タコは足にも心がある
人間の想像を超えた驚くべき知性

Octopuses Are Ridiculously Smart

人間の脳は、頭の中にあります。私たちが知的であると考えているほかの動物、例えば犬やイルカ、チンパンジー、カラスなどもそうです。しかし、時にボトルの蓋を開けるほどの知性を見せるタコは一風変わっています。脳の中枢は頭の中にあるものの、奇妙なことに彼らの神経細胞の約3分の2が足の中にあるのです。それぞれの足は、文字通り独自に心をもっています。つまり、足がそれぞれバラバラに行動できるのです。YouTubeの人気サイエンス系チャンネル「SciShow」のハンク・グリーン氏が、タコの驚くべき知性について紹介します。

驚くべきタコの生態

ハンク・グリーン氏:タンクから滑り落ちて排水管に落ちたタコの話を聞いたことがありますか? あるいは、錠剤のボトルを開ける方法を見つけ出した頭足類の話はどうですか?

正直なところ、成人でさえ時には開けるのが難しいものです。タコは賢いといっても間違いではないでしょう。

しかし、私たちがほかの動物の知性について議論するとき、人間と比較してしまうという罠に陥る傾向があります。脳の大きさから感情や学習能力のようなものまですべてを比較します。

よく知られていないかもしれませんが、タコは人間と非常に異なる生き物なのです。進化系統樹上では、彼らは私たちからかけ離れた存在です。そして、おそらく私たちが思っているよりも複雑な構造をしています。

人間の脳は、頭の中にあります。私たちが知的であると考えているほかの動物の脳もそうですよね。犬やイルカ、チンパンジー、カラスのように。

タコも同様に、頭の中に脳の中枢を持ち、人間と解剖学的に類似点があります。

例えば、彼らの脳は脊椎動物と同様の電磁パターンを生成し、学習や記憶のようなもののために脳領域を特殊化しているようです。また、彼らは人間が右利きと左利きがいるように、利き目を持っているようです。

しかし、奇妙なことに彼らの神経細胞の約3分の2が足の中にあるのです。それぞれの足は、文字通り独自に心をもっています。自分の問題を解決し、独立して行動する一方、ほかの足はまったく異なることをしています。

2013年の研究調査では、科学者たちはその神経細胞の反応をテストするために、死んだタコの足を切り離しました。そして、切り離された足が水道水や酢酸に触れると反応することが観察されました。

これは、彼らがなんらかの種類の侵害受容器を持っている可能性があることを示唆しています。熱いストーブに触れる時に手をとっさに引くように、危険や痛みを感知する特殊な神経細胞です。

しかし、人間とは異なり、彼らの足は脳に伝達が行き届かずとも、刺激に対して反応することができます。ほかの実験では、切断された足がうろつき周って、さらには食べ物をつかむことが判明しました。

つまり、解剖学的に言えばタコはとてもすばらしい無脊椎動物です。しかし、彼らの行動はどうでしょう?

半分に割れたココナッツを拾って移動式の家として使用したり、遊ぶように物体を動かしたりする姿が観察されています。

「Journal of Comparative Psychology」に掲載された1993年の研究では、タコは食べ物や脅威に対して1匹1匹独自に、かつ一貫した反応を示すことから、個性を持っているようだということがわかりました。あるタコは一貫して好奇心と大胆さがあり、別のタコは慎重で恥ずかしがります。

2001年に行われた別の研究では、若いタコが数週間にわたって行動を変え、周りの環境から学習し、より注意を払うことが観察されました。

つまり、タコはある種の進歩した認知を持っており、時間の経過とともに学習し行動を変化するようです。

タコはどのように知性を身につけたのか

タコの行動と私たち自身の行動に多くの共通点が見れるかもしれませんが、私たちは明らかに同じ道は辿ってきませんでした。私たち脊椎動物の進化の歴史は、約12億年前に軟体動物から分離したので、人間とタコの知性は完全に別々に進化したのです。

科学者たちの中で、人間が知性をどのように身につけてきたかを説明しようとするさまざまな理論があります。その1つは、私たちの生活スタイルに関係しています。

基本的に、長期的な関係を形成することは、より生存しやすい道であることを意味しています。しかし、タコは特定の進化圧力を受けていません。彼らは2年間しか生きられず、ほとんど孤独に過ごします。

では、これらの生き物はどのようにして知性と脳幹を進化させたのでしょうか? 牡蠣のようなほかの軟体動物はどうだったのでしょうか?

それは、牡蠣とタコを区別するもっとも明白なものと関係があるかもしれません。つまり貝殻です。

彼らの進化のある時点で、おそらくタコの祖先は殻の安全性と引き換えに自由を手にしたのだと思います。そして突然、彼らはさまざまな狩りのスキルを使用して、食料を獲得することができるようになりました。

しかし、彼らは同時にほかの動物たちの夕食になることを心配する必要がありました。食べられるのを避けるために、さまざまな戦略、隠れる術、カモフラージュ、道具の使用、スピードなどのスキルを身につけました。

そして、その自己防衛にはある程度の知性が必要です。より賢いタコは生き残るチャンスがあったのでしょう。

タコは私たちに似てないかもしれませんが、私たちのように動いたり、私たちのように生活し、私たちのように考えているのかもしれません。

私たちは理解し始めたばかりですが、彼らもなんらかのかたちで知性を身につけているのです。

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

・公式チャンネル

Published at

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?