なぜアメリカではニュースアプリが流行らないのか

佐々木俊尚氏(以下、佐々木):いろいろ質問が飛んで申し訳ないんですが、アメリカには、なぜニュースアプリがないんでしょうかね? それについてどう思いますか? 

大熊将八氏(以下、大熊):そうですね。そこ、おもしろいなと思うんですけど。最初の習慣なのかなと思いまして。日本はヤフーがトップですけど、最初にヤフーが浸透して、いろんなメディアがある中で、まとめてくれるヤフーっていうものの存在感が高いよねっていうのがありまして。それで最初から成立してたのかなと思っています。

やっぱり、他のキュレーションメディアっていうのは、それを代替するとか、スマホ時代で、そのゲームをひっくり返すっていうふうに動いてると思うんですけど。アメリカだとヤフーも高いですけど、それよりかはそういう流れが起きなかったからっていうのがあるのかなと思いますけれども。

佐々木:これから起きる可能性があるかもしれない、ひょっとしたら。

大熊:そうですよね。ただ、SmartNewsさんとかも、ニューヨークとか、東でも西でも、頑張られていると。

日本のメディアに優秀なエンジニアが集まらない理由

佐々木:一方で、唯一のキュレーションアプリだったCircaとかが、つぶれちゃったりとか。すごい日本とアメリカで、流れている方向が違うなという。

1つの分析としては、確かにあくまでタイミングっていうか、運、不運みたいなのも結構大きいので、偶然普及しませんでしたって、ただそれだけの話かもしれないし。一方で、日本人ってやっぱり何かトータル的なものの入り口に、そういう何かまとめて見られる場所があるのが好きな人が多いのかなみたいな説も、あるにはあるのね。

大熊:そうですね。あとは、単体のメディアさんは、結構頑張ってるのかなというのがありまして。さっき言ったNowThisの人がエンジニアなんですけど、結構仲良くなって何回もご飯行ったりして聞いたのは、エンジニア界隈からして、ニューヨーク・タイムズさんとかで働くのが結構おいしいと。

要はお金をたくさんもらえるし、好きなことをやらせてくれると。よくわかってない上司が、適当にディレクションして、それを無理やり頑張るみたいなのじゃなくて、もう好きなようにやっていいっていうのをこういった大きなメディアさんが任してくれるっていうところで、いい開発環境があるから結構いい人がそこに入っていると。

佐々木:それで、いいアプリも出てくるっていう。

大熊:ていうところも、あるのかなと思いますね。

佐々木:日本だとわけのわからん文系の上司が上にいて、わけのわからないことを毎回言うんだけど、それで必死になってつくってみたいなことやってるから、給料も環境も仕事も楽しくないみたいな話がありますが、それはないであろうと。

大熊:それは大きいのかなと思いますね。

佐々木:スマニューは、今アメリカ進出を一生懸命やっていて、ウォール・ストリート・ジャーナルにいた人が参画するなど激しい動きをしてるので、ひょっとしたらガンとアメリカでいく可能性もあるかなという。

大熊:そうですね。

大熊氏が一番注目する米メディアとは

佐々木:で、新興メディアの話に行きたいんですけど。今、例えばバズフィードとか、QUARTZとか、さっきのNowThisとか、いろいろあるんですけど、大熊君がここが一番いけそうだって感じたのは、どこだったんですか? 

大熊:メディアとして、いけそうだなって思ったところですか? いけそうだな、おもしろいなと思ったのは、やっぱりさっきのNowThisっていうところですかね。その新しい概念ですけど、分散型であると。

ソーシャルに合わせていくっていうのが一番できるだろうなと思ったのは、NowThisですね。あと、もう1個いいですかね。Mashableっていうところがありまして。

佐々木:1日100本ぐらい、記事を流すっていう。

大熊:そうですね。大量に流すんで。もう100人ぐらい社員も雇っていると、もっとかな。ここの姿勢がすごくいいなと思いまして。

というのは、人数も結構多いんですけど、ソーシャルの担当者とかも、Twitter専門ですとか、Facebook専門ですっていうぐらい、細分化されているんですけど。新しいものが出てきたら、とりあえず何でもやるっていうような姿勢で。

向こうで僕が行ったときに流行ってたのは、ペリスコープっていって、ツイキャスみたいな感じなんですけど、時間無制限でスマホで実況がずっとできますよと。それをジャーナリズムで活用できるのかどうか、いやいや動画撮れるけど著作権に触れるんじゃないか、どうかみたいな話で。

