はあちゅう氏と村上萌氏の出会いについて

村上萌氏(以下、村上):そもそも、ちゅうもえ手帳、『週末野心手帳』はちゅうもえサロンから生まれたんですけど、このちゅうもえの基本的なところで、私たちがどうやって出会ったのかとか。何が共通項なのかとか、それが軸となってこれができてるので。そんなことをお話しできたらなと思ってます。

WEEKEND

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):出会いは、結構いろんなところでしゃべってるんですけど。運命的な出会いだったんですよね。

村上:3年前だよね?

はあちゅう:そうだね。ちゅうもえができて3年だから、そのちょうど半年ぐらい前に出会ったよね。2月ぐらいの寒い時じゃなかったっけ?

村上:寒かった気がする。

はあちゅう:私がトレンダーズという会社にいた時に美容サイトの編集長になって、いろんな女性インフルエンサーとつながって意見を聞きたいと思ったんですね。そういう人たちにブログで試してもらって書いてもらったりとかいろんなことがしたかったんですけど、調べてたら萌ちゃんをTwitterで発見したんですよ。

もともとブログが何かの雑誌で紹介されてて知ってたから、「この人、Twitterにもいる!」って思って。それで話しかけてみたら、萌ちゃんが私の本を読んでくれてたんだよね。

村上:DMをくれたんだよね? ダイレクトメッセージ。ダイレクトメッセージがぴょろんって出て、「なんだ?」って見たら、「うわ、はあちゅうさんじゃん!」って。大学時代にはあちゃんの本を読んでたから、「うわ、ダイレクトメッセージ来た!」って思って。

それが昼の13時とか14時だったんだけど、「じゃあ19時半に待ち合わせで」っていうことでその日のうちに会ったんだよね。

はあちゅう:19時半じゃないよ! 23時とか。

(会場笑)

はあちゅう:初めてなのに、萌ちゃんの車に乗せてもらって、モンスーンカフェで夜の2時までしゃべってたんだよ。

2人でオンラインサロンをスタート

村上:その時、はあちゃんはまだ私の実家の近くに住んでたんだよね。

はあちゅう:そうそう。お互いにすごく仕事がハードで「いつ会えますかね? ちなみに地元はどこですか?」って聞いたら駅が一緒で。何かの予定とくっつけられるかなと思ったら、「帰るときに寄れる」と思って。それで私は、かぼちゃのぜんざいみたいなのを食べながらしゃべってたんだよね。

村上:私が勧めたんだっけ? 私、それが超好きで。アイス乗っけたやつだよね?

はあちゅう:だと思う。それでしゃべって、そのあと私がオンラインサロンにナンパしたんだよ。

村上:そうだ、半年後ぐらいに。

はあちゅう:「オンラインサロンっていうのがあるよ」みたいなことを友達に教わって。そのときメルマガも結構いろんなところからオファーをいただいてたんですけど、やっぱり会社員やりながらだと、1週間に1通でも5000字~1万字って続くかなって思ってたんですよね。

あとは1人でずっと発信してても、絶対いつか枯渇してしまうというか、自分の中の容量がなくなっちゃうと思ったので、せっかくだったら「誰かとプロジェクトにしたい、誰だったらこの思いをわかってくれるだろう」と思ったときに、「あの人がいるじゃない!」と思って……。

ということで、まだ会って何回かの萌ちゃんを誘ったんです。萌ちゃんは「オンラインサロン? なに?」って。

村上:美容院かと思った。

(会場笑)

はあちゅう:「やってるうちにたぶんわかると思う、私もよくわからないから」って言って。

村上:そうそう。また最初に会ったときと同じカフェで話したんだよね。

はあちゅう:そうだ。モンスーンカフェしかなかったんだよ。

村上:地元にそれしかなかったの。でも危なかったんだよ、今は「ちゅうもえの楽屋」になったけど、あの時はけっこう血迷ってて、「ビストロちゅうもえ」とか……。

(会場笑)

はあちゅう:危なかったよね。ギリギリまで危なかったけど、楽屋になってよかったね。

村上:うん。「ちゅうもえサロン」でよかった。

はあちゅう:Twitterとかで検索したときに、他のことが混じらないんですよね。「ちゅうもえ」っていうのは他にない言葉だから。それも良かったなと。

ごはんを楽しめる人は、人生を楽しめる人

村上:オリジナルは大事だね。それで「2人の共通点って一体なんだろう?」っていうのは今までちゃんと話し合ったことがなかったんだけど、はあちゃんはどう思う?

はあちゅう:たぶん萌ちゃんはもっといい言葉で言うと思うんだけど……。

村上:なになに?

はあちゅう:私は、「忙しい中でも毎日を楽しんでいるかどうか」「楽しもうっていう精神があるかどうか」っていうところで人を見るというか、合うか合わないかっていうのがわかるんですよね.萌ちゃんは、ごはんに対しての熱があるんじゃないかなと思って。

村上:ごはん!?

