古代エジプトのミイラの作り方

周知のとおり、死と税金は回避することができません。では腐敗はどうでしょう? ミイラを見たことがある人なら誰もが知っているように、古代エジプトの聖職者たちは、腐敗を回避するために大変な苦労を強いられました。

果たして、それはうまくいったのでしょうか? 生きた細胞は常に新しい細胞へと入れ替わっています。ある特別な酵素が、古くなった組織を分解し、原料によって新しいものを作り上げます。

では、死んでしまったら、どうなるのでしょう? 死んだ細胞はもう新たに置き換わることができないのに、酵素はすべてを分解し続けます。

だから死体を保存しようと思ったら、酵素が組織を分解してしまうのに先回りする必要があるのです。

ニューロンは死ぬのが早いため、古代エジプトのミイラには脳がありません。

古代ギリシャの歴史家ヘロドトスによれば、彼らはまず、先の尖ったものを頭蓋骨の中に打ち込んで脳をぐちゃぐちゃにして、鼻から流し出したあとに分解を促進する樹液を流し込んでいました。

脳は一番に腐敗するのですが、内蔵の腐敗はもっと大変です。肝臓、胃、腸には消化酵素やバクテリアが含まれていて、死とともに死体の内部で腐食が始まってしまうのです。

だから、聖職者たちは肺と腹部臓器を先に取り除きました。心臓を傷つけずに肺を取り除くのは難しいのですが、心臓は魂の宿る場所と信じられていたため、特別に扱われました。

内蔵は、ナトロンと呼ばれる自然発生的につくられた塩とともに瓶詰めされました。

他の塩と同様に、ナトロンはバクテリアを殺すことで腐敗を防ぎ、消化酵素の働きから死体を守ります。

しかし、ナトロンはただの塩ではありません。大まかにいうと、2つのアルカリ性の塩にソーダ灰や重曹を混ぜたもので、アルカリ性の塩は、とくにバクテリアにとって致命的なのです。

脂肪細胞でできた腹膜を硬くし、石鹸のような物質に変えてしまいます。そのことにより、死体の構造が守られるのです。

内蔵の処理が終わると、聖職者たちは死体の空洞にナトロン袋を詰め込み、殺菌するために皮膚を洗いました。そうして死体は、表皮を保存するため、さらにたくさんのナトロンとともに35日以上、寝かされました。

アルカリ性の塩を取り除く頃には、死体の水分は吸収され、茶色の塊になっています。死体は悪臭を放つわけではありませんが、とくにいいにおいというわけでもありませんでした。

ですから、聖職者たちはそのにおいを封じるため、全体に樹液を注ぎ、シダーオイルを含むろう質の混合液でマッサージをして麻でくるみました。

最後に、入れ子になった棺や、ときには石棺にミイラを収めました。

もはやミイラは人間の死体ではない

さて、古代エジプト人たちは腐敗の回避にどの程度、成功したのでしょう? 1つには、ミイラはもはや人間の死体ではないということです。

脳はぐちゃぐちゃにされたうえで取り出されているし、内蔵は取り除かれてサラミのように塩漬けにされ、ようやく残った半分は干からびた死体の塊になっています。

それでも、残っているものは非常によい状態で保存されています。数千年を経ても、科学者たちは、死因解明やDNAサンプル採取のためにミイラを解剖することができます。

そのことによって、新しく判ったこともあります。たとえば、どうやら古代エジプトには深刻な大気汚染の問題があったようなのです。パンを焼くために、屋内で火を使っていたことが原因でしょうか。循環器疾患も結核同様、よく見られました。

ですから、古代エジプト人はある意味において、腐敗を回避するということに成功したと言えます。とはいえ、死と同様、税金は回避することができません。

輸送の際、ミイラは、「塩漬けの魚」として課税されてしまったのです。