14歳の時に核融合炉を作った

テイラー・ウィルソン氏:僕の名前はテイラー・ウィルソンです。信じられないかもしれませんが、17歳の核物理学者です。僕の主張は、T. ブーン・ピッケンズが話した、未来への懸け橋となる鍵は核融合だということです。私たちのエネルギーの未来は核融合にかかっています。そして2つ目の主張は、子どもでも実際に世界を変えられるということです。

(会場拍手)

私たちのエネルギーの未来がどうして僕にわかるのかと思われるでしょう。僕は14歳の時に核融合炉を作りました。これがその核融合炉の内部です。

このプロジェクトを始めたのは12歳か13歳の時でした。星を作りたいと思ったのです。ほとんどの人は、「核融合ではできない。核融合のエネルギーを使う原発なんて聞いたことがない」と言うでしょう。そして割に合いません。注入する以上のエネルギーは作り出せません。それでもこれは素敵な仕組みなのです。

僕はこれを家のガレージで組み立てました。今はリノにあるネバダ大学の物理学部に設置してあります。

その機械で、中性子を余分に持つ水素である重水素をぶつかり合わせます。これは、太陽の内部で起こっている陽子連鎖の反応に似ています。水素を非常に強くぶつかり合わせるため、水素が融合し、その過程でいくつかの副生成物があります。その副生成物を利用するのです。

去年、インテル国際科学技術フェアで賞を取りました。国土安全保障省が現在保有している検出器に変わるものを開発しました。数十万ドルの検出器より高性能なシステムを、数百ドルで作りました。家のガレージで。

(会場拍手)

オバマ大統領に国土安全保障省の研究について解説した

医療用アイソトープを作るシステムも開発しました。何百万ドルの施設を設置しなくても、ごく小規模な装置でアイソトープは作れます。後ろのスクリーンにあるのが僕の核融合炉です。

こちらは、核融合炉の操作パネルの前にいるところです。

ガレージではウラン鉱粗製物を作ります。なので、僕の核プログラムはイランと同じくらい進んでいます。そうは認めたくないですが。

これは、スイスのジュネーブにあるCERNです。素粒子物理学研究において世界最高峰の機関です。

これはオバマ大統領に、国土安全保障省の研究を説明しているところです。

(会場拍手)

ガレージで“ビンに入った星”をつくる夢から始まった核の研究は、約7年になります。大統領にも会い、世界を変えるものを開発することができました。他の子どもたちにもできると僕は思います。ありがとうございました。

(会場拍手)