モノづくり頑張っている人募集

栗林和生氏(以下、栗林):今日は「モノづくり頑張っている人募集」というテーマで集まって頂きました。テーマ別の交流会「リクトーク」です、よろしくお願いします。

そもそもまず誰やねんという話があると思いますので、自己紹介させてもらいますと、今僕はリクルートホールディングスの新卒採用担当人事をしております、栗林と申します。新卒採用といいますと、エントリーシート締切間近ですのでこのイベントの後は是非提出のほどよろしくお願いします!(笑)2009年入社なので、7年目の分社化する前の株式会社リクルートで採用されました。僕は元々は営業だったんです。

僕はやたら黒くて、よく日サロに行っていると言われていますけど、一切行ったことはございませんので、まじめに運動しているから肌が黒いと。30近くなって肌が黒いと大体イメージが悪いと。年を重ねて肌が黒いと、大体言われるので皆さん気をつけください。

というところで今日ですね。ファシリテーターとかって言ってますけど、基本的にはサポートをさせてもらえればと思っています。本日みなさんには思う存分共通点を持った仲間や先輩と話していただきたいです、よろしくお願いします。

週末はカバンブランド"蝉 semi"で活動

栗林:それでは早速お2人にちょっと自己紹介していただければなと思います。鹿毛さんからよろしくお願いします。

鹿毛雄一郎氏(以下、鹿毛):はじめまして。鹿毛です。よろしくお願いします。僕は今リクルートライフスタイルの新卒で5年目になります。

ライフスタイルに入る前は慶應のメディアデザイン研究科というところでデザイン思考という、あとはイノベーションを起こすための授業とかを受けながら、モノづくりをしていました。

navinkoと書いてあるロゴのが研究員、研究室のところで作っているものですが、街を歩いていたり自転車に乗ってるときに、今自転車乗っているときはイヤホンをつけちゃいけないんですけど、イヤホンをつけていて、いろいろ音が聞こえてくるとか、自分が好きな場所とか、友達の好きな場所とかから、メロディーが聞こえてくるというこの辺におもしろさもあったりとか。

音と音が連なっていって、街を音を通して楽しめるというのを作っていました。これもコンセプトだけじゃなくて、実際にiPhoneアプリを作ってリリースして、実際に使ってもらってそこから検証して改善するという。

このアプリを使ってデザイナーズウィークというのが毎年秋にあったりするんですけど、そこで一緒に協力してデザイナーズウィークでnavinkoを使って東京のいろんなインテリアショップとか、デザイン系のショップを回ってみましょうというのを大学院の時にやりました。

そのころから、"蝉 semi"っていうカバンのブランドをはじめて、僕は週末、1人メインで平日から"蝉 semi"の活動している仲間と一緒に活動しているのですけれども、何をやってるかというと屋外の広告とかを使ったかばんを作っているのですけれど。

最近去年の12月に蒲田に店を作って週末はそこに行って、僕はメインではWeb周りの整備をしたりとか、イベントの準備をしたりとか、新しいプロダクトのデザインを一緒に考えたりとか、みたいなことを週末にやっています。

リクルートでは、初めはポンパレとかポンパレモールの立ち上げをやらせていただきました。そのときはフロントエンドというかWebページのデザイン部分を300から400画面ぐらい、僕ともう1人と2.5人ぐらい。半年ないし、8カ月ぐらいで作りきりみたいなことをしました。

今は「Airレジ」というサービスのUXデザインとか、ユーザーのところにヒアリングに行って、そこから何か改善できるところはないか聞いて、実際に改善するポイントを機能に落として、デザインをして開発を動かしてリリースをするということをやっております。

今日は"蝉 semi"のことでも、今働いていることでも、学生時代に何をやっていたかということでも何でもお答えします。よろしくお願いします。

栗林:これ写真でもらったのですけれども。鹿毛さん。

鹿毛:これがさっきも話したんですけど、蒲田の"蝉 semi"のお店で、パノラマでカメラマン1人の時の写真でだいたいどれぐらいだろう、7畳×2みたいな、それよりもうちょっと広いみたいな感じの、ワンルームの部屋を2つぶち抜いて、1つのお店にして。

ここくると、さっき話していた素材をそのまま手で触って、伸ばして広げてこことここを組み合わせて鞄を作ったり、オーダーも受け付けています。もしかばんが欲しくなったら蒲田まで是非来てください。

栗林:これは目の錯覚ではなくて、こんな形のおしゃれなオフィスなんですか?

