「大丈夫?」待ちの女は恋愛ブス!
SNSでのウザい投稿を、はあちゅうと美人放送作家がメッタ斬り

全ての女子よ恋愛ブスを卒業せよ!〜データから見るブスと美人の境界線〜 #1/3

TBS系列で毎週木曜深夜に放送している恋愛バラエティ番組「恋んトス」。そのスピンオフとして、恋愛には一家言あるブロガー・作家のはあちゅう氏が、番組放送作家の堀江志津氏と対談。異性のみならず同性からもドン引きされる、恐るべき「恋愛ブス」な行為をメッタ斬り! データによると、元カレの情報をSNSで検索する女性は約30%ということですが、2人は「そんなの嘘!」と断言。女性の本音やSNSで見る「恋愛ブス」「恋愛美人」について語り合いました。

モテと美人は、なったもの勝ち

堀江志津氏(以下、堀江):対談のタイトルにも入っている、ブスってすごい強いコトバですよね。はあちゅうさんはブスってワードに敏感だと聞いたのですが?

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):私、昔Googleの画像検索のブス1位になった事があるんですよ。今でもテレビ出たりすると必ず容姿へのバッシングをうけています。ここ10年間毎日。ちなみに今日は「見たことないブス」ってツイッターに書かれてました。

堀江:それはすごい。ブスって言われてどう思いました?

はあちゅう:傷つきますよ、普通に。ブスで1位になったのは10年前・18歳の時で、この先の人生が真っ暗になる感じを味わいました。これだけ人にブスと言われるこの顔でこの先の人生、ずっと生きていくんだ、って絶望しましたね。

とどめがささったのは「人を不愉快にさせる笑顔」ってコメントで、それから10年くらいは歯を見せて笑った写真をは撮ってないんです。「歯を見せて笑った顔が不愉快」っていわれて口を開けて笑えなくなっちゃたんですよ。最近はたまにあけてますけど。堀江さんはどうですか?

堀江:私は基本美人スタンスなんで(笑)、容姿が圧倒的に優れているわけではないですが、モテと美人は慣れだと思っています。要はそのスタンスになったもん勝ちみたいな。エゴサーチかけると容姿への悪口いっぱい見つけますけど、「私を無視できない小市民どもめ!」って思っています

はあちゅう:強いですね(笑)。

元カレの情報を検索するのは暇つぶし

堀江:それでは、本日のデータに行きましょう。元カレの名前をSNSで検索したことがある女性は30.4%(マイナビ調べ)。

はあちゅう:これ嘘ついてますよ! もっと多い! 絶対7割の女子はやってます!

堀江:そうですよね!

はあちゅう:私は、自分の元カレどころか人の元カレを探したことありますよ。突然、今どうしてるんだろ、って思い立って。自分に関しても、あまりにも印象がない人は探さないけど、真剣に付き合ってた人なら「今幸せかな?」って検索する事は全然あります。

堀江:それは相手が幸せか不幸か、どっちだったら嬉しいですか?

はあちゅう:感情を持って見ないようにしてますね。無の境地。なんというか暇つぶしの一環です。

堀江:片づけとかしている時にちょっと漫画読んじゃうみたいな?

はあちゅう:そうそう。昔のアルバム見ちゃうみたいな感覚ですかね。なんかコラムのネタもみつかるかもしれませんし。

堀江:私も、元カレはほぼ100%検索しますね。つい最近1年半前に別れた元婚約者を検索したら、できちゃった結婚してて。妊娠の時期的なことを計算して、これ別れてすぐ仕込んだなって複雑な心境にはなりましたけど。

はあちゅう:(笑)。

SNSでこんなことする人は恋愛ブス!

堀江:では、SNSにおける恋愛ブスってどんな人だと思います?

