男女の力の感じ方の違いを関数化

武藤杏里氏(以下、武藤):司会者さんたち、紹介ありがとう。スタッフの方々、準備ありがとう。みんな、集まってくれてありがとう。ああ~、女に生まれて、よかった!

(会場笑)

どうも。卓越した研究ぶり、充実した数学生活。大学院生です。

(会場笑)

独り身でさみしいガールズのみんな、ラマヌジャンみたいに、インドの神様が王子様を連れてくると思ってない?

あはっ……じゃあ質問です! 1729は2通りの3乗した2つの数の和で表せる最小の数だって直感できますか? ……待つんじゃない、解くの。

(会場笑)

えーと、じゃあ今から男女の力の感じ方の違いを関数化してみます。

横軸に踏ん張った度合い。縦軸に、馬力は大きすぎるのでロバ力で。ロバ力で表すと、女はこんな感じだとすると、男はまあそれよりもちょっと上かなって感じですね。

これ、どんな関数かというと、対数関数と呼ばれています。まあ、女が踏ん張ったところで男がちょっと踏ん張ったぐらいしか出ないですし、男がやさしくしたって女がちょっと踏ん張ったぐらいは出るんですよ。

ということで、「やさしくしてね」といっても、男は強い力しか出ないので、「女性の体は1億円の花瓶だと思ってタッチする」という、有名な男優の方がおっしゃっていて、実にそうだなという感じですね。T・Kさん。名前は言いませんけれども、業界では有名な方ですね。

さまざまな男女の違いを関数で表すと

では次、男女の記念日の重要度の違いです。

女はずっと一緒なんですよ。とにかく記念日は大事だと思うんです。でも、男性は下がっていっちゃうんですね。わかります? わかりますよね。これ、指数関数的に下がっていっちゃうんですよ。

でも、そこで「記念日だから祝ってよ」とか言うと、ちょっと喧嘩になっちゃうんですよ。おねだりはほどほどに。これがいい女。

(会場笑)

次、男女の体型感の違い。こういうふうにあったときに、女はまあまあ妥当に判断するんですよね。男性はどんなふうに判断するか。はい、これ、シグモイド関数なんですね。

これはどういうことか。例えばヴィーナスを例にとると、ヴィーナスはこのへんじゃないですか。女にとってヴィーナスってぽっちゃりなんですよ。でも、男にとってはヴィーナスを代入するとデブゾーンになるんですね。

ちょっと待って。男の標準ゾーン狭すぎない? 思いません? こんなに狭いんですよ、男って。世知辛い世の中ですね。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。