鹿毛:これは全部パノラマで撮ったものを全部くっつけてるんです。

栗林:このオフィスは皆さん蒲田にありますので。帰りによかったら。もしかしたら割引がきくかもしれないのでよかったら来てください。

入社4年目で自分のビルを購入、インテリアデザインの事務所にしている

栗林:内山さんお願いします。

内山賢一氏(以下、内山):内山です。よろしくお願いします。

僕はもともと学生時代、建築学科に所属していてですね。そんな中で椅子のデザインとか映像のデザインとか、そんなデザイン理論を勉強していて、イームズというデザイナー知っていますか? この椅子を作っている人。カフェとかにあるじゃないですか。

50年以上前のアメリカのデザイナーなんですけれども、この人の研究を僕はずっとやっていて、この人は建築家なんですけれども、椅子を作ったりとか映画を作ったりとか、教育とか企業のブランディングとかをやってきた人で、その人の研究をずっとやってました。

それもあって、リクルートに入ってやった仕事というと、リクルートで2つあるんですけど、新卒2年目のときにSUUMO(スーモ)という不動産サイトの立ち上げのサービス設計を最初3人でやったんですけど、そのうちの1人をやらせていただいて。

あとはその中ではサービスの設計だったりとか、緑色にしようという話だったりとか、2年目なのでやったところの範囲は知れているんですけど、画面の設計はひと通りやらせていただきました。

それ以降ですね。大体50サービスぐらい。ちっちゃいのもでかいのもあるのですけども。リクルートのサービスの新規の立ち上げだったりとか、あとは大規模なリニューアルとか。リクルートのメディアの仕事って、もちろんいろいろあるんですけど、その中でも僕は比較的新規サービスの立ち上げだったり、がらっと変えたりするような仕事をよくやってます。

ダブルワークのほうは学生からずっとやってるデザインのスタジオがあって、そこでインテリアをやったりとか、企業のサービスブランディングをしたりとか、比較的リクルートとダブルワーク半々ぐらいでやっている感じですね。マインドシェア的には。

京浜急行線って知っていますか? 赤い電車。僕はあの町沿いに地元があって、今のオフィスとか自宅もそこにあるんですけど、将来はあそこらへんを盛り上げたいなと思って、結構いい場所なんですよ。

でもブランド的に全然イケてなくて、なのでもうちょっとブランディングとかうまくいけば地元が盛り上がるなと思って。将来町のブランディングとか、あとは企業ブランディングみたいなことをやりたいなと思っていますね。

インテリアをやってるんですけど、これが僕の家で、入社して4年目のときに家を買って、ちっちゃい4階建てのビルを買ってですね。3、4階は自宅のオフィスにして、ここは2階なので自分の家なんですけれども。なので4年目で買ったから、皆さんも4年後ぐらいです。その時に買えるんですよ、別にローンを背負えば(笑)。

これは部屋ですね。こういうのをやってて。インテリアも、これは自分の家ですけど、こういうの人のお店でやったりとか、メディアを設計したりとかいろいろやっています。ちなみにこの家は今、雑誌に出ていますが、是非お買い求めいただければ思います。

そんな感じで、ありがとうございます。

サービスからデザインまで、様々なモノづくりを行っている参加者達

栗林:お2人とも最後は自分の紹介をするというところで始めております。次はせっかく来てもらった参加者の自己紹介をしたいなと思っています。

今回「モノづくりを続けたい人募集」となっているので、どんな物をつくってきたんだっけっていう話と、こんなこと聞いてみたいですといった話を、自己紹介を兼ねて話をしてもらえればと思います。

参加者1:こんにちは。今学部の4年です。大学の研究室はメディアデザイン研究所ということで、先ほどおっしゃっていたところと場所が似ているような気がしているのですけれども、学部4年なのであんまり専門的な技術のほうはないです。

去年まで、大学の音楽サークルの運営をしていまして、そちらでいろいろ作るみたいなことをしていました。

例えば高齢者用の施設で演奏会をするときに、耳が聞こえない人がいるから、演奏中の曲の音を見えるようにして、映してやろうみたいなことやってたりとか、サークル内で作ることをやっていました。いろいろお話を聞ければと思っています。よろしくお願いいたします。

参加者2:初めまして。私も学部4年です。私は大学時代デザイン思考を研究するゼミに入っておりまして、そこで企業と共同でサービスなどを考えていました。あと現在は、BAPAというクリエイティブスクールで、虹のコンキスタドールっていうアイドルがいるんですけども、その今の演出みたいなものを考えています。

このイベントでは、作る側の人たちが、どういう思いでリクルートさんを選んだのかっていうところを深く聞けたらと思っております。よろしくお願いします。

参加者3:こんにちは。初めまして。皆さん、大学生だと思うんですけども、僕は大学4年間通って現在、専門学校に通っております、

現在は専門学校でWeb技術を学んでおります。その画面設計のフロント部分のほうに携わっていて、趣味でアーティストサイトであったり、映画サイト、そんなようなものを自分で作って、デザインをちょっとやらせていただいております。