結構向こうで使うかどうかみたいな議論が分かれてるときに、とりあえず入っていってやりましたと。

そこのCEOの講演会とかでも話を聞いたんですけど、とりあえず新しいのが出たときに、マネタイズとかが見えてなくても、やったほうがいいと。

そのプラットフォームが、結局こけるかもしれないけれどいろいろとプラットフォームがある中で、どこかこけるかもしれないけど最初から入っていって、いい位置占めれば丸もうけだから、マネタイズがたとえ見えてなくても、とりあえず新しいものには結構全力で突っ込むと言ってて。

そのペリスコープっていう実況アプリって、僕が行ったときで、できて2カ月とかだったんですけど、そこのMashableのオフィスに行くと、あの子がペリスコープ担当だよみたいな感じで、もうその担当が雇われてるというスピード感っていうのは、すごいなと思いました。

アメリカのメディアは1カ月ごとに状況が変わる

佐々木:Twitter連動の実況動画アプリって、日本はツイキャスが有名ですが、アメリカは最初に出たのはMeerKatですね。MeerKatが出てきて、あれは去年のSXSWにオースティンでやっている、あれですごい話題になって、みんながMeerKat、MeerKatって言い出して。

そのあとにペリスコープが出てきて、別にどこが違うのかわかんないと思ってたら、なんとペリスコープをTwitterが買収したので、一気にそっちが本命になってしまって、MeerKatが怪しいみたいになって。

何か見てると、アメリカのほうがアメリカの次期大統領戦、基本的にインターネットのニュースで見ているんですけれど大体1カ月たつと、ころっといろんな状況が変わってくるみたいな。

大熊:そうですね。毎月変わるなと思いますね。

佐々木:だから、本当に1週間ニュースを見てないと、知らないものが出てきていたりとか。知らないバズワードがいつのまにか流行っていたりとか、何なんだ、それ! みたいな感じで、しょっちゅうあるので。非常に、追いかけていくのは忙しいですけど。でも一方で、こんなに動きがあるっていうのも、おもしろいね。

大熊:そうですね。いろいろなところからチャンスもあれば、ピンチもあるっていう感じで。

佐々木:Mashableは、新興メディアっていうよりも、結構昔からやってる感じがするんですけど。

大熊:10年ぐらいですかね。

佐々木:10年ぐらいやっているよね。動きが速いのって何なんですかね。

大熊:やっぱり、CEOのキャラかなと思いまして。ピート・カッシュモアさんっていう髭のイケメンみたいな人なんですけど、すごいイケイケで。

講演の最中とかも、当時はペリスコープと似たアプリのMeerKatというのも流行っていて、講演の途中でMeerKat取り出して講演を実況しはじめて、「こういうのがいいんだ」みたいなことを言ってた。そういう前のめりな新しいもの好きさが、社員みんなに行き渡ってるのかなと思って。

僕の取材した別な方とかも、すごく新しいもの好きだというのが、そこは共通のカルチャーとしてあるので。やっぱり、伝えてるテーマ自体が新しいというか、若い人向けのコンテンツが多いからっていうのもあると思いますけれども、というのが大きいかなと。

佐々木:なるほど。

アメリカは人材の流れがうまくできている

佐々木:Mashableっていうのは、ニューヨーク、西海岸? 

大熊:ベースは西なんですけど、ニューヨークのオフィスも、もう50人ぐらいいるような、フロアー1つ分まるまるぐらいの。

佐々木:そうなんだ。それで、東と西で、何を分けてるの。

大熊:そうですね。直接、取材とかする舞台は、東にいるっていう。東で何かを追いたいときは、東にいるっていう感じですかね。

佐々木:なんとなくイメージ的に、西海岸のシリコンバレーテクノロジー企業とか、VCのアンドリューセン・ホロヴィッツとか。東海岸はメディアっていう感じがする、何かざくっとした枠とかがありますよね。だから、向こうで動画に関しては、ハリウッドがあるのでの、西みたいな。

確か、バズフィードはニューヨークの会社なんだけど、動画チームを立ち上げたときには、動画チームだけロサンゼルスに置いたのね。

大熊:そうですね。ありましたね、スタジオが。撮影スタジオとか。

佐々木:何かアメリカでは、東海岸と西海岸、ニューヨークとシリコンバレーが、うまく絡み合いながら成長し続けてる感じってのは、ある。

大熊:そうですね。人も行き来してるのかなっていうのは、思いましたね。