米にはカドミウムが含まれている

渡辺信幸氏(以下、渡辺):それで、東北地方に行きますと、ひざと腰が曲がった方が多いですね。田植えするからだって言うけど、間違いですよ。

昔々、カドミウム中毒といって、イタイイタイ病というのがございました。この方が、イタイイタイ病の症状です。

あちこち痛い。ひざと腰が曲がっている。お米に含まれるカドミウムが原因です。カドミウムは魚にも含まれています。やがて、透析になる人が多い。

これは、社会科の教科書でちらっと出てきますかね、公害のところで。カドミウムについてこのような本(『カドミウムと土とコメ』)がありますが、現在私たちが食べている米。稲は、地中のカドミウムという毒を吸って、米にため込むんですよ。

だから、日本で作られている米は、すべてカドミウムが入っています。一度体内に入ったカドミウムは、30年間抜けないと言います。政府が法律で規制してますけどね。基準値を設けております。

これが私たちの、普通の日本人が食べている食事から、カドミウムをどれだけ摂取しているかという量です。これも、農水省のカドミウムのところをインターネットで調べると載ってます。これ、農水省の発表です。

つまり、私達1週間、(これ以上)カドミウムを食べたらいけませんよっていうのは7(マイクログラム/キログラム体重)までです。だけど、普通の日本人は、すでに3(マイクログラム/キログラム体重)近く食べているんです。だから、人より3倍ご飯食べる人は、もうアウトです。

子供は体重が少ないですからね。大食いの子供がいたら、もうアウトです。カドミウムが一番入ってる食品、見てください。青いところ、お米。それから青いところ、魚。緑のところ、緑黄色野菜。芋も。食べる物ないよね? いや、あるんですよ。その他、ここ、MECです。

(会場笑)

どうです? MEC一番安全だ。ちゃんとMECって書いてくれればいいのに、その他としか書いてない。

(会場笑)

厚生労働省の文書、面白いですよ。米の悪口言ってるもんね。

農水省で調べてくださいね。じゃあ、世界で米の安全性はどうかと言いますと、ベネズエラ、多いですね。それから中国。日本、どうですか? 何と、日本のお米は、世界の中でもカドミウムが多いです。

びっくりですね。まだ、アメリカ産のほうが安全です。僕は米を食べないから気にしませんけれども、一応、お米を食べる方は、食べ過ぎに注意してください。特にお子さんですね。30年間、出ていかない。

だから、政治も何もわかりませんが、安全なのはアメリカの米です。僕は政治家じゃありません。アメリカの米が安全です。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。