思考には必ず軸がある
最適解を導き出すマッキンゼー式「10%ルール」

アントレプレナーの意思決定に必要な戦略思考を学ぶ #4/6

ビジネスにおいて、日々の生活において、目の前に現れる多くの選択肢のなかから、いかにして判断を下し、最適な答えを選んでいけばいいのか? 「アントレプレナーの意思決定に必要な戦略思考を学ぶ」と題して、2016年1月22日「Impact HUB Tokyo」がミートアップを開催。本パートでは、マッキンゼー出身の戦略コンサルタント・田中良直氏が戦略思考に適した「5つのフレームワーク」を紹介し、そのなかから「MECE(ミーシー)」の考え方をレクチャーしました。

旅行プラン1つでも選択肢は無限

田中良直氏(以下、田中):旅行プランを考える時に、今、「人」という話がありましたよね。それから「アクティビティ」というのがありましたよね。家族のことを考えた時にどうしようかなとか、アクティビティはなにがいいかなとか。たぶんいらっしゃると思うんですけど……、予算で止まった方もいらっしゃると思います。あと、そもそも1週間が長すぎるという方(笑)。「想像もつかない、なにすりゃいいんだ」みたいなのがあるかもしれません。

例えば、旅行のプランを立てるという非常にシンプルな1つのプランニングにおいても、こういう要素があるんです。あるいは「そもそもどこに行くか?」。山に行くか、海に行くか、非常に明確に最初から思ってらっしゃっても、なにをやろうかなと考えると、そこで選択肢がたくさんありますよね。

釣りが好きと言う人もいるかもしれませんし、なにかマリンスポーツをやりたいと言う方もいるかもしれませんし、ハイキングに行きたい、登山に行きたい、海に行ってダイビングがやりたい……。いろんなアクティビティがありますよね。アクティビティを考えた時に、例えば「これをやるんだったら、いくらかかるんだろう?」みたいな思考が、横の要素にピョンと飛ぶことがありますよね。

でも、30万円かかるのか? そもそもそれは何日でできるのか? 何日で行って(帰って)これるのか? 30万円あって4日あったら、どこに行くのか? でもここに行くと、このアクティビティができないし。やっぱりこっち側に行くと……、いやいや、ちょっと待って、誰と行くんだ? 家族を連れて行ったらどうするんだ? 家族を連れて行くんだったら、予算がこれだけかかるよな。そうすると、やっぱりこっちの場所? いや、日数を減らす?

こういうふうに思考がジャンプしていくんです。これがランダムな思考なんです。こうやってグルグル回っていくうちに、「あー、めんどくせー! よくわかんねーや!」となる人はなるんですね。人間の脳は、そんなに同時にマルチタクスでものを考えられないんですよ。

だからこうやって、これ考えて、これ考えて、これ……と、それぞれに選択肢はたくさんあるわけですよ。アクティビティだって、自分ができること、最初から旅行に行ったらこれをやるんだと決まっている人は、非常にシンプルです。「俺の人生は登山だけ!」みたいな人は、いいんですけれども。でも、いろんなことを楽しみたいじゃないですか。

せっかく休みが取れて、旅行に行くんだったら、いろんなことができて、いろんなことをやりたいなと。そうすると、選択肢がいっぱい出てくるわけですよね。それでいろんな選択肢があるうえに、行けるところがたくさんあるわけですよね。そうすると、ここ(アクティビティ)×ここ(行き先)で、パターンが何十パターンもできますよね。

それに何日行くのか。日にちを掛けると、またそこで何百パターンになりますよね。それから1人で行くのか、家族で行くのか、友達と行くのか、誰と行くのか、そのパターンを掛けると、そこでまた……。その時点で、旅行に行くと考えただけで、数千のパターンがすぐにできちゃうんですよ。

要素を明確にして「思考の軸」のなかで考える

それを全部ランダムに考えたまま、ベストなソリューションを作ろうということ自体が無理なんですね、ランダムに考えると。そうやってグルグル回っていっちゃうことが起きる。じゃあ、どうするのか?

どうしたらいいのかと言ったら、この要素を人、アクティビティ、バジェット、期間、場所、それぞれに対して、選択肢がいくつあるのか? アクティビティは、自分がやりたいことがいくつあるのか? バジェットはいくらかけられるのか? 期間としてはなにがあるの? それぞれのなかで、選択肢をまず明確にするわけです。一番要素の多いやつは、最後でもいいですからね。決められるところから、だんだん迫っていく。

それで1人で行って、アクティビティはなにをやって、バジェットはこのぐらいで、期間はどれぐらいかかるのか、これがパターンAです。あるいは家族優先で考えたら、アクティビティとしては我慢してこういうのをやって、バジェットはこのぐらいかかって、期間はなるべく時間をとって、予算はこれぐらい、それはパターンBです。

こうやって、選択肢をリストアップしていくんです。「パターンAとパターンBは、自分にとってどっちがいいんだろう?」「どっちの選択肢のほうが、より自分が幸せになるだろう?」という意思決定を、今回してください。どっちが最適な意思決定か? 今、2016年の自分と家族と自分のいろんな関係において、どっちのほうがよりベターな意思決定なのか、最適な意思決定なのかを比較してもらうんです。

グルグル回っていくほうではなくて、このように一つひとつの要素を明確にしていく。これを私は「思考の軸」と呼んでいます。

つまり、旅行プランを立てることをやる時に、なんの軸を使えばいいのだろうか? 行き先という軸があるよな、誰と行くかという軸はあるよな、アクティビティという軸はあるよな、バジェットという軸はあるよな、期間という軸はあるよな……。それぞれの軸を明確にして、それぞれの軸はそれぞれの軸のなかで、まずものを考える。その組み合わせで、選択肢を抽出していく。抽出した選択肢を比較して、どちらかを意思決定していく。こういうやり方を取るんです。

今は旅行だったので、簡単なんですけれども。ビジネスの場で意思決定をするのに、これをやっていると大変です。選択肢がたくさんあるものを掛け算、掛け算、掛け算……の順列組み合わせで、最適なものをこのなかで一発で出そうと思うとできませんので、こうやって軸を明確にする。それぞれの軸のなかで物事を考えて、そこで選択肢を明確にして意思決定をしていく。これが戦略思考のやり方なんです、具体的な。

マッキンゼー式「10%ルール」

ランダムに考えると、混乱します。思考には必ず軸があるので、最初に軸を明確にすることが、戦略思考のアプローチの大前提です。わかりますか? この軸を作るためにいろんなフレームワークがあるわけです。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

Impact HUB Tokyo

Impact HUB Tokyoに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、Impact HUB Tokyoに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?