NYの地下鉄でゲリラライブ!?
日本人初の女性スタンダップコメディアンが語る、挑戦の軌跡

第37回:Kaoriさんインタビュー(バイリンガル・コメディアン)<ラジオ「西澤ロイの頑張らない英語」> – YouTube #1/2

西澤ロイの頑張らない英語。このラジオは、英語が上達しない原因を根本から治療するイングリッシュ・ドクターの西澤ロイ氏が、英語の効果的な上達法・学習ノウハウ、英語を使って活躍している方のインタビューなどを伝える番組です。TOEIC満点を獲得し、「頑張らない」をキーワードに英語勉強法をレクチャーするロイ氏が、リスナーからの疑問に答えます。今回は、日本国内・日本人女性で唯一、英語と日本語の両方を駆使するスタンダップコメディアン、Kaori氏をゲストに招き、知られざるコメディアンの世界を語ってもらいます。

アジア最大のオーディション番組に出演

Kaori:……はい、ということで(笑)。

西澤ロイ氏(以下、ロイ):(笑)。アジアといえば、オーディション番組『Asia’s Got Talent』。あれにも出場されたんですよね。

Kaori:はい。出演しました。

上村潤氏(以下、上村):おぉ、あのオーディション番組。

ロイ:そうそう。『Britain's Got Talent』だとスーザン・ボイルとかがデビューしたりしている、あのオーディション番組。

上村:あれの、アジア版の?

Kaori:アジア版。もう、すごい規模でやりまして。アジア何十ヶ国……ほんと、日本以外のほぼすべて網羅してるんじゃないか、というくらいですね。

ロイ:日本以外なんですね。

Kaori:そう、日本はやっぱり流れないんですよね。それで、日本から5組選ばれて、そのうちの1人として出演させていただいたんですけれども。いや、すごい経験でした……。

ロイ:なにがあったんですか?

Kaori:まず、やっぱり日本の常識は通用しないと思っていて。バックステージ側の問題ですね。それは別に悪いことでもなんでもないんですけれども、私が話を聞いていて、いざ国に……。マレーシアで撮ったんですけど、マレーシアに渡ってみると……「あっ、こういうことだったんだ」って。日本のテレビとかオーディションとかっていうイメージとは、けっこうかけ離れた進行の仕方をしてたりもするので。

上村:へぇー。

Kaori:海外でやっていくってことは、やっぱり念には念を入れて。自分の「こうだ」っていう固定観念の外で、「なにが起こってもいい」くらいに準備しなきゃいけないな、っていうのもありましたし。撮影自体も、「えぇー!?」っていう規模でした、本当に。

オーディションだと思ったらいきなり本番!?

ロイ:「本番じゃないと思ったら本番だった」みたいな話は。

(一同笑)

Kaori:もう、ビックリですよね! これは「一生、泣き笑い話になるぞ」と思うんですけど(笑)。

「オーディション番組のオーディション」ということでお話が来て、てっきり日本の感覚で言う「ネタ見せ」みたいな感じかなと思ってたら……本番で……(笑)。

上村:(笑)。

ロイ:そしたらもう、ちゃんと観客とかいっぱいいて、ジャッジがいて。

Kaori:いて(笑)。そりゃあもう、ビックリしますよね。

ロイ:確かに、心の準備ができてないと。

Kaori:でも、いつ来てもいいようにはしておかなきゃいけないんですけれども。やっぱりスタジオの大きさとか、ケタが違いました。今まで経験してきたものとは。「もっとがんばらなきゃいけないな」という、いい指標になりました。

ロイ:本当に「Kaoriさんってチャレンジャーだな」と思って、僕は拝見しています。

Kaori:ありがとうございます(笑)。

“黒人大学”に留学

ロイ:初の日本人女性スタンダップコメディアン、というのもあるし、あとはもうちょっとプロフィールと言うか、英語の経歴のお話も聞きたいんですけど……留学先が黒人大学。

Kaori:(笑)。

上村:黒人大学?

ロイ:あんまり意味がわからなくてですね(笑)。

Kaori:(笑)。意味わかんないですよね。「これ、言っていいの?」みたいなことを言われることもありますけど、日本では「黒人大学」って呼ばれてて。アメリカでは“Black College”とか、“Historically black colleges and universities”っていう正式名称で、“HBCU”って呼ばれるんですけれども。

アメリカの南部ですね。ワシントンD.C. 以南に、黒人の人たちが……かつて奴隷制がありましたよね。その黒人の人たちの地位向上を目指す目的で設立された大学が、いくつかあるんですよ。そこにはやっぱり独自のカルチャーが根付いていて。そういうのを体験したいな、と思って。

ロイ:でも、ふつう通うのは黒人なんじゃないですか? そんなこともない?

上村:限らない?

Kaori:95パーセントはアフリカン・アメリカンです。けれど私がいた大学はけっこう規模も大きくて、スポーツが強かったので。例えばバレーボールの強い、ロシア系の国の人がいたりとか。

ロイ:じゃあ留学生が残り5パーセント、みたいな感じ。

Kaori:そうですね。

南部訛りはルールが通用しない?

ロイ:なるほど。そうなんですね……僕も留学先がジョージア州南部だったので。

Kaori:行きましたよ、ジョージアも。

ロイ:南部なまりにすごい苦労して。やっぱり黒人なまりとかも、大変じゃなかったですか?

