シェアリングエコノミーの未来とは

琴坂将広氏(以下、琴坂):これ、未来ってどうなるんでしょうか? 今回のトピックは「シェアリングエコノミーの今」なんですけれども、みなさんはいわゆる未来をつくっていらっしゃるお三方ですので、シェアリングエコノミーがさらに進んでいったときにどんな世界があるのか、みたいなところをぜひお聞きできればなと思うんですが。これはやはり原田さんからお聞きしたいんですが、どんな未来像があるんでしょうか?

原田明典氏(以下、原田):私はもともと20年前にインターネットに興味を持って、最初はただ単におもしろいなと思っていたところから、だんだん本当にすごいなぁと思ってきた。本質的なところでいうと、地球上にもう1個新しい大陸が出てきたような。

アメリカ大陸が発見されてから、その後その大陸(アメリカ大陸)が一番発展を遂げたと思うんですけども、「地球上にもう新大陸はないよね」と言っていたところに突如サイバーな大陸、バーチャルな大陸が現れた。そこがものすごいなぁと思って(インターネットサービス)に没頭したんですけれども。

この15年、20年というのは、そのサイバー空間と、このリアルな地球がいい距離感を保ったままお互い発展をしてきたと思います。リアルのほうはリアルの歴史の時間軸で発展して、サイバーのほうは新大陸ですから、ブワーッとゴールドラッシュもあれば、いろいろなことが一気に発展して。

私は前職ではmixiっていうSNSをやってたんですけれども、SNSなんかはサイバー空間ですし、モバゲーとかああいったものもサイバー空間ですよね。そういうサイバー空間がどんどんどんどん発展していったのは、リアルとはまた別で、切り離されてたからこそだとは思うんです。

サイバーの空間とリアルな世界の距離が縮まってきた

(前置きが長くなりましたが)私はこのシェアリングエコノミーっていうのが入ってきて、何なんだろうなと、どんどんどんどん世界はサイバー化すると思ったんですけれども、サイバー化していっているんじゃなくて、サイバーの空間はサイバーの空間で発展していた。

一方で、リアルはリアルでちゃんと自分たちの時間で発展してたんですよね。で、その距離がどんどん縮まってきていて、今ちょっと融合が始まってきたなと。

この20年で広がったサイバーの空間と、それからいろんな歴史を持つこのリアルな世界というのがちょっと交わり始めたねというときに、これまでインターネットビジネスに関してそこまで「法整備」とか「法規制」っていう話題が出なかったのが、シェアリングエコノミーとなるとやたら急にその話題が増えたというあたりが、その1つのエビデンスだと私は思っていまして。

リアルの人類が作ってきた今までの世界と、20年間 IT業界の人(とユーザー)が中心に作ってきたインターネットの世界がうまく今からフュージョンしていって、新しい地球ができていくというのがここからの20年なんだなと思うと、すごく楽しみですよね。

もちろん大変なこともいっぱいイメージできるし、いろいろ問題はあるので、我々は真摯に向き合わないといけないんですけれども、ただ人類はこれまでも必ず乗り越えてこれたので、そういう意味では新しい世界が来るということそのものにはやっぱりワクワクするなと思っていますね。

日本にシェアの文化が根付くには「慣れ」が必要

琴坂:なるほど。別体だったインターネット上の空間というものが、現実世界により深く入り込んできたと。それによって生まれてきた新しい経済なんじゃないかということですね。どうですか? この先の事業の中でどういった未来像を持たれているんでしょうか?

金谷元気氏(以下、金谷):アメリカでは確実にシェアリングエコノミーはどんどん広がっていくと思うんですけど、日本については、日本人って世界で唯一家のことを「ウチ」って言うんです。「Inside」ですね。アメリカだとシェアの文化が根付いているので、大学生とかはほとんどの人がシェアハウスに住んでるんですが、日本の大学生はほとんど一人暮らしをしている。

シェアの文化が全然ないなかでいきなり「ウチ」に入るのは難しいので、まずは家の外からということで、駐車場とか、家ではなく会社の会議室とか、そういったところをどんどん使っていってシェアに慣れていってもらって、結果「ウチ」の中に入っていければ、シェアが本当に進化して当たり前のように使われるようになると思いますね。

琴坂:やっぱり駐車場から入っていって、玄関先から入って、だんだん居間に入っていくような感じでしょうか?

金谷:そうですね。akippaとかスペースマーケットさんはかなり重要なカギを握っていると思うので、そこは責任持ってやっていきたいと思ってます。

実家のスペースを会議用に貸し出している

琴坂:重松さんはどうですか?

重松大輔氏(以下、重松):最近のおもしろい話でいうと、実はうちの実家もスペースマーケットに登録をして貸し出しをしてるんです。今週の日曜日も、今回登壇された会社の経営会議みたいなものが私の実家の千葉の富津で開かれます。富津は「第2の夕張」と言われていて、財政がめちゃくちゃなところなんですけども、わざわざそこまで行って、半日ぐらい会議をすると。

実家は光ファイバーを入れていて、ホワイトボードとか会議に必要な物はいろいろと準備しているんですけど、うちの母親が対応するんですよ。うちの母親は結構おせっかいで、お茶を出したりお菓子を出したり、焼きそばを作ったり。終わりになったらビールとか出して、もう「泊まってく?」みたいな感じらしいんですよ。

実はもう何社かそこを使ってやってるんですけども、すごく評判がいいんですよ。「重松さんのお母さんおもしろいね!」と言われて。場所もすごくいいところなんですよね。それって今までなかった体験なんですよ。旅館で泊まってとかそういうのでもないし、個人の家で。でも見知らぬ人じゃないんですよね、ソーシャルでつながっていたりするわけですから。

それもそうですし、うちの母親はもう引退していて60いくつですけど、空きスペースと空き時間を楽しんで活用して、月に3万5千円ぐらいお小遣いを得るわけですよね。お互いに良くて、金銭も得られる、これは本当におもしろい経済だなと思っていまして。

そういうスペースが今どんどん出てきていますけど、これはたぶんやっぱり体験した人にしかわからない。この体験ってすごく原点的なものだと思うんですよね。醤油の貸し借りだったり、今までも人間がやってたようなことに戻ってきているだけなので、これがどんどん広がっていって、一度体験をするともう戻れないみたいな感じになってくるんじゃないですかね。

シェアリングエコノミーで広がる近所づきあい

琴坂:非常に興味深いと思います。ネットがない時代、村社会だったときに10~20人ぐらいのコミュニティでやっていたものが、より大きなところで行われているみたいなイメージでしょうか?

重松:はい、まさに。

琴坂:情報技術を使ってつながる人がバーチャルという形に変わってきたと。

金谷:そうなんです。ですので、実はすごく温かいものなんですよね。例えば家の前の駐車場を貸してくださっている80歳ぐらいの方がいまして、その方は息子さんがインターネットで登録されたんですけど、息子さんは北海道に住んでいて東京の実家の駐車場を貸しているんですけど、なかなか会いにはいけないそうなんです。

ただその人は駐車場に予約が入って挨拶をしてくれる人がいるみたいで、その人たちと話をするのが楽しくて、お金は別にどっちでもいいよというようなことを言っているんですよ。

琴坂:つながりを作っているということですよね。

金谷:そうです。まさしく先ほど言われた近所づきあいというものの「近所」というのが一気に広がったかなぁと。

重松:レビューで事前にお互いにどういう人かわかっているので、なおさらおもしろいつながりができたりすることもあります。