36歳で平社員入社、PCすら与えられなかった

森川亮氏:当時前職は30名ぐらいの赤字の会社で、ちょうど渋谷の雑居ビルにあったんですけれども、なんとなく魅かれて入りまして。平社員で入ったんですけれども。

平社員で入って最初の1週間ぐらいは新しいコンピュータは買ってもらえずに。今でも覚えてますけども「企画書を作るのに新しいソフトか何か買ってくれ」みたいな話をしたら、「森川君は稼いでないから自分で何とかしてください」みたいな。

フリーウェアで作って。今はいい思い出なんですけどね。当時36歳で平社員で入ってそんな目に会うと辛かったですよね。

そこからちょっと頑張りまして。そしたら社長が事業責任者やらないかと言うことで、2003年の7月くらいからですかね。そこからずっと前職は事業責任者をやりました。最初はハンゲームという事業をスタートしまして。当時年間2億円から3年で80億円ぐらいまで伸ばしてきて、社長になったのが2007年で。

そこから検索の事業NAVERという事業をはじめまして、さっきあったNAVERまとめとかいろいろあったんですけれども。livedoorと一緒にやってました。

震災がきっかけで生まれたLINE

2011年に震災があって、LINEというサービスが生まれました。僕が前職でやっていたことは、コミュニケーションというものをいかに楽しく、いかに便利にしていくかっていうことに集中をしておりました。

あまり多分皆さん詳しくないと思うんですけれども、ハンゲームという事業は実は2000年に始まった事業なんですけど、世界で初めてのソーシャルゲームの事業なんですね。

アバターのビジネスモデルというのは世界で1番規模が大きくて、それを見てGREEさんとかモバゲーさんが事業開始したくらい。そういう走りだったということもありますし。

また、検索のほうもソーシャルサーチという分野を作った事業でして。検索というと、やっぱりGoogleさんのイメージがあると思うんですけれども、Googleさんというのは既にネット上にあるものを集めてきてデータベース化するわけなんですけど、僕たちはネット上にない情報をいかに作るのか。

それを質問に対する答えというものをうまくまとめて、検索の精度を上げる。そこにNAVERまとめのような、キュレーションサービスを乗せていって。そこで今までにない人間の知恵をどう高めるかというものを事業としてやっていました。

検索としてはなかなかうまくいかなくて。それが幸いとしてスマートフォンに集中する中でLINEというものが生まれました。

LINEは今でも忘れないんですけども、震災があって会社をいったん閉じて、福岡に一部のメンバーが避難したんですよね。東京に戻ってきてからもどうしようかという話をしてたんですが、たまたまその時TwitterとFacebookと盛り上がってまして、LINEも最後の賭けみたいな形で検索やめるか、今回のプロジェクトにかけようかという中で、LINEというものを1カ月間で出して。

それが出して1、2週間でものすごいユーザーの伸びだったんですね。ここまで伸びるとは思わなかったんですけれども、確実に来るなという確信を持ってそれが本当順調にここまで伸びてきた、と言うふうに思いました。

外国人社員のマネジメントの難しさに苦悩した

結構会社は大変だったんですね。僕自身日本の会社が長いのが、韓国系の資本の会社に入って外国人が結構多くて、当時で3割ぐらい外国人で。特に日本の方の仕事のスタイルというのは、世界的に見ても非常にレアな人材かなと思うくらいいろいろ難しい点がありました。

例えば細かいレポートみたいなものって、結構皆さん嫌がるんですよね。日本の人ならレポートを作って朝礼をして、そういう皆で一緒に同じことをすることが好きだったりすると思うんですけれども。

海外の方というのはどちらかというと自分のスタイルでやって、その代わり結果にコミットするようなそういう部分があって、どういうふうにマネジメントしたらいいのか、日本企業で働いて、大学院で経営を学んで、盛和塾というところでも経営を学んだりとか。

いろんなスタイルを学んだんですけど、やっぱり外国人というのは日本のマネジメントスタイルに合わないという中で、自分なりに悩んだところもありました。

ITは日本の大企業となじまない

また、IT産業というのも非常に変化が早くて、いわゆる日本の大企業的なものってやっぱりなじまないですよね。

日本の場合は、育ててそれをマニュアル化してコストダウンしてみたいな感じなんですけれども、育ててる中で世の中の流れが変わっちゃうので、育ちきらないみたいなことがあって、それをどういうふうに変化について行けるのかみたいな、そんなようなこともいろいろ悩みながら。

とにかく変化とかスピードとか、そういうものとどう向き合うかということでしか競争力の源泉はないんだよというふうに感じまして。本にも書いてあるんですけれども。

今圧倒的に変化のスピードが速いと。これはもう実は、歴史のいろんなタイミングで今の時代はすごく変化が速いというふうに言われてるらしいですよね。それはなんかこう、今の若いやつはけしからんみたいなことも一部書かれているらしいですけれども。

ただその変化の加速度がものすごく速くなったと。これは技術的にも証明されているんですけれども、今もうデジタルの時代になって、ネットワークの時代になると、チップの性能のスピードに社会の変化が連動してるんですよね。

進化のスピードっていうのは高まっているわけですから。僕の感覚で言うと、ここ5年ぐらいで、もう人間の処理能力を超えてしまったんじゃないかというふうに思っています。

予測不可能な時代に必要なのは、変化への適応力

5年ぐらい前だと5年後、10年後予測する人っていましたよね。予測本が出たり。今そんな本、どこからも出ないですよね。もう予測できないということなんだと思います。

もちろん人口の予測とか、いくつかあると思うんですけれども。世の中がどう変わるのか、人の価値感がどうなるのかなんてことを予測する人は、もうほぼいない。いたとしたら、その人はあやしい人だと思ったほうがいいくらい、もう予測できなくなったのかなと思います。

こういう時代には何が必要なのかということなんですけれども、僕なりに考えるのは、予測ができないからこそ、変化があった時にどれだけ早く変化に対応できるか。これしかないんじゃないかなと思います。