アイデアを出したいときに、少しうるさい喫茶店が向いている理由
メンタリストDaiGoの心理テクニック

集中力を最大限に高める、心理学的にベストな場所とは?

仕事で新しいアイデアや企画を出すように言われると、頭が固くなってしまい普段考えつくものも出てこなかったりしませんか? アイデアを絞り出すためにあなたはどんなことをしているでしょうか。メンタリストDaigo氏によると、インプットをするときは、静かな場所で行い、アウトプットをするときは、少しうるさい喫茶店などに行くのがいいそうです。いつも静かな場所で新しいことを生み出そうとしていたあなたは、まず少しうるさい場所で取り組んでみてはいかがでしょうか。そして、静かな場所でインプットをすることによって、効率よく仕事が捗るかもしれません。場所を変えることで気分転換にもなりそうですね。さっそく試してみてください。

DaiGo氏:こんにちは、メンタリストのDaiGoです。今回はまた前回の動画に引き続いて、おもしろい話題をご提供したいと思うのですが、今回ご紹介するのは、どういう場所で、人間のクリエイティビティ、創造性だったりだとか、アイデアがパッとひらめくような能力を最大限にできるのかという話をしたいと思います。

よくたぶん、皆さん勉強したりとか、何か企画を作ったりするときに、勉強するときは特にそうですね。図書館とか、ああいうところで勉強する人がけっこういらっしゃるんじゃないか、と思います。

あるいは学生のときに経験した方もいると思うんですが、実はですね、ブリティッシュ・コロンビア大学の研究によると、人間のクリエイティビティ、まあ創造性ですね……っていうのは、実はちょっとうるさい喫茶店ぐらい、だいたい70デシベルぐらいの、かなりガヤガヤしている喫茶店ぐらいの騒音に包まれているほうが、人間はクリエイティブなアイデアを作り出せるということが、実は最近の研究でわかったんですね。

だから、何か新しいことを作りたいとか、思いつきたいと。あるいは何かアウトプットしたいと思っているときには、静かなところではなくて、少しうるさいところに行ったほうが、実はおもしろいアイデアが出せるということがわかっているんですね。

だから「インプットとアウトプットで、場所を変える」というのが、僕のおすすめしている方法です。今さっき言ったところのブリティッシュ・コロンビア大学の実験を踏まえて、インプットとアウトプットは、別々の場所で行うようにしてみてください。

たとえばインプットするときには、それこそ、たとえば耳栓を付けてね、静かな場所でひらすら黙々と本を読んで、頭に知識を入れると。で、逆にその頭に入れた知識をノートに書き出したりだとか、あるいは頭に入れた知識を使って、たとえば新しい問題を解くとか、企画を作るとか、そういう場合は耳栓を外して、少しうるさい喫茶店、70デシベルぐらいのうるさい喫茶店に行ってみると。

こうすると、インプットするときに余計な音が入ると、情報量が多くなっちゃいますから頭に残りづらくなりますが、アウトプットするときには騒音があったほうが、いいアイデアが出せるわけですよね。

だから、たとえば会議をするときとかも、たとえば資料を頭に入れるときには静かな閲覧室とかで見て、そしてそれをアウトプットして、新しいアイデアを作る。企画会議とかをやる場合にはぜひ……機密の問題もあると思うので、ある程度しかできませんが、その喫茶店とか、あえてうるさい場所に行くとか、ちょっと騒音系のうるさい音楽を少し強めに流してみて、アウトプットをすると。

そうすると、短い時間でいいアイデアが作れるようになるというわけですね。

今回、皆さんに覚えていただきたいのは、インプットは静かな場所で行って、アウトプットするときには場所を変えて、うるさいところに行くと。こうすると、効率良くインプットして、効率良くアウトプットして、素晴らしいアイデアを作れる、ということですね。

ぜひ試してみてください。メンタリストのDaiGoでした。

メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」unnamed

メンタリストDaiGoさんの心理テクニックがもっと知りたい方は、ニコニコ動画もチェック!

恋愛からビジネスまで日常生活に役立つ心理テクニックを配信中!

・公式チャンネル

Published at

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?