悲しみは困難な状況に対して自然に起こる思考

コートニー・ステファンズ氏:悲しみは人間なら誰もが経験することです。しかし何世紀にも渡って、それが一体何なのか? そしてどう対処したらよいのか? ということについて大きな意見の相違がありました。

最も簡単に言うとすれば、悲しみは困難な状況に対して自然に起こる思考なのです。友達が引っ越したり、ペットが死んでしまったら、悲しいと感じますね。

友達が「悲しい」と言っていたら、きっとあなたは「何があったの?」と尋ねるでしょう。しかし、悲しみの原因は外的なものであると決めてかかるのは、比較的新しい考え方なのです。

古代のギリシャの医師たちは悲しみをそういったように捉えてはいませんでした。彼等は、体内に暗い液体があると信じていたのです。

彼等の四体液説によると、人間の体と心は四体液と呼ばれる4つの体液でコントロールされていて、その4つのバランスが直接私たちの健康や性格に影響を及ぼすとされています。

Melancholia(うつ病)という言葉はMelaina kole(黒胆汁)という言葉から由来しており、黒胆汁は悲しみを引き起こす体液と信じられていました。食生活を変え、診療を受ければ、体液のバランスを上手く保つことができます。

最近では、人間の体を管理するこのシステムについてさらに解明が進んでいますが、悲しみについてのこのギリシャの考えは、私たちが日々感じるような悲しみではなく、臨床的なうつ病への現在の見方と共鳴するところがあります。

医師たちは、ある種の長期的な未解明の情緒状態が、脳内に存在する様々な化学物質のバランスである脳化学とどこか関係があると信じています。

ギリシャのシステムのように、これらの化学物質のバランスの変化は、非常に困難な状況への対応にも深く変化をもたらすかもしれないのです。それから、悲しみに価値を見出そうと試みる古くからの習わしもありますが、その議論については、悲しみは人生において避けられないものであるだけでなく、必要不可欠なものであるという強い意見もあります。

もし一度も憂鬱な気分を感じたことがなかったとしたら、それは人間らしさの一部が欠けてしまっているということです。

多くの思想家は、知恵を得るためには憂鬱が必要だと主張しています。1577年に生まれたロバート・バートンは、生涯を通して悲しみの原因と経験について研究しました。彼の最高傑作である「憂鬱の解剖」の中で、バートンは「知恵を増すものは、悲しみを増す」と記しています。

19世紀に書かれたロマンチックな詩の中でも、憂鬱は美しさや喜びなど他の深い感情をよく理解するために必要だと信じられてきました。秋に葉が散る儚さを理解すると、季節が巡り、春にまた花が咲くという生命の循環をより深く理解することができるのです。

他人と自分の苦しみは果たして同じものなのか

しかし、知恵と感情的知能は、要求という階層のかなり高い位置にありそうです。では、悲しみはもっと基本的で、実体的で、進化的段階でも価値があるでしょうか?

科学者は、泣いたり内気になることは、本来祖先たちが社会的な繋がりを強めるのを助け、必要な支えを得るのを助けるものであったと考えています。悲しみは怒りや暴力とは対照的に、苦しみを表現するもので、苦しんでいる人のために、人々は距離をすぐに縮めることができました。

そしてそれは、個々の人間や大きな集団を繁栄させる手助けとなったのです。きっと悲しみが生き残るために必要な団結力をもたらしてくれたのでしょうが、多分多くの人は、他人が感じる苦しみと自分が経験した苦しみが、果たして同じものなのかと疑問に思っていることでしょう。

詩人のエミリー・ディッケンソンは、「私は細く探るような目で、出会った全ての悲しみを測る。私のものと同じほど重いのか、それとももっと軽いのだろうか」と書きました。

20世紀には、アーサー・クラインマンのような医療人類学者が、人々が痛みについて話す話し方から証拠を集め、感情は全世界共通ではないと提案しました。

そしてその文化、特に言語の使い方が私たちの感情に影響を及ぼしていると言うのです。私たちが失恋について話す時、心が挫ける感情は私たちの経験の一部となり、傷ついた心を話題にする文化では、それは実は異なる主観的な経験となるようです。

現代の思想家の中には、悲しみが主観的か普遍的かということに興味を持たず、むしろ技術を使ってありとあらゆる全ての苦痛を取り去ろうとする人もいます。

デイビッド・ピアースは、遺伝子工学やその他の現代の方法を使えば、人間が感情的や身体的に痛みを経験することを変えることができるだけでなく、それ以外にも生態系を再設計し動物が野生で苦しまなくすることができると提案しました。彼はこのプロジェクトを「楽園工学」と呼んでいます。

世界から悲しみが無くなるのは、どこか悲しいですか? 我々の先祖である穴居人やお気に入りの詩人たちは、そんな楽園を少しも欲しがらないかもしれません。

実際に、悲しみについて全世界共通で同意されている唯一のことは、ほとんどの人が昔からずっと感じてきたものだということです。

そして何千年もの間、この難しい感情に対応する一番の方法は、言葉にできないこの感情をはっきりと表現することです。エミリー・ディッケンソンの詩の中にこう書かれてあります。

「希望は羽の生えた生き物。それは魂に止まる。そして言葉なく歌い、その歌が終わることはない」