IT部門は予算配分から変える必要がある

玉川憲氏(以下、玉川):聞いてて思ったのが、攻め9割って言ったときに、私も前職でいろんなIT部門長の方と会いましたけども、お金の配分もそうなってるんですよね。

攻めが1割、守りに9割使ってて、新しいことやりたいって言ってるんですけど、「あなたの予算はうちは1割ですよ」と。そもそもトップだったら、まずそのお金の配分を変えなきゃいけないんですよね。

お金の配分を変えると。守りにそんだけ使ってるんだったら、それっておかしいでしょと。そこをどうやって守りを小さくやって攻め側に移すかっていう、そういうビジョンっていうのが大事なのかなあと思いますね。

ジェイソン・ダニエルソン氏(以下、ジェイソン):ITもやらないといけないとおっしゃってたんですけど、ITのほうがやらないといけないと思ってますね。

ITのスピードが他の業界と比べてものすごく速い。サイクルも短いし、ITで攻めないともう負けちゃいますね。

自動車だったら守り9割とか、実際に人も命が関わってるようなものがあると、機械(のような)大きなもの、長いライフサイクルが守り9割。

もしかしたら長すぎるかもしれないですけど、それもいいんだけど、ITのほうが、インターネット時代が20年くらいしかないわけですから。

もうライフサイクルのケタが違うから、それで自動車と同じような扱いになれば、すぐ遅れちゃうんですよね。

八子:ITこそ今までの領域と違って、もっと攻めの考え方を活用したかたちで。たとえば組織の作り方もそうですし、玉川さんおっしゃられたようにバジェットの取り方もそうでしょうし。というのをメリハリつけてやってかないといけないと、そういうことですよね。

それがITを活用する組織という意味でいうと、今おっしゃられたように予算の取り方、もしくはもっと攻める。「攻めていない」っていうことがものすごく、今の日本にとっては脅威となりうる。

ジェイソン:そうですね。その脅威というのは、もしかしたら「今まで通りと同じ考え方でITをぶつける」ということですね。だからちょっと物が違うから、考え方も変わらないと、多分ちゃんとうまく使えないですね。

八子:考え方そのものが場合によっては脅威となる。これまでの古い考え方そのものがっていうことですよね。

ジェイソン:僕はそう思います。

八子:ありがとうございます。

玉川:ドヤ顔してましたけど(笑)。

競争環境の中で会社を変化させていく

八子:及川さん、考え方以外に何か脅威となり得ることってありますか?

及川:考え方以外ですか? 結構、考え方共感するっていうか、いくらでもコメントできるんですけど(笑)。

たとえば、僕が知ってるアメリカの会社だと、やっぱり皆むしろ変化を好みます。変化を積極的に起こるように、マネージメントは気を使ってますし、人材の流動性も気を使ってます。

最近流行りの言葉、ダイバーシティにも気を使ってます。要は従来のあり方を常に否定する、もしくは競争が激しくあることを望んでいます。

だから一般のビジネスだと、ちょっと日本的な考え方と逆の方向だと思うんですけど、ちょうど真逆のことをアメリカのトップは考えてる人がいます。

八子:変化すること、あえて競争が激しくなることを好むというふうに考えていいんですかね?

及川:はい。セールスフォースは始めたばっかりは、いわゆるクラウドベンダーの走りの一部ですけど、当初から弊社の会長は競合を歓迎してました。

むしろ「競合がないマーケットは魅力がないはずだから、競合がないとしたら、それは自分のビジネスの行方が心配だ」みたいなことを平気で言ってましたね。

八子:むしろマーケット、そうやって熾烈な競争環境の中にどんどん追い込んでいくことによって、変化をしていく。

及川:そうです。会社のビジネスとしてのマーケットもそうですし、同時に社会としての流動性も含めて、いろいろな多様性と変化を常に望んでました。

八子:ということですね。どんどんITを活用する、ITこそがどんどん物を変化させていく。もしくは新しい手段であるにも関わらずそれを使わないことが1つのリスク、脅威でしょうし。

今おっしゃられたように、変化をしないことに対して慣れてしまっているっていうのも、ものすごく大きな脅威っていうことですよね。

ITの活用における、グローバル企業と日本企業の差

2つ目の討議、テーマに移りたいんですけど、そういった脅威がある中で、今までの皆さんのご経験で、及川さんも米国での経験のお話をされましたけど、グローバル企業と日本企業でITの活用にどんな差がありますかね? 

よく言われるのは、米国と日本だとIT部門の方々の人数が全然違う。日本はベンダーさんに7割いて、企業の中には全然ITに関する人たちがいないっていうような話が出たりとかしますけれども、それについてはどんな差がありますかね? そういった組織のあり方だけではなくって、活用のあり方。

ジェイソン:セールスフォースさんで言うと、多分そのままセールスクラウドを使う割合とかは、結構具体的な数字とか、例になると思いますけど、アメリカだと「せっかく物があるから、そのまま使いましょう」と。

「すぐメリットが出るから、そのままもう標準でいいや。とりあえず使ってみて、そのあと考えればいい」みたいな導入のやり方。

日本はそうではなくて、Platform Licenseのほうが、割合でいうとアメリカよりもずーっと売られてて、もう1回既存のシステムのまま作り直すとか、自分の会社のやり方通りに作り直すとか。標準で満足しないで、あえて新しい技術に関わらず、今まで通りもう1回やると。

八子:今までのような開発をプラットフォーム、(セールス)フォースドットコム上でやっちゃうということですか?

