リスクを取って先陣を切るファーストペンギン

川原崎晋裕氏(以下、川原崎):モデレーター務めさせていただく、ログミー株式会社の川原崎と申します。よろしくお願いします。自己紹介からですね。

今日、私だけEC完全に門外漢なんですけれども、一応どういうことをしているかというと、ログミー株式会社というところでログミーという媒体の運営をしています。

イベントとか、こういう講演を全部書き起こして、そのまま伝えるっていう、ちょっと変わった媒体をやっておりまして、それとは別にWebメディア事業のコンサルティングでニュース媒体であったりですとか、そういったところでどうやって人を集客していくのかとか、どうやっておもしろい編集コンテンツをつくっていくかとか、そういった部分のお手伝いをさせていただいております。

本日は、よろしくお願いします。じゃあ自己紹介を手短に皆様で。じゃあ大西さんから。

大西康之氏(以下、大西):今、日経ビジネスという雑誌で編集委員をやっております、大西と申します。多分ここに呼ばれてるのは、去年『ファーストペンギン 三木谷浩史の挑戦』という楽天の本を書きまして、多分その縁でお呼びいただいたと思っております。

ファースト・ペンギン 楽天・三木谷浩史の挑戦

ファーストペンギンというのはペンギンの群れの中で、海の中にシャチがいるからみんな飛び込まない。怖がって飛び込まないのに、そこで最初に飛び込んで魚を捕まえるリスクテイカーの意味なんですね。

それは三木谷浩史が、そのファーストペンギンだという意味なんですけれども、恐らく今日、ここにいらっしゃってる店舗の皆さんも、みんなファーストペンギンだと思っておりますので、ぜひいろんなお話をさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

人が笑顔になるプラットフォームが好き

川原崎:じゃあ続いて北川さん。

北川拓也氏(以下、北川):楽天の北川と申します。ふだんはデータ分析だとかを担当させていただいてまして、今朝の部でも三木谷から言及があったように楽天ページ診断サービスという、皆様方の店舗向けの新たなサービスを開始します。

ユーザーのデータを見て、どういった写真が見られているのか、どういった説明文が読まれたときに購買されているのかといったふうに分析して、皆様にフィードバックをするサービスです。

そういったサービスを立ち上げたりしてますので、もろもろ皆様の店舗に来ていらっしゃるお客様のデータを見たりして「こんなユーザーもいらっしゃるんだな」みたいな想像を膨らましたりできるので、またそんな話もこの中でもできたらなと思ってます。よろしくお願いします。

川原崎:尾原さん、お願いします。

尾原和啓氏(以下、尾原):尾原と申しまして、今年の2月まで楽天で執行役員をさせていただいていて、今はフリーでインドネシアのバリ島に住みながら、日本のネットマーケティングのFringe81っていう会社の執行役員をさせていただいたりとか、最近『ザ・プラットフォーム』っていう本を書かせていただいたりとか、あと全部ボランティアで24社の会社様のメンターをリモートでさせていただいております。

ザ・プラットフォーム―IT企業はなぜ世界を変えるのか? (NHK出版新書 463)

終始一貫して、こういう人が営み、人が笑顔になるプラットフォームの立ち上げっていうことが好きで、ずっと関わらせていただいておりまして、そういう意味で楽天っていう皆様の思いを、ものと一緒に地方の人々、世界の人々に届けていって、笑顔がふえていく、結果的に人生の選択肢がふえてくるプラットフォームというものが大好きで、今日はそういった話をさせていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

川原崎:はい、ありがとうございます。

人間味溢れる世界をネットで表現できるか

川原崎:今日は私だけECについて全然経験のない人間なんですけれども、だからこそのちょっと、ぶっこんだ感じの質問をしてもおとがめなしということで、楽天さんから言われておりますので、ガンガン行きたいと思います。北川さんが、ちょっと青い顔されてますけど(笑)。

今日のテーマなんですけどHumanized IT Platformということで、人間味溢れる世界をインターネットで実現するにはということなんですけれども、尾原さん、そもそも人間味溢れるって、どうことなんですかね。

