと、どこが残っているんですか?

ヒロ:受けてない県ですよね?

ロイ:はい。

ヒロ:佐賀県、熊本県、鳥取県、島根県。この4つです。

ロイ:というか、何でそんなことをされているんですか?

ヒロ:何で? やはり唯一の男になりたいからですね。

ロイ:えーっ!(笑)。

ヒロ:誰も真似しない、ばかなやつだと(笑)。

ロイ:聞いたことないですよね。47都道府県制覇で僕もセミナーやりたいとか思ってますけど、TOEIC受けるはないですよね。

ヒロ:いやあ、楽しいですよ(笑)。

あえて5点をとる?

上村:地域によって特色が……そこはないですよね(笑)。

ヒロ:いや、あります、あります。

上村:あ、あるんですか?(笑)。

ヒロ:多分2時間ぐらいこの話でもっちゃうので、別の機会に譲ったほうがいいと思いますけども。

ロイ:しかも、TOEICを講師の方とかで、何回も受ける方って、TOEIC満点を何回もとっている人とかが多いわけですよ。10回連続で満点をとりますとか。でも、ヒロさんはちょっと違う受け方をされているというふうに。

ヒロ:そうですね。受験の目的は調査活動みたいなものですけど、例えば点数も990点を目指すというのは、かつて目指したことはありましたけども、それをやったところで、唯一の人間にはなれないんですよね。周りにどんどん増えていきますから。なので受ける時には、例えばわざと5点をとってみるとかですね。

ロイ:これは持ってきていただいたスコアシートなんですけど、リスニング5点、リーディング70点。トータル75点。

上村:なるほど。

ヒロ:ですね。それはもう、毎回、毎回テーマは違うんですけど、1つの目的を持って受験する。この時はたまたま、リスニングセクションであれば2問だけ正解しようと決めてある調査をしたわけですね。ところが、出てきた結果シートを見ると、1問しか正解したことになってないと。「何でだろう。不思議だな、謎だな」ってワクワクするじゃないですか。

上村:はい。

ヒロ:しないですか? するんですよ(笑)。

上村:いやあ、楽しみ方が上級者になってきて。

ヒロ:そういう受け方をしてますね。この数年間。

TOEICの頻出ネタが現実に!?

ロイ:因みに、もう1つ持ってきていただいた1,000円。これはなんですか?

ヒロ:これは某航空会社からもらった食事券なんです。これもTOEICを受けに宮崎県に行った時に、帰りの羽田に帰る飛行機が、1時間、2時間遅れたんですね。お詫びの印としてクーポン券が与えられたと。これ実はTOEICのPART4に出る頻出のネタなんですね。

上村:えーっ!

ヒロ:今までずっと試験の中の出来事として見ていたものが、自分が正にその瞬間に立ち会って、クーポン券をもらえたと。このクーポンがここのあるということは、当然、この1,000円は使わなかったということなんですけども、あまりにもうれし過ぎて、もったいなくて使えなかったんですよ、それでも、もうこれは家宝にすると。

ロイ:因みにその飛行機が遅れたら、うれしかったりするんですか?

ヒロ:いやあ、もちろんですよ(笑)。

ロイ:ああ、そうなんだ。TOEICのあるあるで飛行機は遅れるものみたいなものがあるので、遅れたら「よーし!」みたいな。

ヒロ:正にガッツポーズを(笑)。以前、TOEICの小説を出したんですけどもう、その中でそのネタを使ってます。空港で飛行機が遅れることを知ってガッツポーズをするという。それはもうフィクションではなくて、実際にやってますので。

ロイ:何のグプタでしたっけ? 『不思議の国のグプタ』という小説があります。

不思議の国のグプタ

上村:その中にこのネタが登場するわけですね。

ロイ:いやあ、すごいおもしろい世界ですよね。

<続きは近日公開>

西澤ロイ(イングリッシュ・ドクター)profile copy

上達しない原因を治療する英語のお医者さん。 「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)がベストセラー。

西澤ロイ公式HPYouTube公式チャンネルラジオ番組「めざせ!スキ度UP」(スキペディア)Twitter

Published at

西澤ロイの頑張らない英語

西澤ロイの頑張らない英語に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、西澤ロイの頑張らない英語に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 TOEICでわざと5点を取る英語講師 彼はなぜ、満点を目指さないのか?
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?