ボストン茶会事件の背景

ベン・ラバリー・ジュニア氏:ボストン茶会事件について聞いたことがあるでしょう。この事件では、ネイティブアメリカンの格好をしたアメリカ入植者たちが紅茶箱を海に投げ捨てました。

ただこの話はもっと複雑で、大英帝国の陰謀や一会社の危機や密輸、一般大衆を発端とするアメリカ独立革命など多くの出来事が絡んできます。

最初に知っておくべきは、18世紀において紅茶は大変人気だったということです。男性、女性、子どもたちまでが1年にカップ300杯もの紅茶を飲んでいました。さらにイギリスはアメリカを植民地化していましたから、アメリカ人たちもまた紅茶に夢中だったのです。

1760年代までの間、1年に1,000パウンド(約450キログラム)以上もの紅茶が消費されていました。ですから、イギリスがアメリカに対し茶税の引き上げを課した時、人々は納得できませんでした。イギリス側の税に関する決定に対して意見することができなかったからです。

「代表なくして課税なし」という、あの有名な格言を覚えているでしょうか? アメリカの入植者たちは、自分たちの代表者を送り込んでいないイギリス議会が決めた税法には従わなくてよいのだと長く信じてきました。実際には単に税金を納めず収税官の目を逃れただけなのですが。

アメリカの東海岸は何百マイルにも渡り、イギリス-アメリカ航路も確立されていなかったため、アメリカに入ってきた紅茶の4分の3はオランダから密輸されたものでした。

しかし、イギリスは議会が入植者に対して税を課す権限があると主張しました。特にフランスとの7年戦争後で深刻な負債を抱えており、この予算を埋めるため、イギリスはアメリカ人に目を向けたのでした。

1767年には様々な輸入品に税が課され、その中にはアメリカ人が好んだ紅茶も含まれていました。これに対しアメリカは「課税など結構!」という反応でした。

彼らはイギリスからの紅茶の輸入をボイコット。代わりに自分たちの茶を入れ始めます。彼らは新しい税関長たちが収税を徹底するためにロンドンから軍隊を呼び寄せようとした際、英国兵が反発したボストンの暴徒たちに発砲し、数名の死者を出すほど事態は悪化しました。この事件はすぐボストン虐殺事件と呼ばれるようになります。

1773年の茶法制定の結果、英国議会は新たな戦略を立てました。東インド会社が厳選した業者を通じて茶の在庫をアメリカに販売するというものです。これにより販売価格は下がり、イギリスの紅茶は密輸品よりも競争力を強められますし、税収も見込めます。しかし入植者はイギリスの陰謀を見破り、「市場独占だ」と声高に叫びました。

船を襲撃して紅茶の荷を海に投げ捨てた

冷たい雨の降る1773年12月16日、約5千人のボストン市民がオールド・サウス集会場に集まりました。港に着いた紅茶の荷が下ろされるのかどうか確かめるためです。

船長の1人が荷を載せたままでは出航ができないと報告をしたとき、サミュエル・アダムズが「こんな集会ではもはやこの国を救えない! 今夜、ボストン港をティーポットに!」と叫び群衆の中から飛び出しました。約50人の男たちが―中にはネイティブアメリカンに扮した者もいました。グリフィン埠頭まで行軍し、3隻の船を襲撃して340箱もの積荷の茶を海に投げ捨てました。

これに激怒したイギリス政府は1774年、耐え難き諸法と呼ばれる法を制定し報復します。そのうちの一つに地元住民が東インド会社に事件で被害を被った茶の弁償をするまでボストン港は封鎖するという法がありましたが、結局実施されることはありませんでした。

入植者の代表たちがフィラデルフィアに集まり、イギリスからの圧力に対抗する一番良い案を検討する会議を開きました。この第1回大陸会議はボストン茶会事件による茶の破棄を支持し、ボイコットを続けると誓います。

会議閉会を迎えた1774年10月の終わりには、彼らの権利と自由を守ろうという決意のもと、団結はさらに強まりました。

ボストン茶会事件は連鎖反応を引き起こし、その後のアメリカ独立宣言の発布、血にまみれた反乱へと続きました。その後、アメリカという新しい国においては自由に、そして程度の差こそあれ平和にお茶が飲めるようになったのでした。