「迷惑産業」「ごみ屋の娘」と呼ばれた産廃業者の女社長が語る、地球の未来のためにできること

What is produced from industrial waste treatment - pollutant or hope? | Noriko Ishizaka | TEDxUTokyo #1/2

年間4億トンもの産業廃棄物を排出している日本。この量は東京ドーム1100杯分になります。では、この廃棄物は誰が排出しているのでしょうか? そして誰がこの廃棄物を処理しなければならないのでしょうか? 石坂産業株式会社代表取締役社長の石坂典子氏は「ごみ屋の娘」「迷惑産業」と言われながらも、産業廃棄物を処理する会社を運営し続けています。荒れ果てた地球に住むのか? あるいは、豊かな自然と共に生きるのか? 石坂氏は、私たち一人ひとりが無関係と思うのではなく、これからの地球ための「選択」をしなければならないと語ります。

マットレスの処理にかけるお金は7000円? 5000円? 不要な物にかけるお金とは

石坂典子氏:ありがとうございます。今日は、皆さんに考えていただきたいなと思うことがあるのです。今日、あなたが新しくベッドのマットレスを買おうと思いました。1つは1万円ぽっきり。もう1つは、ホテルライフのような10万円のマットレス。どちらを購入されますか? もしかしたら、「私は、美容にいいから睡眠を重視したいの。だから、高くても10万円のマットレス買うわ」という方も、この中にいらっしゃるんじゃないでしょうか。

価格。皆さんの個々の判断によって、プライスレスになっていくものだと思うんですね。今日、そのベッドのマットレスが家に届きました。今まで使っていたベッドのマットレスは不要です。「どうしたらいいのかなぁ」と思って、業者さんに聞きました。A社さんに聞いたら、処理するのに5000円。石坂産業に聞いたら、7000円っていってます。さぁ、皆さん、どちらの会社を選びますか? 「不要な物にお金を払いたくない」。多くの人が、そう、今一瞬、考えられませんでしたか?

1年間に東京ドーム1100杯分の産業廃棄物が排出されている現実

ちょっと見ていただきたいのですが、年間に排出される各国の一般廃棄物の量です。一般廃棄物とは、私たちが生活の中で出している廃棄物のことですね。ここには載っていない国もあります。だいたい、日本はおよそ5000万トンの生活の廃棄物を出しています。これを1人当たりの1年間の量に換算しますと、およそ1人、365キログラムを年間排出していることになります。この量って多いですか? それとも少ないと思われますか?

こちらは、各国の生活の廃棄物がどのように処理されているかを示しているグラフです。ぱっと見て、紺色のグラフ。色が濃いですよね。ほとんどの廃棄物が、そのまま埋め立てされているという状況です。出た廃棄物をほとんど埋め立てしてしまっている国もありますよね。ちょっと、どれも同じ色にしか私には見えないんですけど(笑)。皆さん、どうです、見えていますか? 実は日本は、焼却におよそ75パーセント使っているんですよ。日本は国土がたいへん狭いですから、埋め立てすることが極々僅かになるんですね。ほとんどを焼却に頼っているという状況なんです。

では、戦後ずっと排出されている産業廃棄物の量はどのぐらいか。およそ、年間4億トンの産業廃棄物が出ています。産業廃棄物といっても、私たちは経済活動、事業活動、もっとより豊かな社会に成るように、新しいものをどんどん作ろうとすればするほど、出て来る廃棄物は産業廃棄物です。それが4億トン。容量で言うと、東京ドームの1100杯分ぐらいを年間に出しているというイメージになるんですね。

「迷惑産業」「とにかく出て行ってくれ」。そう言われても、誰かがやらなくてはいけないことがある

この産業廃棄物の処理をしているのが、この私の仕事です。全国におよそ1万8000社程度、こういった産業廃棄物を受け入れする会社がございます。もし、あなたの住まいの近くに、産業廃棄物の処理施設ができると思ったら、どういうふうに感じられますか?

Not In My Back Yard。NIMBY。私たちの仕事は「迷惑産業」と言われています。私は小さい頃、父が始めたこの仕事なんですけど、「ごみ屋の娘」「あの子と遊ぶのはやめなさい」って言われたことがあるんです。私の父がなぜこの仕事を始めたのか。私は父に聞きました。父がこう教えてくれました。「毎日毎日、海に運ばれていく廃棄物を見て、まだまだ使えるものがたくさんあった。これから必ずリサイクルされる時代が来る。だから、この仕事を始めたんだ」というふうに教えてくれたんです。

ところが1999年のときに、ダイオキシンの報道があったのを、皆さんご存知でしょうか? このことによって、私の会社は埼玉の所沢という所にあるんですけれども、地域の方たちから「迷惑な会社だ」「とにかく出て行ってくれ」「不要な産業なんだよ」というようなことを多くの人たちから言われる結果になりました。せっかく父が世の中のために良かれと思って始めたこの仕事が、多くの人たちが不要な産業だと思った。

しかし皆さんに考えていただきたいんです。誰がこの廃棄物を出しているんですか? この廃棄物をいったい誰がどこで片付ければいいんですか? これを考えていかなくてはならないのは、私たち一人ひとりの使命だということを決して忘れないでいただきたいなと思います。私はここで働く人たちの姿を見て、毎日多量にたくさんのダンプで運ばれる廃棄物の中に手を入れて、要る物・要らない物を一生懸命分けている彼らの姿を見て、これは「日本の宝だ」というふうに私は思います。そして、父の仕事を初めて誇りに思うきっかけになったことです。

荒れ果てた地球に住むのか? 豊かな自然と共生するのか? 私たちが選択すべきこと

私たちは、この産業廃棄物処理から、いったい何を新たに生み出せるのか。私の会社は、およそ東京ドーム3.5個分の面積があります。そのうちの2割が廃棄物の処理工場です。8割は里山保全活動をしています。

今は全国、そして世界からたくさんの人たちが訪れ、廃棄物処理の今後の在り方、そして地域にこのような施設があったら、どういうことが起きるのか、これから地球の環境をどうしていくことで保全していくことができるのか。多くの皆さんに考える機会を与えさせていただいています。

ぜひ考えていただきたいと思うんです。私たちの、このような迷惑施設がどうしたら今の状況から、今のことから新たな価値産業を生み出すことができるのか。新しいものは、全て今無いものから作り出すことばかりではなくて、現状にあることを変えていくということも非常に大切なことではないかなというふうに思っています。

私たちの会社で働く人たちや、これからこの廃棄物の処理の仕事を続ける人たちが、夢や誇りを持って、働けるような状況を私たちが作っていかなくて、いったい誰に片付けてもらうのでしょうか。「多くの方たちに廃棄物のことを考えてもらえるきっかけが作れたら、私の役目は意味があるのかな」。そういう想いで、今、会社の社長をやらせてもらっています。

皆さんは将来、そしてこれから未来に向けて、廃棄物で土壌が汚染され、森や川がどんどん荒廃化し、砂漠のような地球に住みたいと思われますか? それとも、自然と共生し、森や水が豊かな地球環境で、これから生活していきたいと思いますか?

これを今選択するのは、私たち一人ひとりの使命であると。皆さんが選んでいく時代になっていると思います。

ありがとうございました。

(編集協力:伊藤勇斗)

<続きは近日公開>

Published at

このログの連載記事

1 「迷惑産業」「ごみ屋の娘」と呼ばれた産廃業者の女社長が語る、地球の未来のためにできること
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?