企業は売上だけを上げていればいい時代が終わり、景気の先行きも不透明な中で「お金を稼ぐ、増やす、貯める」だけではない知識や理解が求められています。
経済や会計といった言葉はとっつきにくく見えますが、知っておくと役に立つ、ビジネスの世界の「ルール」でもあります。今回は、これからの会社と世の中のお金の流れを考える特集をお届けします。

ビジネスのルールがわかる「会計」の考え方
会計を学ぶ利点は、ビジネスの「ルール」がわかること 『会計の地図』著者に聞く、仕事とお金の関係性
副業・フリーランスのための会計入門 #1/2
税理士と顧問契約するフリーランスが大切にしているもの 「自分で会計ソフト」と「税理士依頼」を判断する基準
副業・フリーランスのための会計入門 #2/2
会社は簡単に破産し、最後まで従業員に潰れることを隠す 税理士が語る、会社員が副業を持つことの重要性
組織の利益を最大化する、会計感覚の身に付け方
会計感覚を身につけるのに「簿記3級から...」は間違い 新入社員でも管理職でも役に立つ、決算書を「読み解く」力
社会人1年目のためのお金と社会の話 #1/2
教育現場の“お金アレルギー”が招いた、日本の金融教育不足 学校では教えてくれない、社会人が学ぶべき「経済」の話
社会人1年目のためのお金と社会の話 #2/2
「働く=偉い」ではなく、1人の人間が生きているだけで立派なもの 経済記者・高井浩章氏が語る、私たちが社会で働くことの意味