東山彰良氏の直木賞受賞会見

司会:続きまして、直木賞を受賞されました東山さんに会見をして頂きます。東山さん最初に一言ご感想をお願いします。

東山彰良氏(以下、東山):この度直木賞を受賞することができまして、本当に嬉しく思っています。今日はよろしくお願いします。

司会:それでは質問のある方、挙手をお願いします。

記者:読売新聞のカワムラと申します。受賞おめでとうございます。

東山:ありがとうございます。

記者:今回の小説、東山さんにとっては初めて本格的に家族を書くことに向き合った小説だと思うのですが、今回家族を書くという事を決断した理由と、あと東山さんにとって家族とはどういう存在なのかについて一言。

東山:元々はですね、デビューをした当初から祖父の物語を書こうと思っていたんですが、自分にその力があるかどうかちょっとわからなかったものですから、今回の小説っていうのは、実は父親をモデルにして書いておりまして。

本当に書いている間はとても楽しく書くことができまして、こういう形に結実することができて、本当に嬉しく思っています。

家族の物語を書く意味ということなんですけど、僕自身は台湾というところで産まれまして、日本で育ったんですけども。そういう者にとって、アイデンティティーの問題というのは常につきまとうことで。

例えば小さい時は台湾と日本を行ったり来たりしていたんですけども、どちらにいてもお客さん感覚というのがあって、そこの社会でなかなか受け入れられないというのがあったんですけど。

そんな僕にとってやっぱり家族というのは、自分の確固たるアイデンティティーが持てる場所ということで。後付けになるんですけども、もしかしたらそんな思いでこの小説を書いたのではないかと今は思っております。

ピース・又吉の影響で直木賞にも注目が集まってほしい

司会:続いてご質問の方。

記者:毎日新聞のナイトウです。おめでとうございます。

東山:ありがとうございます。

記者:今日は同じ先程の153回のもう1つの賞である、芥川賞が例えば羽田さんと又吉さんというですね、今回の受賞会見も派手なことになりましたけども、その場に身を投じて思うことがあれば?

東山:派手な会見になったことについて思う事ですか?

記者:はい。

東山:非常に良かったと思います。皆さんが芥川賞に注目して頂くついでに直木賞も注目していただければ、僕としては丸儲けだと思います。

司会:よろしいでしょうか? 続いてご質問の方。

記者:台湾の中央通信社の記者です。おめでとうございます。

東山:ありがとうございます。

記者:今台湾ではすごく皆さん喜んでいます。台湾の人達に一言お願いしたいです。

東山:台湾というのは僕の国なんですけども、いずれこの本がもし中国語に翻訳されることがあって、台湾の読者に届くことがあれば、本当にこれに勝る喜びはないと思っています。そろそろ僕も台湾の食べ物が恋しくなって来ているので、近々帰りたいなと思っています。

北方謙三氏に20年に一度の傑作と評されたことについて

司会:続いてご質問の方。

記者:西日本新聞、オオケです。今日はおめでとうございます。

東山:ありがとうございます。

記者:今回初めて台湾を書いた物語で、これから書く作品について選考委員の北方さんはもうまったく心配していないというふうにおっしゃっていました。受賞してこれから書いていく作品は、どういうふうに書いていこうという思いがおありでしょうか?

東山:北方さんは心配ないと言ってくださっているようですごく心強いですが、僕は心配だらけです。

このように自分の記憶というか、家族の物語をある程度フィクションにしてしまう、そしてそれがこのような大それた賞を頂くということになったことについて、もしかしたら次もまた同じような家族の物語であったり、青春小説であったりっていうふうに期待されるかもしれないと思うからです。

もしかしたりすると自分の可能性を狭めてしまうのではないかと思えます。なので次から書く小説はまた原点に戻って、自分が楽しいと思えるもの、またゼロから産み出せるようなもの、フィクションの色合いが強いものをこれからどんどん書いていきたいなと考えています。

司会:よろしいでしょうか? 続いてご質問の方。

記者:読売新聞のムラタと申します。おめでとうございます。

東山:ありがとうございます。

記者:今東山さんがおしゃった心配は北方さん、その辺はおっしゃっていらしゃっていまして「あらゆる方向に可能性を持っている」と。「青春小説とかそういう家族小説に限定ではなく」とおっしゃっていましたが。その中で北方さんは20年に1度の傑作だと。「20年? 20年」だな。という言い方をされてましたが。

