カラオケ「精密採点」の攻略法
3つの得点アップのコツを実践してみた

【歌ウマ講座:特別編2】必ず点数が上がる!カラオケ精密採点のコツと方法(練習法)裏ワザも!?

前回に引き続き、今回はついにカラオケの得点アップ術を学ぶ! 前回83点だった「精密採点」の得点が、なんと92点にまで上がったそのコツは、たった3つ。1つ目は「ガイドメロディーを聴きこむ」。2つ目は「抑揚をつける」。3つ目は、「ビブラートを意識する」。1つ目は、カラオケに行かないと聴きこむことはできないけれど、2つ目と3つ目に関しては、家などで練習できるのでお手軽。たったこれだけを意識して少し練習するだけで9点も上がるというのは本人たちも驚きの様子。マイクの持ち方やビブラートをかける場所でもかなりの差が見られる意外と奥深いカラオケ。これで、カラオケでもっと楽しく歌えること間違いなしですね。3つのポイントについてもっと詳しい解説は本文にあるので要チェック!

得点アップに大事なポイント

ターキー:お疲れ様〜。

ゆきゆき:80……。

ターキー:3点! まあでも、別にめちゃくちゃ歌い慣れてる曲じゃないしね。今日のポイントは3つ! 3つあります。

ゆきゆき:1個目。

ターキー:1つ目は、今すぐにじゃなくていいんだけど、CDを聞いて歌っても正直この精密採点の点数は取れません。というのも、一番わかりやすいのがそれこそさっき言ってた関ジャニの仕分け(番組名)でMay J.さん本人が歌っても90何点とかで100点は取れないわけじゃん。

ゆきゆき:うん。

ターキー:それっていうのは、精密採点でビブラートとかの加点のところを制した者が勝つみたいなのあるじゃん(笑)。

ゆきゆき:確かになんか、関ジャニのやつみたら確かにそうなってますね。

ターキー:なってるでしょ。で、原曲とも違う風にMay J.さんも歌ってるじゃん。そのポイント取ろうとしてる部分はちょっとある、ビブラートとか。それでね、やっぱ原曲を聞くのもいいんだけど、この精密採点で超いいのがガイドメロディーっていう機能があります。

ゆきゆき:カラオケの機能ですね、採点の機能じゃないんで。

ターキー:DAMの機能です。DAMの機能でガイドメロディーっていうシステムじゃなくて機能があるんですけど、それを聞いてもらえれば点数が取れるように歌ってますから。メロディーラインとかも。

ゆきゆき:それってなんですか?

ターキー:メロディーライン……そのボーダーよ。あの棒グラフ通りちゃんとやってくれるんで、それを時間があれば何回も聴きこんでください。

ゆきゆき:続いて、ポイント〜。

ターキー:ツー! 2つ目は、抑揚。ゆきゆきが思う抑揚は?

ゆきゆき:サビ以外は小さく歌って、サビになったらバコーンって声出すみたいな。

ターキー:そうですね。たぶん最初から一緒の音量じゃなくてAメロBメロは小さめに歌って、サビは少し大きく歌うみたいな、簡単に言うとね。それを気をつけることによって抑揚っていうのが表現力っていうポイントがつきます。それをどうつけるのか、というところね。さっき、ゆきゆきの動画はマイクの位置が変わってなかったの。

ゆきゆき:あ〜確かに。ずっと……。

ターキー:もうここにいるか、手で離してるかだった、よくわかんないけど(笑)。そうじゃなくて、要はAメロBメロを歌うときはマイクを近づけすぎず、ちょっと離し気味。この、カラオケのマイクがすごいのが結構ひらうんですよ。このマイクって。

ゆきゆき:拾うですよ。

ターキー:あ、そう拾う!(笑)

ゆきゆき:外国人だから(笑)。

ターキー:そう、最近ハワイから帰ってきたの。マイクを拾うのね。

ゆきゆき:音を? 

ターキー:音を拾う。だからこの辺で歌ってみて!

ゆきゆき:「流行りの唄も歌えなくて〜」

ターキー:この辺でも全然拾うんですよ。AメロBメロ歌うときは、これくらいのマイクの距離でいいと思う。このマイクの動きを意識してやれば抑揚が。

ゆきゆき:確かに! 全然、音が違う。

ターキー:全然音が違うじゃん。だから、それを気をつけることによって抑揚のポイントはピピピピピピピ! これはポイント2、抑揚を気をつける。

ゆきゆき:これかなり重要。

ターキー:これかなり重要で、これ変えるだけでたぶんねピピピピだよ、たぶんね!

ゆきゆき:ポイント3!

