集中力を持続させるには、何分ごとに休むのが正解?

集中力を作り出す焦らしのテクニックとは?

集中力を高め、目標達成するための「焦らしテクニック」についてメンタリストのDaiGo氏が解説します。高い目標を設定したときに、最初はやる気満々だったにもかかわらず、途中でめんどくさくなってサボってしまう場合があります。逆に、安定して集中力を保っている人は、最初から調子に乗ってたくさんやりすぎない、目標を高く設定しすぎない「焦らし」のテクニックを使っています。たとえば、人間の集中力は90分周期で20分休憩を取っていくサイクルがベストです。90分経ったときに「もっとやりたかったな」「もっと勉強したかった」「もっと仕事したかった」という気持ちがあっても、無理やり休憩してしてしまいましょう。そうすると、モチベーションが維持され、休憩が終わった後も作業に集中できるようになります。「もう少しやりたい」という焦らしの気持ちを利用して、自分の目標達成に生かしてみてください。

目標達成がうまい人の焦らしテクニック

DaiGo氏:こんにちは、メンタリストのDaiGoです。今回紹介するのは、僕が実際に使っている方法なんですが、「集中するために何をすればいいのか」と、「目標達成するために、どうすれば毎日何かを続けられるのか」という話をしたいと思います。

みなさん目標とか多分立てると思うんですけど、あるいは「今日は頑張るぞ」「今日は調子がいいから、いくらでもできるわ」と頑張ったことも多分あると思いますし、逆に、「調子が悪いな」と。「やる気が出ないな」と。「今日はサボっちゃおうかな」と思ってサボっちゃった経験もおそらくあると思います。どうすれば安定して集中力を持たせることができるのか、という話を今日はします。

集中力を持たせたりとか、目標達成がうまい人の特徴は1つありまして、「焦らすのがうまい」ってことです。「焦らすのがうまい」っていうとなんかこう、変な感じがしますけど、調子に乗ってるときに、たくさんやりすぎない。あるいは、目標を高く設定しすぎないっていうのが、まさにこの「焦らし」です。

たとえば、勉強とか作業だったら、だいたい人間の集中力っていうのは、90分プラス……110分周期ですね。だから90分集中したら20分休むっていうのが、ウルトラリアリズム的にもいい集中のパターンだってことがわかっているんですけど。

やっぱり、最初の方は90分やると「もう終わっちゃった」と。もうあと5分とか、あと10分ぐらい頑張れた、「この問題は解きたいな」「このメールは送りたいな」というふうに思っちゃうんですよ。

そこを、あえてやらないんです。そこはすぐやめて、「もうちょっとやりたかった」「もう少しだけ集中したかった」っていう気持ちを頭に残して、無理やり休憩するんです。こうするとどうなるかというと、強烈な焦らし効果が働くわけですよ。

つまり「もうちょっとやりたかった」「もっと勉強したかった」「もっと仕事したかった」「まだできたのに」という感覚を持ちながら、体はリラックスするわけです。

そうすると、モチベーションが維持されますよね。焦らされて「やりたい、やりたい」と思いながら20分、我慢して休憩して、変な表現ですが、我慢して休憩して、20分経ってから、また集中モードに入ると「よし、きた」と。「やりたかったことがあったのが、途中だったんだ」ってところから始められるわけですよね。

こうすると、長い時間集中力を持たせることができて、目標達成に非常に役に立つ、という方法です。目標達成をしたいのであれば、上手に自分の「やりたい気持ち」を焦らすことと、「もう少しやりたい」「もう1つ多くやりたい」という気持ちを焦らすことによって、自分の目標達成に生かしてみてください。

メンタリストのDaiGoでした。

メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」unnamed

メンタリストDaiGoさんの心理テクニックがもっと知りたい方は、ニコニコ動画もチェック!

恋愛からビジネスまで日常生活に役立つ心理テクニックを配信中!

・公式チャンネル

Published at

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?