本日のイベントで期待していることは、お二方の学生時代、将来の目標であったり、そのビジョンっていうものをちょっとお聞きしたいなと思っております。

僕も社会人になるに当たって、大きな目標があります。その社会人になってからであったり、今の学生時代にどう取り組んでいけばその目標を達成できるのかっていうのが、これが正解なのかであったり、これが正しいのかっていうのがちょっと僕自身も今あやふやなので。

ぜひお二方に学生時代、将来の目標ビジョンに対してどうしてリクルートが必要だったのかであったり、今現在その目標に向かってどう取り組んでいるのか、っていうのをお聞きして、参考にさせていただきたいなと思っております。本日はよろしくお願いします。

参加者4:はじめまして。私は元々は美術大学のファッション科で研究をしておりまして、服をずっと今も作っています。今使っているものを紹介させていただきますと、服と手紙を融合した「ふくてがみ」っていうものを作っておりまして、ただ服なので物なんですね。

物って正直あまり儲からない商売でもあるし、影響力とかもすごく少ないなっていうところから、今メディアデザイン研究科というところで、ITの勉強をしています。服と組み合わせてっていうことをやっていきたいなと思って、こちらに参加させていただきました。

今回いろんな素敵なテーマがある中で選ばせていただいた理由として、"蝉 semi"というブランドを見させていただくと、すごくアナログなことをされていらっしゃると思うんですけれど。そことこのリクルートっていうITを使ってっていうところで、すごく反対の思考をもっていらっしゃるのかなと。

その中で、どのようにリクルートの中での仕事を将来に役立てるというか、リクルートという会社で行われているのかっていうところとかもすごく興味があって、来させて頂きました。

参加者5:はじめまして。私は今年大学5年生で、去年1年就職活動の時にWebデザインに興味を持って、去年の夏ぐらいから講座に通ったりして、アルバイトしたりインターンに行ったりっていうのをしてました。

今はUXデザインっていうところにちょっと興味があって、人間中心設計っていうHCDの専門家の方がされている勉強会に参加していて、そのプロセスを使ってWebを最初から作ってみようというのを今やってます。

このイベントに期待していることなんですけど、ちょっと今HCDというか、そのUXデザインを手探りでやっているので、ちょっとまだわからないところとかあって、そういうお話をいつもどういうふうにされているのかなっていうお話を聞けたらなっていうのと、周りにWebデザインをやっている友達が少ないので、そういうつながりもできたらいいなって思って参加しました。よろしくお願いします。

モノづくりは社会にどういった影響を与えられるか?

参加者6:私も今学部の4年で文学部の社会学科に所属しておりまして、多分この中で唯一、エンジニアでもなく、デザイン系でもないっていう人間だと思います。

今まで自分が作ったものなんですがIT企業でアルバイトをしておりまして、女子中高生向けのブログサービスを担当しておりました。具体的に何をやったかというと、サービスの方向転換を大きくしまして、元から普通の女子中高生向けだったアプリを、芸能界を目指す子向けっていう方向に大きくリニューアルしました。

今日のイベントに期待していることなんですが、モノづくりが人や社会にどういった影響を与えられるかをお2人がどのように考えているかと、実際にリクルートさんの中でお仕事としてそれをどうやったのかについて詳しく聞きたいと思っています。よろしくお願いします。

参加者7:僕もデザイン思考を用いて実際にモノづくりをして。実際にデザイン思考という考え方に基づいてどういうものを作ったかといいますと、人々は今、健康的じゃないと。健康寿命がすごく短いという問題に対して、すごいユーザーの観察を繰り返して、手洗いがまずできていないということが問題じゃないかなというようなインサイトにたどり着いて。

じゃあみんなに手洗いをさせるためにどうしたらいいかということで、最終的にはアルコールディスペンサー、実際後ほどお話ができる時間があればお見せできればいいなと思ってるんですが、そういうアルコールディスペンサーを作って、まあそういうガチのハードを作りました。

そこで考えたことが、すごくUXというのが重要で、モノづくりというのはすごく体験作りだなというのはそこで感じたので、UXの専門であるお2人にモノづくりにおいてのUXの立ち位置とソフトとハードのモノづくりの違いや共通点などについてお考えを聞かせてもらえると嬉しいなと思っています。よろしくお願いします。

参加者8:私の作ったサービスとしては、携帯辞書アプリケーションや、Webサービスなどを作りました。私もUXデザインに興味があり、デザイン思考を使ってます。不便だけど使って楽しいというアプリケーションを作りました。

例えば、その携帯辞書アプリケーションで言えば、登録した文字が昔のものは逃げていって、忘却曲線に沿って逃げていくんですよ。それを辞書中でクリックして戻して、頭の中に定着させるっていうのを発表しました。

そしてこのイベントで期待していることは、UXデザインされているお二方から、デザインする時にどのような点を注意して、どのような設計をされているか、プロの方にお話をお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。