はあちゅう:Twitter上で@つけずに元カレの悪口とか言ってるのはブス行為な気がします。Facebookとかでも、あきらかに誰なのかわかる内容で元カレの事とか書いているのとか見ると胸がザワザワします。

堀江:SNSにネガティブな事書くのは基本ないなぁと思います。やたら鬱ツイートしたりも恋愛ブスの基本かな。あと、病んでるアピールする女がすごく嫌いです。

はあちゅう:わかります!

堀江:FBとかにスゴイ長文で、こんな嫌なことがあって死にたい、私なんか生きている必要ないのかな……みたいな。誰かからの「大丈夫?」待ちな女は、その浅はかさが恋愛ブス。

はあちゅう:恋愛は、彼と彼女2人の問題なのに周りを巻き込もうとする女は、恋愛ブスだと思います。あと、結婚・離婚くらい公的なことならいいけど、性癖の暴露とか、なぜ別れたとか書くみたいな女もブスだって思っちゃいますね。のろけならまだいいんですけど、相手を傷つける目的で書いていたら怖いです。

堀江:FBだと彼の友達とかもわかるから、それを利用して会ったこともない彼の友達に友達申請したり、コメントで「いつも彼から話聞いてます!」みたいなウザがらみをする女もブスですね。

はあちゅう:彼には彼の人間関係があるのに、そこに無理やり入っていこうとするのは好きじゃないですね。彼との付き合いの中で、一緒に会っていたりとかしてたらいいけど、そうじゃないならただのでしゃばり女。

堀江:あと、私が最近気になってるのは「SNS卒業宣言ブス」。

はあちゅう:なんですかそれ?

堀江:SNSに疲れちゃったから今日でやめようと思うみたいな投稿する人ですね。自分で勝手に始めて自分でやめて、それを皆に宣言って。誰もそんなにあなたに興味ないよっていう完全なる自己完結ブス。

はあちゅう:なるほど。それは生温かく見守るかもしれないけど、「友達整理させて頂きました」っていう投稿は嫌ですね。「友達削除基準は2年以上メッセージしてない人とか、いいねがどうたらこうたら〜」って。やりたいなら密かにやればいいのに。わざわざ言っても誰も得しない。

SNSでモテる投稿とは

堀江:逆に、SNSにおける恋愛美人というかモテ投稿はなんですかね?

はあちゅう:食べ物は無難にモテると思います。美味しい食べ物は誰もが興味を持てるし、「美味しかった?」「今度一緒にいこ〜」っていう会話が成立しやすい。

堀江:あざといですけど自分の手料理とかもいいですね。同性からは嫌われるかもしれないけど(笑)。私は家族ネタ入れるのは安心感があっていいなぁと思います。そんなに頻繁だとまた怖いけど、家族大事にしてるんだな、幸せなおうちで育ったんだなって、ポジティブな想像につながりやすい。

はあちゅう:安心はしますね。ただあんまり家族ネタ多すぎて、妹とディズニーとか、あまりに頻繁に濃いシスコンネタとか投下されると心配になります。

堀江:それは気持ち悪い! まぁ程度の問題ですかね。

はあちゅう ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部政治学科卒。2009年電通入社後、2011年12月に転職し、トレンダーズで美容サービス、動画サービスに関わる。2014年9月からフリーで活動中。日テレ「スッキリ!!」火曜レギュラーコメンテーター。催眠術師資格保有。最新刊「半径5メートルの野望」(講談社)が好評発売中。

堀江志津 放送作家。TBS「恋んトス」やテレビ朝日「女の体当たリサーチなぜ?そこ?」などを担当。27歳から2年間1人で世界1周。31歳で入籍予定日に婚約破棄、その3か月後に別の男性と入籍した波乱万丈型恋愛至上主義者。

恋んトス

TBS系列で毎週木曜深夜に放送している恋愛バラエティ番組。見知らぬ男女8人が旅立ち、出会い、恋におちる。そして運命を握るのは、たった一枚のコイン! MCはサバンナ高橋、中村アン、吉沢亮。

Occurred on , Published at

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?