ターキー:これは、前の動画でもやったんですけど、ビブラート! SHINって子が横隔膜ってどこですか、耳の後ろの筋肉ですかって言った例の動画(笑)。これを見まくってくださいって感じだね、本当に。

ゆきゆき:ターキーさんと歌うまでちょっとできるようになったんで。

ターキー:かなり特訓したんでいい感じでできるようになって。コメントもみんなもらってね。「できるようになりました」っていうコメントを僕も見させてもらってるんで、ありがとうございます! あれを見て、ビブラートを覚えて、でビブラートを使う場所だよね。あれっていうのが、フラグがあるじゃないですか、歌ってるときに。

ゆきゆき:フラグってあの、ここの音ですよみたいな棒か。

ターキー:そう。あの棒の全部にビブラート使えばいいわけじゃなくで、ロングトーン。あの、「ダサいはずのこの俺〜〜〜」この部分。長いやつ。

ゆきゆき:「れ〜〜〜」のところ。

ターキー:「お前と離れ〜〜」じゃなくて、「いい男性になったつもりが〜〜〜」で、長い部分。

ゆきゆき:え、そこしか使っちゃアカンの!?

ターキー:そうじゃなくて、あそこをメインに使う。なんでかって言うと、ビブラートって長さっていうのが最後の精密採点で出るんですよ。何秒ビブラートができたか、みたいな。あそこが長いほうが加点が多いんですよ。なんでもかんでもビブラートをかけるっていうよりも、かけることに越したことはないんですけど、ロングトーンは特に注意して長くビブラートをかけるようにしましょう。

ゆきゆき:これがポイント3。ビブラートはロングトーンのところでメインに使う。

ターキー:今言った3ついきましょう。

ゆきゆき:じゃあこの3つでだいたい点数上がりますかね?

ターキー:絶対上がります! これね、上がらなかったら死にます(笑)。

ゆきゆき:ははは(笑)。

ターキー:女の子と一緒に精密採点をする予定がある人は、その前にカラオケで1人で行ってください。それで、ガイドメロディーを死ぬほど聴きまくっていただいてね。

ゆきゆき:でも、普通に土壇場で行ってもポイント2と3……。

ターキー:そうだね、押さえていれば結構もうビューンだよ!

ゆきゆき:けど、たぶんまだ個人的にやってないからわかんないですけど、点数だけ気にしたらすごい気持ち悪い歌になりそうな気がするんですよ。

ターキー:そうだね。

ゆきゆき:それで、たぶんそれも加味しつつナチュラルにできるようにがんばってくださいって感じですか?

ターキー:そうだね。

ゆきゆき:じゃあ僕ちょっとそれを意識して少し練習して、またもう1回歌ってみたいと思います。

ターキー:練習は……。

ゆきゆき:終了です! これでね、できなかったら……。

ターキー:死にます(笑)。

ゆきゆき:90点に近くなればいいかなって。

ターキー:いや、ダメでしょ。93!

ゆきゆき:無理無理。

ターキー:目標93だよ。

ゆきゆき:93かよ〜。

ターキー:目標はね。目標は、常に高く! でもまあ90超えればね。

ゆきゆき:てなわけで。

ターキー:この人は、やります! ゆきゆきで、「シングルベッド」

(熱唱中)

(結果発表)

ゆきゆき:お〜〜〜〜〜〜! 

ターキー:お〜〜〜〜〜〜! 92点。皆さん、見てください、92点です。抑揚がやばい! ビブラートも26秒!

ゆきゆき:すご〜〜〜い! フォーーー!

ターキー:やった〜〜〜〜〜!

ゆきゆき:ていうことは、9点! 9点アップ!

ターキー:これは、リアルにやばいね。

ゆきゆき:これみんな本当に真似したほうがいいと思います。本当に! ちなみに練習中は音聞いたりとかはしてないんで、ポイント1は正直使ってないんですよ。なので、皆さんが一番重要視する2番と3番! それだけでなんといつもの9点アップでございます。

ターキー:9点!

ゆきゆき:ターキーさん、本当に初めてあなたに感謝します。

ターキー:いやいや、それはやばいよ(笑)。

ゆきゆき:これからも、続けていかせるんで。

ターキー:なんか俺がやってないみたいじゃん(笑)。いや、どんどんやっていこうと思ってます。

ゆきゆき:例えばなんかターキーさんに◯◯を教えてとかあれば、是非こちらのコメント欄にお願いします。では、またね!

東京ときめきチャンネル

tokimeki_logo150

「ときめき」をテーマとした視聴者参加型の放送局。「見たい!出たい!作りたい!」をキャッチコピーに、ユーザーをときめかせる動画を毎日アップロードしています。

・公式チャンネル

Published at

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?