事業立ち上げ時のKPIの設定方法とは

吉井信隆氏(以下、吉井):あとは、スタートアップした後に、ここも結構落とし穴なんですけど、KPIって言葉、皆さんよく聞かれると思いますが、今、ネット社会の中でユニークユーザー、あるいはユーザーのアクセスがどのぐらい来ればいいよね、みたいなものが設定されてないとうまくいかないと思うんですね。

婚姻届製作所っていうのを、ぜひ皆さん見てほしいんですが、今、日本で結婚するカップリングは65万カップルいるっていうふうに言われています。婚約届っていうあの無機質な白紙のペーパーの上に、デザインしてもいいんじゃない? って、ある起業家が発案して。

婚姻届を無料でダウンロードしたり、これは3,000円とか、デザインした婚姻届を提供するビジネスを考えた人がいるんですよ。

スタートして日は浅いのですが、このペースでいくと婚姻届のシェアをかなり取りそうな勢いで伸びてんですね。婚約届の内容、中身を変えてしまうインパクトを与えています。その起業家は、利用者をKPI指標と設定しています。

どこの会社も新規事業、早く儲けたい、こうなりたいっていうことを、経営者は考えます。ここまでいったら、この新規事業、もっと続行していいですよねっていうところの指数をどう張るかが大きな要因なんだと思うんですね。

新規事業には社内外に調整役が必要

社内外の調整をする、間に立つ人がいないと、企業内新規事業は、ステークホルダーがトップへ意思決定者と自分との間に誰か利害調整者を置いとかないと、なかなかうまくいかないっていうことはあります。

日経新聞の私の履歴書を、私はいつも読んでて、必ずあの日経新聞のくだりの中に「あのとき、あの人に会ったから、今日の私がある」っていうくだりって100パーセント出てきますよね。

今、浅丘ルリ子さんが日経新聞に出ていますが、「ああ、そうだったんだ」なんて思って、今、読んでます。最近は山田洋次監督と彼女が出会って、どうなりました。という話になっています。

浅丘ルリ子さんが日活を辞めたときに、石原プロダクションに入ってたなんて、全然知りませんでしたが、やっぱり「あのとき、石原裕次郎に私が誘われなかったら、今日の私はなかった」とのくだりがありました。

誰に出会うかは、大切な要素だと、ご理解をしていただければと思います。

HOWよりはWHATを重視すべき理由

あとは新規事業、じゃ、どうすれば具体的に育つのかっていう話に入りたいと思います。

まずはビジョン、会社のお金とか人とか、会社のいろんなアセットを使って事業をやるわけですから、会社が、何を目指してるんだろうか、これ漠とした感覚でいいと思いますが、ゴルフでいえば、フェアウェイの範疇に球を打ってかないと、経営者は判断しないと思うんですね。

HOWよりはWHATなんだと。皆さんの中でやる立場の人、あるいは支援する人、今日、役員の人もいらっしゃってますが、ここの1つのドメインが非常に大事だと思うんです。

最低限、このフェアウェイの設定をしとかないと、役員も経営者も、意思決定しないと思います。ここだけは事前に、知っておくことが大切です。

人選ミスをしないための予防策

先程、人選のミスの話しをしましたが、どうやって人選するかを申し上げると、エントリーでの、自薦がいいと思うんですね。

我々がお手伝いする時は、必ずキャリア・アンカーをとり、その人の内面にある思い、深層心理を確認します。絶対的なものではありませんが、これは明確にその人の思考が出てくるものです。

その後、インタビューをしていきます。エントリーと、キャリア・アンカーと、インタビューの3つの要素で確認しています。

エントリーは、シンプルな内容でエントリーしていただくといいんじゃないかなと思います。

圧倒的な当事者意識をもっているか

企業内起業で成功する人を言語化していくと、圧倒的な当事者意識を持ってチャレンジしていく人。自らのオポチュニティ(機会)をつくっていくタイプの人。

あとは、自分の力を信じて、やりぬくことが大切だと思います。違った言い方をすると逃げない人。