尾原:人間味溢れるっていうことを考えたときに、逆を考えればいいと思うんですよね。何が人間じゃないものか。それは、要は機械でできること。

単純に言ってしまえば、ことECに関して言えばわかりやすいのは、機械でやってるコマースって何かっていうと自動販売機ですよね。コインを入れればチャリンと出る。

これはこれで24時間いつでも買えるし、すぐにものが買えるし、便利。これはオンラインのECとして、当たり前としてやっていくものだと思うんですけど、やっぱり人って効率だけを求めてるものじゃないじゃないですか。

そこの感情のやりとりだったりとか、そこから生まれてくる、ものを買ってるんじゃなくて物語を買ってたりとか。

そうじゃなくて、ものだけじゃなくて、店舗さんと人の、人間のやりとりとか、人間関係を買ってたりとかするわけですよね。そういったものがHumanizedっていうものの1つじゃないかなと思うんですね。

川原崎:なるほど。わかりました。

自分が楽しんでいる商売は買い手に伝わる

川原崎:確かに、いちユーザーとして使っていてもAmazonさんと楽天さんの違いだったりとか、あと私「北欧、暮らしの道具店」とか、藤巻百貨店とか、ああいったものをよく使うんですけれども、何か本当に全然印象が違うなっていう感じは確かにするなと思うんですけど。

大西さんのほうで外から楽天を見られていて、こういうところが特徴的だとか、何かそういったところは。

大西:そうですね。前の本を書くときにも古手の店舗さんの店長さん、何人もお会いしたんですけど、やたらめったら濃いですよね。

(会場笑)

自分の話を始めたら止まんない人ばっかりで、全部取材が押しちゃって、「いいから、わかったから」というので、「あんたんとこのビールがうまいのはわかったよ」と、「もう終わろうよ」って言うんだけど終わんない。

そういう人を筆頭に、みんな濃いのね。やっぱりそれがインターネットを通じて伝わりますよね。買うほうにもね。だからやっぱり自分が楽しんで、のめり込んでやってる商売っていうのは、必ずその相手に、買い手に伝わるなと思うんですよね。

そこ行くと、僕本業、一番今たくさん取材してるのは、やっぱり大企業ってやつなんですよね。最近で言うと東芝なんていう会社ね。よく取材をしてるんです。

個々で会うと東芝の人もいい人なんです。ただ熱がないね。みんなパリッとしたスーツを着て、すごい真面目で誠実な人たちなんだけど、「あんた何がやりたくてここにいるのさ」っていうのが、今ひとつよくわかんないね。

結局、上から言われたことを真面目にやってたら、不正会計に加担してしまいましたみたいなのが今回の話だと思うんだけど、とすると何となく東芝の中にいて、安全だと思ってやってたんだけど、ああいうところにいるほうが危ないんじゃないかなと。

楽天出店者の魅力は人間臭さ

大西:例えば大学卒業するぐらいの子どもがいる親がいて、「就職で東芝入るよ」っていうのと、「楽天で店舗やるよ」って言ったら、絶対後者はやめとけって言いますよね。

そんな危ないことやめて東芝行けって言うと思うんだけど、でも今、ちょっとこれ宣伝ですけど、来週発売の日経ビジネス。本当は、まだ持ってきちゃいけないんだけど、持って来ちゃいましたけど、この社畜卒業宣言って。

社畜っていうのは、人間らしさを捨てて会社の利益のために働く人たちのことですね。川原崎さんの質問に戻ると、僕、店舗の人たちと会って感じるのは、その社畜の真反対にいる人たち。

何かのために何かを我慢するとか、何かを捨てて地位を守るとか、そういうことの反対。リスクを取って、また最初ファーストペンギンって申しましたけれども、やりたいことのためにリスクを取って飛び込んでる人たちというのは、やっぱりすごい人間臭いですよね。その人間臭さが楽天の魅力だと思いますね。

川原崎:なるほど。ありがとうございます。