「地獄のミサワを押したら、ヤフーに飛びます」「なんで?」
家入×シモダのミサワ公式サイト作戦会議

地獄のミサワ公式サイト作成会議2回目その2 #1/2

漫画家である地獄のミサワ氏が自分のホームページを作るにあたって、株式会社paperboy&co.代表取締役 家入一真氏と、社員のシモダテツヤ氏(ともに肩書は当時)に相談している会議の模様です。トップ画像に関羽が採用されるなど、限りなくフリーダムな発想で行われています。

シモダ:次がこれね。

シモダ:「このサイトはイラストレーターのサイトです」。

家入:そうですね。

シモダ:ちゃんと入ってるね。

家入:ちゃんと書いてある。本当は、説明するなんて野暮ですけど。さっきからそういうとこ気にしてるから。

シモダ:そうそう。

ミサワ:いや、それは希望通りだったんですけど、これは……また関羽ですよね?

シモダ:(笑)。

ミサワ:俺、関羽じゃないのに。

シモダ:(笑)。関羽好きでしょ? 

ミサワ:関羽好きじゃないっすよ。

家入:これ、いいヤカラ顔が出てますね。

シモダ:お酒もちょっと入って、いい気分になってる顔。

ミサワ:……。

シモダ:これ、デザインもすごいお洒落で、写真の横にWikipediaから持って来た関羽の説明をあえて横に、縦書きにして。緑色で。

家入:帽子の色と合わせたんだよね。これTシャツにしたいね。

シモダ:そうですね。着る?

ミサワ:……。

シモダ:ここ良く見てもらうと、ここに小っちゃく入ってるんですよ。「地獄のミサワ」って。

ミサワ:何で小っちゃく入れたの?

シモダ:えっ?

ミサワ:何で関羽よりだいぶ小っちゃくしたの?

家入:ネームバリューから言って、関羽のほうがデカいに決まってるじゃないですか。

シモダ:いきなり上目指し過ぎ。

ミサワ:えっ? そういうことなの?

シモダ:徐々に。始めはどうしても、イラストレーターだって関羽頼みなんですよ。

家入:(笑)。

シモダ:いや、諸葛孔明かもしれん、それは。どの武将から入るかわからないけども、まだミサワは知名度がないやん、だから、いきなり「地獄のミサワ」で検索してくる人よりかは、関羽でミサワを知る。

家入:うんうん。

シモダ:その導線。

家入:入口だよね。

シモダ:入口は広いほうが。

家入:入口としての関羽だ。

ミサワ:入口としての関羽?

家入:ここで関羽をもってきたのは、結構ミサワのことを評価してるっていう表れだよね。

シモダ:そうそうそう。

家入:関羽でよかったよ。于禁(うきん)とかじゃなくて。

シモダ:そうよ。え? なに? 呂布(りょふ)やと思ってたタイプ?

ミサワ:いやいや。そんな、三国志に出てくるキャラクターの名前言われてもわからないけど。

家入:于禁じゃなくて良かったよね。

シモダ:うん。本当よかった。で、まあ、この「地獄のミサワ」もね、小っちゃく入ってるんですよ(左下に)。ここで、「このサイトはイラストレーターのサイトです」って入ってるから、「あ、そっか」ってなる。

ミサワ:「あ、そっか?」ってなんないよ。だって、関羽のホームページって書いてある。

シモダ:え?

ミサワ:ここまで関羽づくしですよ。

シモダ:リンクが2つ貼ってある。こっちが、地獄のミサワ。こっち関羽ですよね。で、地獄のミサワを押したら、ヤフーに飛ぶ。

家入:yahoo.co.jpね。

シモダ:関羽押したら、次のページに行くから。

ミサワ:……何で地獄のミサワ押したらヤフーに行くの? 何でアダルトサイトの「18歳以下」って感じのリンクになってるの?

