今後スイートルームは使わない

舛添要一氏(以下、舛添):平成28年第2回都議会定例会の開会にあたりまして、都政運営に対する所信の一端を申し述べ、都議会のみなさまと都民のみなさまのご理解ご協力を得たいと思います。

去る3月6日、名誉都民である多湖輝(たごあきら)さんが逝去されました。ここに慎んで哀悼の意を表し、心よりご冥福をお祈りいたします。

このたび、海外出張経費、公用車利用、そして政治資金などの問題につきまして、都民のみなさま、都議会のみなさまに多大なるご迷惑をおかけしておりますことを、心から深くお詫び申し上げたいと思います。

今回、都民のみなさま方から多くのご批判をいただきましたことは、すべて私の不徳のいたすところであります。ご批判の内容を真摯に受け止め、改めてまいります。

海外出張につきましては、航空機のファーストクラス、宿泊施設のいわゆるスイートルームは使用しないこととし、全体の経費について厳しく見直しを行ってまいります。

随行職員も役割をしっかりと見極め、最小限の体制といたします。公用車の利用につきましては、厳格な運用を徹底して、都民のみなさまの疑惑を招くことのないようにしてまいります。

また、ご指摘をいただいています、知事就任前の政治資金の使途に関わる問題につきましては、現在政治資金規制法に精通した元検事の弁護士により、支出内容を厳しく調査していただいております。この結果は本議会での審議に間に合うよう公表し、ご説明申し上げたいと思います。

ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

今回、お寄せいただきましたご批判はしっかりと心に刻んでまいります。心から深く反省し、まずは早急に十分な説明を申し上げられるように努めてまいります。このたびはたいへん申し訳ございませんでした。

熊本大震災の復興支援と新たな災害への備え

4月、熊本地方を震源とします激しい地震が発生し、大きな被害をもたらしました。亡くなられた方々に深く哀悼の意を表するとともに、被災されたみなさまに心よりお見舞いを申し上げます。

都はこれまで警視庁東京消防庁の各部隊の派遣をはじめ、医療救護班やインフラ復旧支援隊の派遣、毛布・簡易トイレの搬送など、現地が必要とする支援を着実に展開してまいりました。引き続き復興をしっかりと支えてまいります。

今回の地震では、前震、本震と非常に強い揺れが相次ぎ、その後も異例の頻度で余震が続きました。こうしたきわめて活発な地震活動は、被災状況をさらに厳しいものとしております。

都におきましても、都民・国民、そして東京を訪れる人々の安全・安心を守るため、不断の取り組みを進め、災害への備えをさらにかためてまいります。

先月、福島県を訪問し、浪江町など、被災地の現状をこの目で見てまいりました。内堀(雅雄)知事との会談では、都として復興に引き続き協力していく旨、あらためてお伝えいたしました。

福島県では、再生可能エネルギーを復興の柱の1つと位置づけております。そこで今回、福島の再生可能エネルギーを活用しましたCO2フリー水素の製造・利用を目指し、共同で調査研究を進める協定を締結いたしました。

新たな技術開発や関連産業の振興など、被災地のニーズをふまえた取り組みを進めてまいります。

先週には、九都県市首脳会議で再び福島を訪れ、復興・創生に向けた共同宣言を採択いたしました。今後も九都県市で連携し、国の取り組みをいっそう加速するよう働きかけながら力強く支援してまいります。

リオデジャネイロ五輪まであと2ヶ月

さて、リオデジャネイロオリンピック、パラリンピックまであと2ヶ月となりました。アスリートが極限にまで高めた肉体と精神の躍動が、世界に感動を与えてくれることを期待しております。そして、被災地の方々を勇気づける大会となることを、心から願いたいと思います。

東京でもリオ大会の機運を高めるべく、開催100日前には都庁舎と駒沢公園オリンピック記念塔を、ブラジルのナショナルカラーであります、緑と黄色でライトアップいたしまして、大会期間中はライブサイトを区部・多摩に加え、東北の被災3県に設置し、大会を応援してまいります。

大会の熱気あふれるリオの地では、次回開催都市東京をアピールし、2020年大会の期待につなげてまいります。ジャパンハウスの設置や日本の文化を堪能できるイベントの開催など、さまざまな工夫で世界と日本の出会いを演出いたします。

リオ大会旗を受け継ぐハンドオーバーセレモニーにおいても、東京を強く印象づけてまいります。

2020年大会が多くのお客様を迎えるなかで成功を収めるため、この機を捉え、東京と日本の魅力を世界に広めてまいります。

先般、2020年大会のエンブレムが決定いたしました。市松模様をアレンジした日本の伝統が光る藍色のデザインには、大会に向け日本人の心を束ねる力があると思います。

また、今回開催する2019年ラグビーワールドカップのテストマッチでは、全国の開催都市のPRブースを設置するなど、2019年大会の成功に向けた連携を強めてまいります。2つの世界的なイベントを成功させるため、オールジャパンで着実に歩んでまいります。

