任天堂『大乱闘スマッシュブラザーズ』にハマっていた

リリアン・チェン氏:私の家族は、コネチカット州のウィリマンチックで「北京ハウス」という中華料理屋を経営していました。売却するまで20年近くです。兄と私はオフィスと呼ばれる裏の部屋にいることがほとんどでした。オフィスと言っても実際はただの倉庫で、私たちがゲームをするための場所になっていました。

一番はまっていたゲームは『大乱闘スマッシュブラザーズ』です。知らない人のために言うと、大乱闘スマッシュブラザーズは任天堂ゲームキューブ用の古い格闘ゲームです。兄妹で何時間もそのゲームをやっていて、お店のお客さんともプレイしていました。

ついに友人が私を地元の大会に出場させました。結果は33人中13位でした。悪くはないけれど、上位からは程遠かったです。

それからハイレベルな人たちを相手にトレーニングをし、ネットで見つけた試合を見てノートを取り、気が付くと全国大会を周り始めていました。ビデオゲームのためだけに、17歳でアメリカのあちこちを飛び回っていました。完全に夢の生活でしょう?

(会場笑)

これは大乱闘スマッシュブラザーズを競い合うコミュニティーに初めて参加したところです。ここには10年近く参加していました。

ゲームの試合というと、ノートパソコンを持った猫背の人たちが集まっている部屋を想像するでしょう。たまにはそういう時もありますが、むしろこんな雰囲気です。

(会場笑)

スマッシュブラザーズは古いゲームなので、プレイするためにはこのような大きなボックス型のテレビが必要なのです。

プレーヤーは飛行機に乗るとき、これらの機器を必ず機内持ち込みにしようと真剣です。

(会場笑)

団体のカラーは実に様々でした。

これは、ニュージャージー州のエイペックスで年に1度の大会が開かれた時の写真です。2013年、16か国から1500人以上の人が集まりました。私には、16か国から集まった人たちがニュージャージーに何か言いたげだと思えていました。ごめんなさい、ニュージャージー。

(会場笑)

ゲームのコミュニティで受けた性差別

ゲーム団体では私は“_milktea,”というゲーマータグをつけていました。実生活ではリリアンでしかないことに変わりはありませんでした。17歳の私はシャイで物静かでした。

周りと違うため、もしくはアジア人であるためにいじめられることもよくありました。着ている服を笑われたり、嘘でデートに誘われたりしました。「中国の売春婦」と呼ばれることもありました。

でも“_milktea,”でいるときは、歓迎し受け入れてくれるコミュニティーのメンバーでした。この写真に欠落しているあることを除いては……。

この中に女性はいますか? 性別の不均衡が大きくなると、社会的な力関係に歪みが生じます。通常よりも注目度が上がります。

「milkteaは天使だ」「milkteaのことが好き」

当初、なぜそのような書き込みをされるのかがわかりませんでした。ただ単に、学校での扱いよりはずっと良いと感じていただけでした。次の書き込みは私のお気に入りです。

「milkteaちゃん、あなたはとても魅力的です。美しさを評価するなら10のうち8です。なぜなら僕は長い間他の女の子が好きだったので」

(会場笑)

しかし、事態は悪化しました。

「なんでみんなmilkteaを悪く言うの?(笑)」「彼女は娼婦です。スマッシュが好きなのではなくて、注目を浴びたいだけ」

このような書き込みもありました。

「オタクファンタジーの中でしか知られていない。くだらないスマッシャーたちの夢の中で○○○○を吸う」

何年にも渡って、私はこれらのすべてを内在化し始め、そのような態度をとり、他の女性たちに対しても投影しました。「なんで彼女はあんなに女の子らしいの? 本当にゲーマーなのかしら?」

自分の声がどんどん小さくなり、心に不快感が生じ、私は結局スマッシュのコミュニティーを完全に辞めました。

自分が性差別をしていることに気付かない人もいる

数年経って、ニューヨークで初めて仕事に就きました。そこでは性差別的な行動が規範である必要はないと知りました。それにもかかわらず私は大人しく内気でした。大勢の前でのスピーチ?とんでもありません。

しかしある時、このようなコメントが私のFacebook上のフィードに現れました。

「インターネットに対する恐怖をなんでもスマッシュコミュニティーのせいにするのは辞めよう。基本、女性の参加も歓迎している」

まさにその時、私の心の中の1人ぼっちの感情が無意識に燃焼しました。私はコミュニティーでの自分の経験と直面した問題をブログに書き始めました。驚いたことに、その情報はゲーム界に急速に拡がりました。有名な格闘ゲームのWebサイトが私の記事を掲載し、「ポリゴン」というゲームサイトはその後の私の活動を援助してくれました。

そのすべてが、NYUゲームセンターと共同設立し司会をした討論会「The New Meta」の実施につながりました。ゲームにおける性差別の問題を議論するために、様々なゲームコミュニティーから大量に女性を呼びました。

しかし全体の議論のポイントは、男性のゲーマーに恥をかかせないための方法を意識づけることについてでした。女性として、私は性差別主義者で女性嫌いでしたし、自分の性に対して反発していました。

時々、長く1つの環境に浸っていると、有害な行動とそうでないものとの区別が難しくなることがあります。意図して悪意のあるゲーマーもいれば、最初の場所での性差別を継続していることに気付いてすらいない人もいます。

彼らを非難するのではなく共感する方が生産的です。会話をするのです。明白なように思えたとしても、彼らの行動を分析します。そして最後に、非難のトーンは置いてきてください。

もし私が顎ひげを生やした性差別主義者として非難されていたら、今ここで話していなかったでしょう。そして驚いたことに、人々は喜んで変化し助けになろうとしていました。

「男性として、ネット上のスポーツでどう女性を扱うべきですか? 最善を尽くしていますが、アドバイスがほしいです」

そして心配事があるときはいつも、このようなコメントをもらいました。

「あなたのおかげで数人の女性プレーヤーが加わりました」

これらの経験は、私の沈黙がゲームにおける性差別主義を助長する一方であったことを表していました。完璧な人はいません。先入観を内在化し、その中で彷徨うことは一見簡単です。話し手になることで、自分や周りの人が自身の行動や考えを見直す機会を作るのです。

ここにいる皆さんには声があります。声を上げましょう。責任を持って声を上げなければいけません。あなたの声は変化を起こすだけでなく、他者にも声を上げる勇気を与えます。

ありがとうございました。

(会場拍手)