シモダ:動揺してるね、しゃべり方も(笑)。

家入:だって、路線とか知りたいじゃん。路線とか天気とか。

シモダ:知りたい。何時に着くんだろう? 池袋に、みたいな。

ミサワ:路線調べる人は最初からヤフー行くでしょ。

シモダ:関羽調べた後、何か今日は出かけようかな、みたいな。そういうことを考える人のことも考えた。

家入:関羽に思ったより時間取られちゃって、「早く行かなきゃ」って。

ミサワ:関羽に思ったより時間取られちゃって?

シモダ・家入:(笑)。

ミサワ:関羽に時間取られちゃったらダメなんじゃないですか? ここまで関羽ばっか。

シモダ:張飛だって。

ミサワ:いや、張飛もいますけど。

シモダ:じゃ、次。次行く?

ミサワ:もう本当に。イラストレーターのサイトってことですよね、今後は。ここまでは関羽だけど。

シモダ:もう、徐々にほら。

ミサワ:入りのための関羽。

家入:そう、入口としての。

シモダ:ここから、イラストレーターアピールですよ。ダントツで。次がですね、こういう感じになってます。

家入:ハッハッハ(笑)。

ミサワ:……。

家入:ゲームジャーナルね。

シモダ:ゲームジャーナル。ゲーマーによる、ゲーマーのための、ボードSLG専門誌。これちょっと、僕も意味がわからないんですけど。ボードゲーム的な? 

ミサワ:なんで意味わかんないのに載せるの?

シモダ:そういう雑誌があるっていうことを、グーグルイメージ検索してる上で、僕が学んだんですよ。

ミサワ:グーグルイメージ検索に頼り過ぎでしょ。

家入:SLGはシミュレーションゲームのこと。

ミサワ:わかってるよ。

シモダ:なるほど。「新連載 ソンシー浅野のそこまで言ってインカ帝国」って書いてますよ。ほら、ここ。

家入:ここちょっと、ワクワクするよね。

シモダ:ここにギャグをもってきたんだっていう。地獄のミサワって、きっとすごいギャグを……。

ミサワ:ゲームジャーナルでしょ? ゲームジャーナルNo.20でしょ。

シモダ:でも、ほら。見えにくいけども、ここに(右下)いるんです。

ミサワ:だから、なんでチラッと見える程度にするんですか。

家入:これはね、ちゃんとした理論に基づいていて、人間の視線っていうのは……。

シモダ:人間の視線はまず、トップ見ますよね? トップからこう、(下へさがって)行って、最後にクイっと右下ですよ。

家入:これ正しい。今までうちのサイトでも、

シモダ:「ロリポップはこちら」みたいな。

家入:そうです。

ミサワ:それはわかりますけど。こう視線が行くのはわかりました。で、これ(ゲームジャーナル)が必要かって話。

シモダ:本ね。雑誌。

ミサワ:発売中って。

家入:(笑)。

ミサワ:2006年って。

シモダ:そこで、「ああ、昔からやってんだ、このサイト」って。歴史みたいなのを、感じる訳ですよ、来た人は。

家入:アイキャッチですよ、アイキャッチ。

ミサワ:アイキャッチ多すぎ。これまでに。

シモダ:このゲームジャーナルの「発売中!」のビックリマークをクリックしたら、次のページに行くの。

ミサワ:え? これ(地獄のミサワアイコン)は?

シモダ:それヤフーの占いに飛びます。

家入:占いたいよね。

シモダ:女の子って占いとか好きみたいなんで。そこにも流していくことで、やっぱ、Web業界って、お互い助け合いですよね。

家入:そう。ハイパーリンクってガイドがあって。

シモダ:ワールドワイドウェブ(www)ですよ、これが。

家入:シームレスに繋がり合う。

シモダ:そうそうそう。ひとりだけ儲けようとしてもさ。それって、すごい浅はかで小っちゃい。

家入:ここで語るにはね、時間が足らないですけど、簡単に言うと助け合いですよ。

<続きは近日公開>

Published at

地獄のミサワ公式サイト作成会議

地獄のミサワ公式サイト作成会議に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、地獄のミサワ公式サイト作成会議に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 「地獄のミサワを押したら、ヤフーに飛びます」「なんで?」 家入×シモダのミサワ公式サイト作戦会議
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?