Kaori:そう、本当に。今までのルールが通用しないですよね。例えば“It ain’t nothing. ”って言われたときに、「どっちなんだ」と!

(一同笑)

「“ain’t”ってまず何なんだ!?」とか。

ロイ:そうそう、否定して否定して、二重否定ってことは肯定に? なるの? みたいな。

(一同笑)

Kaori:そうそう!(笑)。日本人だとそう考えるじゃないですか。そういうのもありましたし……ただやっぱりそれに馴染んできちゃうと、今度は「きれい」と言われる英語、標準的な英語が聞き取れなくなってきたりとか。

上村:あぁー。

ロイ:ありますよね。でもそれが芸の肥やしになる、っていうのがおもしろいと思うんですよ。

Kaori:あっ、ありがとうございます。

ロイ:黒人のマネとかがしやすいわけですよね。

Kaori:まぁまぁ、そうですけど(笑)。

上村:「なまりあるある」みたいなのが出てくるんですね。

ロイ:そうそう。

Kaori:いやぁ、でもやっぱりなかなか、口の形とかも違うので。がんばってマネしてるな、という感じにはなっちゃいますけどね。

ニューヨークの地下鉄でゲリラライブ

ロイ:でも本当にチャレンジャーで、YouTubeにも動画とか載ってるんですけど……「ニューヨークの地下鉄でゲリラライブ」。

Kaori:(笑)。

上村:やってましたね……!

Kaori:あれは本当に、何回「帰ろう」と思ったことか。

上村:(笑)。

ロイ:でも、ふつうの受験英語をやった日本人としては、まず「外国人に話しかけるだけで恥ずかしい」とかって言う人も多いじゃないですか。

上村:ハードルが高い感じはしますね。

ロイ:いや、ハードルめちゃめちゃ上がりまくりじゃないですか?

Kaori:(笑)。まぁそうですけれども……ただ、実際にニューヨークに行ってみると、もうみんな好き勝手に言いたいこと言ってるわけですよ。例えば地下鉄の中でも、急に「オレ今金ないから、みんな金くれ」とかって。

上村:おぉ(笑)。

ロイ:えー! いるんだ?

Kaori:そう(笑)。ジャラジャラ~って缶を持ってね、「誰か金を入れてくれ」とかっていう。そういう人もいれば、いきなり陽気に「ドゥワッドゥワッ」とか歌って、チップもらっていく人とか(笑)。

上村:おぉー(笑)。

ロイ:あぁー、いるんだ……。

Kaori:それを見てたら、勝手に自分の中でハードルを高くしてるだけであって……地下鉄で喋るとか、人前で喋ることに対して。このニューヨークにいる人たちにとっては、「見知らぬ人たちにものを好き勝手言う」っていうのは、とってもハードルの低いことなんだろうな、と思って。

ロイ:あぁ、なるほど。

Kaori:そう。だったらそこで勝負しちゃえ、みたいな。

ロイ:それで、勝負しちゃった、と(笑)。すごいですよね。

Kaori:いやでも、さすがにあれは帰りたくなりましたよ(笑)。本当に帰りたくなりました。

セントラルパーク・タイムズスクエアでビラ配り

ロイ:でもそんなこと言って、今後もそういうことやっちゃうんじゃないですか?

Kaori:あぁ、もうぜんぜん。もうニューヨークの地下鉄は問題なくやれますね。

上村:もう、1歩踏み出してしまえば。あとは!(笑)。

ロイ:え、もう外にも出ちゃったりとか?

Kaori:あっ、出ます出ます。この間もニューヨークで初めて単独ライブをやらせていただいたんですけれども、その告知もセントラルパークとか、タイムズスクエアとか。

上村:おぉー。

ロイ:(笑)。

Kaori:いろんな公園みたいなところに行って、ビラを配る……という荒業に出まして。

ロイ:(笑)。

Kaori:これもやっぱり緊張しました。本当に「帰ろう」と思いましたけど(笑)。まぁでも、なんとか。やってみると楽しいもんです。

上村:「帰ろう」と思って、それをでも、バネにしてと言うか。やっぱそういうのは素でやってるわけじゃなくて、がんばってるんですね(笑)。

上村:自分を奮い立たせて、1歩踏み出すわけですよ!

ロイ:そうそう。

Kaori:いや、ふつうの人ですから! ぜんぜんふつうの人ですよ!

(一同笑)

気の小さい、真面目な子ですよ? そんな、「なんでもやっちゃえ!」みたいな感じでは、なかなかできませんね。ビール飲んで、勢いつけてやる、って感じです(笑)。

<続きは近日公開>

西澤ロイ(イングリッシュ・ドクター)profile copy

上達しない原因を治療する英語のお医者さん。 「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)がベストセラー。

西澤ロイ公式HPYouTube公式チャンネルラジオ番組「めざせ!スキ度UP」(スキペディア)Twitter

Published at

西澤ロイの頑張らない英語

西澤ロイの頑張らない英語に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、西澤ロイの頑張らない英語に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 NYの地下鉄でゲリラライブ!? 日本人初の女性スタンダップコメディアンが語る、挑戦の軌跡
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?