地獄のミサワ「黒タイツ履いてる人に、イラスト発注したいですか?」
家入×シモダのミサワ公式サイト作戦会議

地獄のミサワ公式サイト作成会議3回目その2 #1/2

漫画家である地獄のミサワ氏が自分のホームページを作るにあたって、株式会社paperboy&co.代表取締役 家入一真氏と、社員のシモダテツヤ氏(ともに肩書は当時)に相談している会議の模様です。わざわざこの企画のためにミサワ氏が書き下ろしたイラストを、自由奔放な二人が今回はどう料理するのか……。

ミサワ:中学の俺までひっぱり出してきて。なんでタイツの俺をさらし者みたいにするんですか?

シモダ 家入:……。

ミサワ:テクノとかテクノじゃないとか。テクノじゃないでしょ、これ。

シモダ 家入:……うん。

ミサワ:こんな写真出しちゃダメでしょ。タイツ履いてる人に、イラストを、任せたいと思いますか?

シモダ:……いや、履いてるの自分やろ?

家入:そうだね。

ミサワ:……そうですけど。

シモダ:なんか怒られる筋合いみたいなものが、全然わからんけど。

ミサワ:いやいや。これ、履かされて撮らされたんです。シモダさんに。

家入:いや、そんな顔してないよ。自分から履いて……。

シモダ:まんざらでもない。

家入:タイツをへその上まで上げて、したり顔。

ミサワ:したり顔じゃないです、これは照れです!

シモダ:照れのわりに、腕もちゃんと腰に当ててさ。これ腕? 足?

ミサワ:腕です、腕です。

家入:(笑)。

ミサワ:大体わかるでしょ。上の方から出てたら、腕ですよ。

シモダ:あー……。

ミサワ:あーじゃないですよ。

家入:そっかそっか。

シモダ:でも社長、これちょっとミスかも。足少ないですよ。

家入:え?

シモダ:お腹から二本、生えててもおかしくない。

家入:あ、そっか。

ミサワ:合ってます合ってます。俺、二本足です。

家入:え?

シモダ:木にミサワが張り付いてて、無理に取ろうとしたらギギギギギーって。

ミサワ:いや、合ってます。昆虫系じゃないです。

家入:腕に乗りたがるんだよね、ミサワが。

シモダ:そうそう。もう大変、みたいな。

ミサワ:俺、張り付かないです。

家入:……まあまあ、良いじゃないですか。その……良いじゃないですか。

シモダ:良いことは、良いと思う。

家入:それは認めて?

ミサワ:え?

シモダ:良いことは良い。

家入:それは認めよ?

ミサワ:……え?

家入:今のは良いって認めて?

シモダ:だって、こう、ロゴとか。

ミサワ:そうですね、ロゴはすごく良いと思います。

シモダ:ね?なんか……(手で、タイツの写真をちらちら隠す)。

ミサワ:なんすか。今のなんすか。手でこうやってたの。

シモダ:いや。実は、裸でしたー。実は、裸でしたー。ていう。

全員:……。

家入:いや、そういうギミック? そういう仕掛けとかもさ。

シモダ:手でやって欲しい。見た人がさ。

ミサワ:自分で?

シモダ・家入:(笑)。

家入:妹とかに。

シモダ:(手で隠す)おーい、チエー、こっちおいでー! チエってうちの妹の名前なんやけどな。

ミサワ:知らないですよ。

シモダ:チエー、見とけよー。ハッ!(手をどける)

全員:……。

シモダ:おにいちゃーん、てなるやん。

家入:(笑)。

ミサワ:いや、なりますけど。逆にそういうこと要求するサイトってなんすか。

シモダ:……あー、待った待った。で、僕のもとにこれ(イラスト)が送られてきました。

ミサワ:そうですね。

シモダ:どういう思いで送ってきたわけ? たぶんそれを、俺はわかってる。

ミサワ:だからこのイラストを見て、客が良いなって思ってくれて、仕事がばんばん……。

シモダ:じゃあイラストレーターっぽさを込めたわけ? これに。

ミサワ:そうですね。

シモダ:ちゃんといつものように描いてんの?