(会場笑)

はあちゅう:私はごはんを楽しめる人は、人生を楽しめる人だって思ってるんですよ。ごはんは1日3回、毎日来るものだけど、それをいかに楽しくできるのかっていうのはすごく大事なことだと思うので。

私はランチのアポができたら、もう絶対に行ったことがなくて、しかも「食べログ」で結構口コミが良いお店を死ぬ気で見つけるんですよ。もう「これが私の仕事!」っていうぐらいの執着心なんですけど。

萌ちゃんはブログに「ごはんに命賭けてます」っていう感じの写真を上げていて、そこがなんか合いそうって思ったのと、一緒に何かやってみたいなって思わせる、引き込まれるものがありましたね。

現状把握能力を持つ2人

村上:へぇ~、うれしいな。私ははあちゃんと仕事のやり方はちょっと違うんだけど、「現状把握能力」というか、今を自分で把握しようとするところは、すごく2人は似てるのかなと思っていて。はあちゃんは淡々と目の前を見てるじゃん。「今は今でしかない」っていう冷静さがあるなって思ってて。

はあちゅう:先のことがわからないから。

村上:そうなんだけど、はあちゃんのことはすごいってみんな思ってるのに、「これじゃまだまだだから、こうしなきゃ」みたいなのを常に言っていて、今を「まだまだだ」と思ってるところがすごいなぁって昔から思ってるんだけど、そういう意味では私も「今は何にも知らない」って常に思うようにはしていて。

現状把握能力、現状を言葉にするところとか。まだまだって思うようなところ、知らないことを知ろうって思うようにしているところが似てるから、これが向上心につながってると思うんだけど。

はあちゅう:好奇心とかかもしれないね。

村上:そうだね、たぶん現状を把握していれば、するほど好奇心って出てくると思うんだけど。大人になると何でも知った気になっちゃうじゃないですか。「あれもできたし、これもできたし、もう十分だな」とか思っちゃうんだけど。知らない余白があるって知ってるといつまでもワクワクできるから。

「今を楽しもう」という姿勢も現状把握能力からきてるものだから。今を知る、現状把握のところが似てるのかなと思うんだよね。

はあちゅう:そうだね、それがわりとオンラインサロンでも……。

村上:軸になってるよね。

好奇心を高める手帳を作りたくなった

はあちゅう:1週間の振り返りとか、予定とかを書くことによって、今いる位置を知れるんだよね。あれを始めてすごくよかったなと思ってるんだよね。

村上:そうだね。ちゅうもえサロンも、大きなビジネスについてのノウハウとかそういう話をするサロンっていうわけじゃないけど。今がどうかとか、じゃあどうやったら次の週楽しくなるかとかっていうのを、みんなにも投稿してもらえるようにしていて。次の私の1週間を書くことで、どうやったら次の月曜日がもっと楽しくなるかっていうのが軸になってると思うので。

はあちゅう:やってる仕事はぜんぜん違うんですけど。お互いに取り入れられるところはたくさんあって、私はオンラインサロンを始めるときにそれを知りたいなって思ったんですよね。

例えば萌ちゃんがこの間書いた「アイデアの作り方」とか「独立に至るまでの経緯」をもしまだ見てない人がいたらオンラインサロンの過去ログにあると思うんですけど。ああいうのって全然別の仕事なんですけど、すごく自分の中で腑に落ちたりとか、新しいインスピレーションをもらった気になるんですよ。

ああいう投稿を交換日記みたいにつけていくのが楽しくて、私たち自身が楽しいからサロンは続いてるんだろうなって思いましたね。

村上:そうだよね、現状把握能力だよね。それから好奇心だね。

はあちゅう:そして「好奇心を高める手帳を作りたいな」ってなったんですよね。

村上:この手帳にもそれが生かされてて。毎月「ウィッシュリスト」っていう、今月やりたいことを5個書くところがあるのと、あとこだわったところが、1日1ページなんだよね。

はあちゅう:そう。1日1ページで「多いかな?」って自分で思っても、人間余白があると、埋めようという力が湧くんですよね。紙があって、ノートがあって、ペンがあると、何か書いちゃうと思うんですよ。

例えば12月は「整える」をテーマに、5つToDo・野心を書いてみようみたいなものがあるんですけど、それも、普通に過ごしてたら絶対思いつかないと思うんですけど。わざわざこのノートを見て、書いてみるっていうところから、夢の把握だったり、夢をつくるっていうことになると思うんです。

これを繰り返していくことによって、毎日の楽しみ方が変わってくると思ったんですよ。それってわりとオンラインサロンの中でやってることと近いんですけど、もっとちゅうもえのコンセプトを、ちゅうもえの外にも広げたいし、オンラインにわざわざ行かなくても毎日寄り添う形で浸透するようにというか。常に刻んでいけるようなものがほしいなっていうことがあって。

そんな言葉にするとワチャワチャってなっちゃうような思いを、この小さい四角のボックスに込めました。