リクルートで働きながら、Medium japanの代表に

はじめまして坂田といいます。今日はどうもありがとうございます。今回はMedium Japanという今年1月に発足した、会社ではないんですけど、プロジェクトベースの組織になりますが、私はその代表をしているんですけど、今回は自社の強みをしろうということで、Mediumは100ストーリーというものを掲げています。

このMediumにとってストーリーがどれほど大事かというのをお話するんですけど、それとともに皆さんの組織の強さを引き出す、伝えるための方法論として、このストーリーがいかに大事かということを認識していただきたいと思っています。

まず最初に坂田と言います。私はふだんリクルートで働いているんですけども、その傍ら、Medium Japanのアンバサダーとして活動しております。あとはスタートアップのUXディレクターという形でいまファウンディング中なんですけど、やっております。

今回はリクルートとスタートアップの話は一切しません。ところがこうした形でさまざまな組織や活動を通じてやってきて、それぞれがけっこういい感じで関係しあってるというか、学ぶことが多いと思っています。

サービス作りとかサービス改善、組織の作り方、組織の考え方にも参考になりますし、さきほどのストーリーという話でいうと、いかにいろいろなエリアのものを世に伝えるかってまさにスタートアップが大事にすべき考え方みたいなのを、「BY THE TAPS」という歯ブラシを作ってるんですけど、そこで使ったりしています。

「Medium Japanをやってみないか」とスカウト

そもそもなぜ僕がMedium Japanに出会ったかというと、私は普段けっこう文章とか書くことが好きでして、かつ英語で情報発信することにも積極的でして、というのもやはり日本国内で情報発信しようとすると日本語になるんですが、読者って限られてしまうんですね。

それを英語にすることで読者の数が何十倍になる。かつコメントとかアイデアも膨れ上がるということを実感することがあったので、Mediumでストーリーを去年からずっと書いていました。

そのときにいま国際展開を担当している人がいまして、その方からコメントで、「いいストーリー書いてるね。ぜひMedium Japanでやってみないか」とお声がけいただいて、1〜2か月Skypeとかメールを通じてやり取りをして、やることになりました。それが今年の1月になります。これがMediumとの出会いで、進めているという形になります。

今日は3つのトピックがありまして、まずそもそもMediumっていう組織だったりサービスはどんなふうに形作られているのかっていう話をさせていただければと思います。

より美しい文章を書くために生まれたMedium

まず初めになぜMediumは作られたかという話なんですが、「30」という数字がキーワードになります。これはTwitterを創業したエヴァン・ウィリアムズが当時、Mediumを始める前に、彼はけっこう情熱家で文章を書くことにすごい時間を費やすんですね。

例えば文字を書くときに行間とかフォントサイズ、色とかそういったものを調整するのに彼は毎回これだけの30分という時間を費やしている。これって非常に無駄じゃないかと彼が思ったのがきっかけで、より美しい文章を書きたい、より美しい環境で文章を輝かせたいというところから誕生したのがMediumになります。

彼はMediumで積極的に@evというアカウントで書いているんですけど、ここで彼はMediumはウェブ上で文章を書くのに最適なツールである、最高のツールであると自負しています。僕もまさにそうだと思っていますし、近い将来、日本も1月から実際にこういう形でJapanというプロジェクトが立ち上がって、普及活動に努めていますけど、皆さんにとってもMediumがそんな関係になってますようにということで、日夜僕も活動を続けています。

組織は「ホロクラシー思想」のもとフラットに

Mediumという組織なんですけど、設立されて3年目を今年で迎えます。人数はだいたい100人ほどの組織で、ヘッドクオーターはサンフランシスコにオフィスを置いています。100人ってわりと多いかなと思うんですが、あとでお話するんですが、組織の構造が非常に特徴的で、その中でひとりひとりのアイデンティティですとか、組織内の動き方みたいなものが特徴的だというのを後々ご紹介させていただきます。