ミサワ:かなり力を入れて。

家入:着彩はどうやって?

ミサワ:これはフォトショップで。

家入:フォトショップですか。へー。水彩っぽい、透明感出てますよね。

ミサワ:良い色合い、雰囲気を出しつつ、描いた感じですね。

シモダ:なるほどね。で、ここからは僕の担当なんですけど。

家入:2ページ目ですね。

シモダ:2ページ目が、こういう。

家入:おー。

シモダ:テーマが、「おもちゃ感」。おもちゃ感を出したかった。

家入:おもちゃ箱感?

シモダ:そうそう、ひっくり返した時みたいな感じで。ミサワの絵がいっぱい入ってる。やっぱり絵って数を見てもらわないと、良さが分からないじゃないですか。

家入:そうですね。

シモダ:逆に言えば、絵を見てもらえばもらえるほど、そのイラストレータへの思いがどんどん募っていって。結果として、このイラストレーターにお願いしよう、と。その心理的なところを、すごくイメージして作ったんです。

家入:なるほどなるほど。説明してもらっていいですか?

シモダ:いいですよ。全体的に暖かーい、暖かーい、暖色系で。

家入:(笑)。

シモダ:あの、ペンってアナログじゃないですか。ペンで描くっていう。そこって、デジタルが広がったこの世界の中でも唯一、真実を表している。

家入:なるほど。

シモダ:アナログ、人の温かみ。デジタルになっても、その温かみは消えない。ていうを表現したくて、イラストを描く、種類も豊富、というを全部ここに凝縮させました。

家入:で、かつ暖色。ペンで思ったんですけど『Pen』て雑誌あるじゃないですか。あれの表紙でもおかしくないですね。

シモダ:本当っすね。ここに「Pen」ってロゴが入ってても、全然おかしくない。

家入:うん。「FIGARO」とかも良いかもしれない。

シモダ:良いですね。中が真っ白のノート使っててね。

家入:罫線がなくてね。じゃあちょっと寄って。みなさんまだ、遠目にしか見てないんで。(カメラに絵を近づける)

シモダ:ミサワから送られてきた、一枚の絵をですね、すごく細かく切ったんですよ。

家入:なるほどなるほど。

シモダ:で、同じ色の部分だけを合わせて、全く新しい絵を作りだした。

家入:あー、リミックスってやつですね。

シモダ:そうですね。ミサワのこういう腕とか顔の部分って、肌色してるじゃないですか。こういうのをちっちゃく切り抜いて、肌の色を当てて、付けることによって、全く新しい物として作りかえたっていう。

家入:はいはい。あー、新しいですね。

シモダ:パズル感。手法としては、そういうのを採りました。

家入:一番上は、これなんですか?

シモダ:一番上はですね、これは……足?

家入:足か手かって感じですね。

シモダ:ちょっと、判別付きにくいんですけど。あの……大体がそういうことですよ。

家入:はいはい。

シモダ:あんまりメッセージ性を持たせるのも、ミサワの世界観を壊しかねない。

家入:やっぱり、メッセージ性って良し悪しだと思うんですよね。Tシャツに「NO WAR」とか書いてあったとするじゃないですか。あれって、かっこ悪いですよね。

シモダ:かっこ悪いですよね。外人から見ても。だから、あえて入れないっていうのも、注目していただけると嬉しいかな。って感じですわ、ミサワ君。

<続きは近日公開>

Published at

地獄のミサワ公式サイト作成会議

地獄のミサワ公式サイト作成会議に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、地獄のミサワ公式サイト作成会議に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 地獄のミサワ「黒タイツ履いてる人に、イラスト発注したいですか?」 家入×シモダのミサワ公式サイト作戦会議
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?