ジェイソン:それをするとせっかくのクラウドのメリットは全てなくなるんですから、もうクラウド使わなくてもいいくらい。そのままやり直すのであれば。

八子:でも一応、テラスカイさんもカスタマイズやられてますよね?

(会場笑)

ジェイソン:カスタマイズしてるんですけど、カスタマイズするだけでちょっといけないと思いまして、そのままコンサルとか入って、「こういう機能があるから、こういう標準機能をこのように使えばより効率よく導入できますよ」という相談も乗りますね。

八子:できるだけ標準機能に追い込んでいくわけですよね。

ジェイソン:その差分、どうしても必要なところだけを開発すれば、よりものすごく差が出ると思いますね。

八子:セールスフォースさんはそれで儲かるんですかね? 大丈夫ですかね?

及川:もちろんですよ。あとこう言ったら綺麗事に聞こえるかもしれませんけど、我々はやっぱりソフトウェアを売り切りじゃなくて、サービスを提供してる側ですので。

一般的なサービス業のイメージに近いわけですから、結局お客様側の、「使っててメリットを得ていただけないと、継続してお使いいただけなくなる=いずれ将来の需要がなくなる」なので、我々は常に「カスタマーサクセス」っていう言葉をスローガンにしてやってます。

どう作るかじゃなくて、「お客様が使って効果を得られる」っていう状態に持っていくのが、常に目標となってます。

システムをカスタマイズしすぎると継続性が損なわれる

八子:そういう意味で言うと、米国企業の場合には効果を感じているからこそそれくらい使われる、カスタマイズもせずに素早く効果を感じ取れるんじゃないかと思うんですけれど、日本の場合は効果がないんでしょうかね?

及川:ものすごい質問がきましたけど(笑)。効果が全くないかというと、多分そのあとのサステナビリティというか、コンティニュイティというか、継続性のビジネス。

どんどん自分で手を入れ過ぎると、やっぱり変化に、そのあとの変更に弱くなっていきますんで。

要はビジネスってバンバン毎年変わってく、成長企業であればあるほど、もしくは成長マーケットだと、ビジネスのやり方変わりますよね。

それに合わせてシステムの更新が入ると思うんですけれども、そういうビジネスにどれだけ追従できるかっていう点においては、あまり作り込み過ぎたシステムっていうのは、たいがいそれを失っていくものですから。

もしくはコストがどんどん上がっていくものですから、そのバランスをちゃんととれてる、理解されて使われてるお客様は当たり前のようにメリットを得られていますし、ちょっとやりすぎちゃったかなっていうお客様は、やはり苦労されてます。

八子:カスタマイズしたほうが利便性が上がるかも知れないけれども、継続的なユーザビリティであるとか、スピードについていく俊敏性っていうところが下がってしまうと。

及川:そうですね。カスタマイズの大部分は結局UI(ユーザーインターフェース)の変更だったりするので、UIの変更の最大のモチベーションがおおむね、従来のシステムをそのまま置き換えるイメージが近いので。

すなわちそれは実際のエンドユーザーの意見を必ずしも反映してるとは言い難く、結果としてそういう時もあります。

ただユーザビリティに限っていえばそれは変化していくものですから、同じく、先ほどの話に戻りますけど、「変化を求め積極的に取り入れるか、そうでないか」っていう話と通ずるものがあると思います。

ビジネスの変化に合わせて働き方も変わってくる

八子:仕事のやり方もどんどん変わっていくっていうことですよね、そういう意味でいうと。

及川:はい。実際に会社にきてパソコンに電源入れるとこから始めるんじゃなくて、パソコン電源入れっぱなしなんてザラですし、蓋を開ければすぐ動きますし、モバイル、タブレット、常識になってきた。もしくはラップトップもですね。

要は、日本もオフィスの外で働くことがだんだん当たり前になってきたこの時代ですと、そもそもワークスタイルそのものが変わってるのが世の中の流れですので。

それに合わせてインターネットでビジネスをやって、インターネットを使ってビジネスをする、仕事をするっていうのが当たり前になった以上、仕事のやり方もまた変わってくるという変化も、また受け入れるものだと思います。

八子:ジェイソンさん、どうですか?

ジェイソン:カスタマイズすれば利便性が上がるとおっしゃってたんですけど、カットオーバーした瞬間上がるかもしれないですけど、カットオーバーするまでの時間を結構伸ばすんですね。

八子:長いですよね。

ジェイソン:そのあともう1回、何か変更があった場合は、もう1回その開発が入るから、利便性が上がったところはほんの一瞬だけですね。

だから標準でいけばよりいける。より利便性ではないですけど、より活躍できる。より結果が出ることですね。

八子:使い始める期間がだいぶ早くなりますもんね。そういう意味でいうと。

ジェイソン:もう瞬間ですよ、もう今日! パーン! OK!

八子:すぐですね、今のは(笑)。

ジェイソン:すぐ。