まずその言葉を受けて自分でどういうふうに思っているかということですね。あと作品の中にですね。

「人が死ぬとその人がいた世界まで消えてしまう」というような文章があったと思うのですが、それは家族と繋がっていく部分かと思いますが、それはある種の普遍性も消え去っていってしまう。何か記憶に留めておきたい、言葉に留めておきたい。普遍性を持つと思うのですが、その辺は意識して書かれていたのかお教えください。

東山:そうですね。最初の質問なんでしたっけ? それはえらいうれしいですね。なんでしたっけ? 2番目の質問。

でも別に私的な物を狙ったのではなく、ただ単に単純に直感したというかですね。誰か大切な人が亡くなると、残された人は大切な人抜きで生きて行かないとならないので、それをそういうふうに表現したというところだと思います。なので別に奇をてらったとかポエムを書こうと思ってそういう表現をしたんじゃないと思います。

ノスタルジーは普遍的な感情

司会:よろしいでしょうか? 質問。それでは前列の方。

記者:共同通信のモリハラです。この度はおめでとうございます。

東山:ありがとうございます。

記者:今20年に1度の傑作だと選考委員の評もあったんですが、選考委員からは満場一致だったと、非常に高い評価を得ていました。一方発表される前はですね、台湾が舞台で、ほとんど日本が登場しない小説であると、日本人が登場しない小説であると、これが日本でどう読まれるか不安があったんじゃないか思うのですが。

これが一定の評価を得つつあると。これが広く読まれることについてどういうふうにお考えになるか、受け止めているのか? それと先程「台湾は僕の国」とおっしゃいましたが、それと並び日本というのはご自身にとってどういう位置付けになるのかというところを教えて頂けますか?

東山:そうですね。台湾は間違いなく法律上の問題や手続き上の問題で僕の国なんですけども。僕は5歳から日本で暮らして、途中行ったり来たりとあったんですけども。基本的に9歳頃からずっと日本で育っていまして、自分の母国語は日本語だと思っています。

日本語で小説を書くことができても、中国語で小説は書くことは僕には不可能なので、そういう意味でも一番使い勝手がいい言葉が日本語だというふうに思っています。

そこらへんは皆さんとたぶん同じで、日本という国に非常に愛着を持って、これからもずっとここで暮らしていきたいなというふうに思っています。

本当に僕自身すごく驚いているところでもありまして。たくさんの方から台湾が舞台で主人公も主人公なのに、日本の読者が読んでもノスタルジーを感じるというふうに言っていただけることがありまして。

それは本当に人間の持つそういう過去を懐かしむ感情というか、ノスタルジーを感じる感情というのは、もしかしたらわりと普遍的なものではないかなというふうにすら感じています。僕自身アメリカの小説や南米の小説を読んで、僕自身その地に行ったことはないです。

けれども、良い小説を読んだ時にはノスタルジーを感じることがよくありますので、もしも僕が書いたこの作品を日本の読者が、当然日本の読者に読んで頂きたいのですけども、ノスタルジーというものを感じて頂けるのであれば、それは本当に嬉しいことであります。

ほんの少しだけでも自分の表現したかったものに近づけたのではないかというふうに思います。

同じ料理を作れと言われてももう覚えてない

司会:続いてご質問の方?

記者:産経新聞のヤマネです。おめでとうございます。

東山:ありがとうございます。

記者:先程、翻訳という事があったんですけども、ご自身で中国語に翻訳されて台湾で出版されるというようなことは考えられないですか?

東山:僕の文章を僕が翻訳して、中国語にですか? 僕はそこまで中国語の能力がないので、それは僕の手に余ることだと思っています。それはないです。

司会:続いてご質問のある方。

記者:すみません。この物語を書き始めたのは、いずれおじいさまの話を書きたかったからと最初は腕試しのつもりでえいやっと始まった。そしたら腕試しどころじゃなくなって、この賞の受賞になりました。しかも初公募でです。そのことについて今感じていらっしゃることを教えてください。

東山:そうですね。候補になったこと自体すごくびっくりしていますし、奇跡の様なことだと思っていまして。

僕は小説を書く際に、きちんとプロット立てて、それから書くというタイプではなく、いくつかの場面が頭の中にひらめいて、それを直観で繋いでいく様な書き方をしているので、料理に例えると、何も考えずに作った料理が皆に美味しい、美味しいと言われているような感じなんですね。

もう一度同じ料理を作れと言われても、もう覚えてないんです。自分がどうやってその料理を作ったのか。なので今回候補にあげて貰ったことは本当に幸運なことだと思っていますし、さらにそのうえ賞まで取れたことは本当に喜ばしいことだと思っています。

それというのも、たぶんもう二度とこの場所に立つことはできないというふうに自分で思っていましたので、本当に嬉しいことだと思っております。