Mediumはストーリーを大事にしているというのがありまして、ひとりひとりの社員にスポットを当てる「Team Medium」というページがあります。ここでもひとりひとりがどういう背景でMediumに入ったのか、その人の人間性を、こういった形で一個一個のストーリーで展開しているんです。これがまず1つ面白いなと思いました。

なのでもちろんこの人の肩書はこうかもしれないけど、こういう背景があるとか、こういうことに関心があるというのをストーリーとして提示することによって、ストレートに人間性がすっと入ってくるんですね。こういった形が非常に特徴的だと思いました。

「1」という数字なんですが、さきほど組織の構造の話をしましたが、Mediumの組織というのはホロクラシーという思想のもと運営されています。このホロクラシーというのはヒエラルキーのアンチテーゼのような組織の考え方なので、Mediumにはマネージャーがいません。基本は役員と従業員それだけです。

なのでそういった場合どうなるかというと、ひとりひとりが意思決定を持っております。肩書とか役職ではなくて、役割を与えられているので、例えば私がよく一番身近で仕事をしている国際展開を担当している人であれば、ローカライズの機能についてこういうのがいいんじゃないかと話すんですけど、その場で意思決定がなされる。それは彼に権限が与えられているということです。

ヒエラルキーはどっちかというとピラミッド構造になっているんですけど、Mediumは丸がいっぱいあるというふうにイメージしていただいた方が早いかと思いまして、例えばプロダクトデベロップメントという1つの大きな円があるんですけど、その中にMediumの場合ですと、リーディング、ディスカバリーという2つの円があります。

その中にコンテンツの担当でしたり、開発の担当だったりとか、そういったものの中でデザイナーとエンジニア軍団というよりも、あなたがたはリーディングとディスカバリーをフォーカスして、組織を運営しなさいという役割を与えられているんですね。なのでそれを元にひとりひとりが意思決定をしていくということです。

マネージャーがいないので意思決定が早いですね。自分の役割に影響があるのは誰か。すぐそこで役割が与えられているのでわかりやすい。ミーティングもその人と1対1ですればいいし、下手に意思決定のためのミーティングを何重にする必要がないんです。とてつもなく早く組織が運用されています。

なので長らくMediumを使っている人はわかると思うんですけど、ほぼウィーク単位で機能とかユーザーインターフェースが変わっています。そこが1つの特徴であることがわかります。

ホロクラシーは、実はそれを推奨している公式団体がありまして、アバウトホロクラシーというところに彼らの公式のブログといいますか、記事が掲載されています。気になる方がいればぜひ見てみてください。

大物編集者が続々と集まる会社

オフィスはこんな感じでして、サンフランシスコにあります。まさにストーリーを書くというのはインスピレーションを受けなければならないということで、雑誌もたくさんありますし、小道具もたくさんある。

あと椅子とかの配置が役割ごとに分かれていて、デベロッパーで固まるということをしません。なので基本フリーアドレスの体裁をとっていて、それぞれがその日に気分的にどこに座りたいか決めて座っている。そんな形の配置になっています。

Mediumのもう1つの特徴は役員といいますか、エグゼクティブの中に編集者が非常に多いんです。もちろんストーリーを大事にしている、文章を書くのを大事にしてるサービスなので、その中でもこういった方々、もともとWiredの編集長をやっていたりだとか、あとはGQの編集長をやっていた人がシニアエディターという形で入ってきたりしています。

あとはケイト・リーというコンテンツのディレクターの責任者がいまして、彼女がどちらかというとMediumの中のスポンサーをしている記事の編集をしたりとか、そういったものをやってマネタイズをまわしている仕組みを考えています。

こういった方々がMediumにジョインして、まさにMediumの中で保たれているストーリーのブランドとか品質を担保しています。

これも非常に面白いなと思っていまして、これはMediumだけではないんですけど、最近もともと編集者をやっていた方がIT企業に転職して、そういったウェブサービス内のメールマガジンやテキスト、コピーを考えるケースが非常に増えています。編集者としての新しいキャリアプランだと思います。