そして、2020年大会の成功の先に東京の明るい未来を築き上げる。これは後の世代の人々に対して私たちが負っている大きな責任であります。この責任を果たすため、ゆとりある成熟社会を未来に残していきたいと思います。

誰もが生き生きと活躍し、常に活力に満ちながら、富とゆとりを生み出す社会、そこでは暮らしの中のゆとりが生活の質を向上させ、また、新たな活力につながってまいります。そうした好循環が支える成熟社会を2020年大会を跳躍台として実現してまいります。

リオから受け継ぐ大会旗は、成功と責任の象徴

リオから受け継ぐ大会旗は、まさに大会の成功と、その先の未来に負う大きな責任の象徴であります。強い決意と覚悟で東京の発展につくしてまいります。心に豊かな成熟社会を実現するため、大会成功への道筋を確かに歩み、東京をさらなる高みへと飛躍させてまいります。

選手村につきましては、建設予定地において、道路などの都市基盤の整備に着手し、完成に向けた第1歩を踏み出しました。来月には住宅等などを整備する民間事業者を選定いたします。

また、大会後を見据え、水素エネルギーや次世代型燃料電池など、最新の環境技術を駆使した町づくりの検討も進めます。官民が一体となった強固な推進体制を構築し、着実に取り組んでまいります。

競技会場につきましても、後利用に関する計画の中間のまとめを発表いたしました。アスリートが最高のパフォーマンスが発揮できる環境を整えることはもとより、都民に長く愛され活用されるようなレガシーとしていくために、さらに計画を練りあげてまいります。

2020年大会を文化の祭典としても成功させるため、文化都市東京の魅力を磨き上げてまいります。リオ大会後にスタートする文化プログラムでは、伝統芸能から現代美術まで、東京の奥深い芸術文化を活かしたパフォーマンスなどを展開してまいります。プログラムへの関心を高めるための助成事業も開始いたします。

また、今回国立西洋美術館を含むル・コルビュジエの建築作品の世界遺産登録が勧告され、都内初の世界文化遺産の誕生も目前であります。ますます高まる東京の文化の魅力を国内外に広く発信してまいります。

ホール・劇場の不足への懸念につきましては、先日緊急の取り組みを発表いたしました。今後は新たなに調査部隊を設け、ホール・劇場の長期的なあり方も検討してまいります。

パラリンピックを控えた今こそ障がい者理解を進め、新の共生社会を進めてまいります。先月、銀座中央通りでパラリンピック競技の迫力を体感できるイベント、「NO LIMITS SPECIAL (GINZA & TOKYO)」を開催し、トップアスリートが魅せる力強い技の数々が2万人を超える観衆を魅了いたしました。

公約に掲げた保育所・介護施設ヘの取り組み

今年度からは都内のすべての公立学校でオリンピック、パラリンピック教育を開始しており、体験活動を重視した取り組みやボランティアマインドや多様性を認め合う心を育んでまいります。

今日午前には都内の小学校におきまして、ロンドン・パラリンピックの統合ディレクターを務められましたクリス・ホームズ卿から、パラリンピックの感動を子どもたちにじかに伝えていただきました。学び、体験し、そして関心を高めてもらうことを通じて、パラリンピック大会成功への機運を醸成し、障がい者理解の促進を図ってまいります。

誰もが意欲と能力を存分に発揮し、生産性を向上させ、ワークライフバランスをしっかりと実践する。そこから生まれる活力とゆとりこそが東京をさらに進化させていきます。そうした認識の下、すべての都民が安心して活躍できる社会を作りあげてまいります。

先月政府が示しました、日本一億総活躍プランにおきましては、待機児童対策として、保育の受け皿整備や保育所の処遇改善など、現在、都が進めている施策は盛り込まれました。引き続き国や区市町村と連携しながら取り組みを進めてまいります。

また副知事をトップとした検討チームを設け、保育サービスの整備目標の引き上げや、さらなる施策の充実も検討してまいります。加えて、国家戦略特区の活用により、公園への保育所設置では、今後の計画も含めますと、約1,000人の定員を確保することになります。こうした取り組みをさらに拡大してまいります。

高齢化社会への対応では、先般地域包括ケアシステムのあり方について、最終報告が取りまとめられました。介護サービス基盤の整備をはじめ、認知症対策、介護人材の確保・定着支援など、幅広い施策を展開し、高齢期を迎えても住み慣れた地域で安心して生活できる体制を整えてまいります。

それは将来の不安を取り除き、都民一人ひとりが生き生きとした活躍を引き出すことにもなると思います。高齢化社会の課題に正面から取り組み、成熟社会における持続的な活力を生み出してまいります。