※本記事は英語のインタビューを日本語に翻訳したものです。

チベット仏教のNo.2、リンポチェ師が来日

西澤ロイ氏(以下、ロイ):本日のゲストをお迎えできて、ただただ光栄です。今回の放送が第80回目となりまして、それを記念して、今回はものすごいゲスト様をお迎えさせていただきました。

本日のインタビューは、英語で行なわせていただきます。今回のゲスト様は、チベット仏教の高僧でいらっしゃいます。ダライ・ラマ14世の70歳生誕祭では、最高執行責任者を務められましたザ・チョジェ・リンポチェ師です。

この放送をお聞きの皆さま、ザ・チョジェ・リンポチェ師をお迎えください。

ザ・チョジェ・リンポチェ師(以下、リンポチェ):みなさん、こんにちは。ザ・チョジェ・リンポチェです。短くして「リンポチェ」と呼んでいただいて構いません。アメリカに住んでいますが、チベット人です。両親はチベット出身ですが、私が生まれたのは難民キャンプです。最近はアメリカに住んでいます。

アメリカンネームとして「ザック・リンポチェ」と呼ばれます。日本だと「ザックー、ザックー」と呼ばれますね。

ロイ:リンポチェ様、本日はこの番組にご出演くださり、本当にありがとうございます。

リンポチェ:こちらこそ、とても嬉しいです。

リンポチェ師と日本の関係

ロイ:したい質問がたくさんあります。日本は何回目くらいでいらっしゃいますか?

リンポチェ:日本にはもう何回も来ています。1999年からですから、今は2017年です。

ロイ:18年前ですね。

リンポチェ:年に2回来ることもあれば、年に1回の時もあります。ですので基本的に、日本には「たくさん」来ております。

ロイ:それは「たくさん」ですね。ところで、日本の食べ物はお好きですか?

リンポチェ:はい、美味しいです。

ロイ:特に何がお好きですか?

リンポチェ:日本の食べ物は大好きなのですが、特に好きなものの1つがラーメンです。

ロイ:ラーメンですか!

リンポチェ:そして餃子。ラーメンと餃子です。

ロイ:僕もラーメン、大好きなんです。日本人に対して、どのようなことをお感じでしょうか?

リンポチェ:日本には美しい文化があると思っています。私が注目する一番重要なポイントは、日本文化が「敬意」の上に成り立っていることです。日本の昔の文化、例えばサムライの文化を見てみると、敵にさえも敬意を払うことを教えています。それはとても大きなことです。

少し前に日本に来た時にも、7月の17日頃だったと思うのですが、「海の日」と呼ばれていました。私は、これは何の日ですか?と尋ねました。「これは特別な日であり、海に対して敬意を払ったり、感謝をしたりする祝日だ」と教わったのです。

これはとても美しいことだと思うのです。日本には、伝統のある、美しい文化があるのです。人々も丁寧さを大事にしていて、他人に敬意を払っています。人と出会った時にも、お互いに頭を下げたりします。お互いに自己紹介をする方法も、独特なところがあります。日本には美しい文化があり、人々はその文化を取り入れています。それは美しいことだと思います。

仏教の教えは「敬意」に集約される

ロイ:昨夜、リンポチェ様の講演会に行きましたが、最初にされたお話が「敬意」でしたね。重要なことですよね。

リンポチェ:はい、いつもその話をするのですが、それが仏教の教えから私が学んだことなのです。お釈迦さまは実際、たくさんのことを教えていらっしゃいますが、全部を集めると、たった1つの言葉に集約されるのです。それが「敬意」です。

ロイ:敬意ですか。リンポチェ様は日本文化の中にそれをたくさん見いだしていらっしゃるのですね。

リンポチェ:はい、そう思います。日本文化の土台として、敬意が大元にあると思います。例えば、お互いに敬意を払うこと。もし自分の敵にさえ敬意を払うことができたら、誰に対してでもできるでしょう。

ロイ:確かにそうですね。そんな風に考えたことはありませんでした。この番組のメインリスナーは、日本に住む英語学習者の方々です。彼らは、将来の日本、ひいては世界を背負って立つリーダーだと僕は考えています。彼らに何かアドバイスをいただけたらと思うのですが……。

リンポチェ:素晴らしいことですね。このところ、世界はどんどん狭くなり、国境を超えて人々がつながれるようになってきています。そして英語が国際的に最も使われる言語の1つになっています。

ですから、英語をできるようになっておくのは良いことですし、そうすれば別の文化を持つ様々な人たちとつながることができます。ある意味、新しい世界になってきていると言えるかもしれません。英語を学ぶののも素晴らしいことですし……、実は私は日本語を身につけようと努力しているところです。

好きな言葉は「うたし」

ロイ:日本語で好きな言葉っておありですか?

リンポチェ:好きな単語ですか?「うたし」です。

ロイ:「わたし」ですか?

リンポチェ:いいえ、「うたし」です。

ロイ:「うたし」ですか……。

リンポチェ:「うたし」の意味が分かりますか?

ロイ:ごめんなさい。

リンポチェ:組み合わせた言葉なんです。「嬉しい」と「楽しい」と「幸せ」を。

ロイ:はあ、それで「うたし」ですね!

リンポチェ:日本語の単語にはありませんが作りました。私が作ったわけではなく、友人が使っていて、とても気に入ったのです。

ロイ:いいですね。面白いですね。日本人はとてもシャイなところがあります。謙虚すぎると言いますか。そして、英語を使うことを避けてしまいます。

リンポチェ:立ち上がって大きな声で「私にはこれができる!」と、日本人は世界に対して言うべきだと僕は思っています。確かに、日本人的な性質かもしれませんね。細かいことを大事にしたり、そこにこだわる気持ちが、日本人の心の中にはあるでしょう。一種の完璧主義のようなものが、精神性に含まれていると言いますか。

ですから、うまくできないことが分かっている時に、それを避けて最初からやらないことがありますよね。でも、何かを学んでいる最中なのであれば、口に出して言ってしまうべきだと思います。もし、間違えたとしても、きっとみんな理解してくれることでしょう。英語はあなたの母国語ではないのですから。

間違えたところで、英語をうまく話せる人たちは理解してくれるでしょう。それどころか、彼らは頑張って話してくれたことを嬉しく思うはずです。逆に、話そうとしなかったら、誤解をする人が出てきてしまうかもしれません。「もしかして私のことが嫌いなんだろうか」などと。

ロイ:だから、口を開くことが大事なんですね。

リンポチェ:間違いがあったとしても、もしあなたがちゃんと口を開けば、相手は喜んでくれるでしょうから、口を開いた方が良いのです。