キャリアへの危機感から不安な日々を過ごす現代人

アラン・ド・ボトン氏:キャリアへの危機感は、たいてい日曜の午後、日が沈み始めると私のもとを訪れます。理想の自分と、実際の自分とのギャップに落胆し、枕を涙で濡らすはめになります。

こんな話を公の場で披露するのは、これは何も私だけの問題ではないと思うからです。そんなことはない、と言う人も中にはいるかもしれませんが、私たちは、自分のキャリアへの危機感に人生をたびたび妨げられる時代に生きているのです。

よく知っていたはずの自分の人生やキャリアが、現実の脅威に直面する時があります。現代のほうが、より快適な暮らしができるのかもしれませんが、キャリアの不安から解放された、落ち着いた暮らしを送りにくい時代なのかもしれません。

キャリアについて、なぜこんなにも不安があるのか、なぜキャリアへの危機感の犠牲になって、枕で声を押し殺して泣くはめになるのか、その理由を探りたいと思います。

社会的ヒエラルキーによって、相手に注ぐ時間や敬意を調整する人々

この苦悩の原因の1つとしては、私たちが俗物に囲まれ過ぎている、ということが挙げられます。海外からオックスフォード大学へ留学する皆さんには、悪いニュースがあります。俗物根性が大変はびこってしまっているのです。

英国外から留学して来る人は、俗物根性というものは英国独自の現象であり、貴族の館や称号、固有のものだと考えているようです。しかし悲しいかな実態はそうではありません。俗物根性とは、地球規模の現象です。人類は地球上どこにでもいます。つまり俗人は世界中にいます。

では、俗物根性とは一体どんなものでしょうか? 俗人とは、あなたのごく一部を取り上げ、それがあなたの全体だと見なす人を指します。

今日最も幅を利かせているのは、職業に対する俗物根性です。例えばパーティに行けば、「あなたの職業は何ですか?」といった、21世紀初頭の因習的質問をされることにより簡単に体感できます。

相手があなたに会えたことを喜ぶか、腕時計を見て用事を思い出して去るかは、皆さんの答え如何によります。

(会場笑)

さて、俗物根性の対極にいるのは、私たちの母親です。私の母も含めて、特に母親である必要はありません。いわば理想の母親のように、その人の達成した業績を気にかけない人がそうです。しかし残念なことに、世の中のほとんどの人は、私たちの母親ではありませんね。

多くの人は、私たちが社会のヒエラルキーで占める位置によって、私たちに注ぐ時間や愛情、敬意などを情け容赦なく調整します。ここで言うのは、ロマンティックな愛情ではなく、一般的な愛情です。ロマンティックな愛情も、もちろん大切なものです。

モノを獲得することは心への報酬である

だからこそ私たちは、自分たちのキャリアを非常に気にし、モノに凝りはじめます。私たちは、モノの時代に生きていて欲望に満ちている、などとよく言われます。しかし私は特に、私たちが特に物質主義だとは思いません。

思うに、私たちはモノを獲得することを、心への報酬とみなす社会に生きているだけなのではないでしょうか? 私たちはモノが欲しいのではなく、報酬が欲しいのです。

これは贅沢品に対する、新しい物の見方です。今度フェラーリを運転している人を見かけたら「ああ、この人は欲張りだな」などとは思わずに、「この人はとても傷つきやすくて、愛情を必要としているのだな」と考えてあげてください。

(会場笑)

軽蔑ではなく、同情をしてあげてください。

近しい存在ほど生まれる妬みの感情

昔に比べて、落ち着いた気持ちでいられない時代になったのには、また別の理由があります。これは逆説的にも、私たちが持つキャリアへの希望という、前向きな要素と関連して来ます。

人の一生のうちで達成できることへの期待感が、これまでとは比べ物にならないくらい高まっています。様々な媒体が「やりたいと思えば何でもできる」というメッセージを発信します。カースト制は葬られ、行きたいと思った階位にどこへでも行ける仕組みになっています。

これは平等の精神に基づいた、素晴らしいありかたです。私たちは根本的に平等なのです。厳密に確定されたヒエラルキーなどは、存在しないのです。

大変大きな問題が、1つあります。それは羨望です。羨望について話すのはタブー視されていますが、現代社会の感情において大きな割合を占める感情は、羨望です。そしてこれは、平等の精神と関連します。説明しましょう。

さて、この会場にいる皆さんや、動画を視聴している皆さんが、英国の女王を妬ましく思うことは、あまりないと思います。女王には皆さんの誰よりも資産があり、広大な邸宅を所有しているにも関わらず、です。

私たちが彼女を妬むことがないのは、彼女が特異な存在だからです。女王は、あまりにも異質で、私たちは繋がりを持つことができません。女王の話し方は独特で、特異な世界にいます。だから、私たちが繋がりを持ちたくてもできないのです。繋がりのない人を妬むことはできません。

人間が2人いれば、年齢、家庭環境、性格形成の過程などが近ければ近いほど、妬みの感情が発生する危険が高まります。ですから、同窓会などには決して出席してはいけません。同じ学校に通った人間ほど、基準が近い者はいないからです。

現代社会に話を戻しますが、この場合は世界が1つの学校のようなものです。皆ジーンズを履いていて、似たような格好をしていますが、同じではありません。

ここには平等の精神で結びつけられた、深い差異が存在します。とてもストレスフルな状況です。

自分のキャリアに対する希望が、他人への嫉妬につながる

現代において、ビル・ゲイツのようにお金持ちで有名になるのは、17世紀にフランスで上流の貴族階級を継承することと同じくらい難しいことです。

問題は、そのような納得がうまくできない点にあります。雑誌など様々なメディアからの影響により、エネルギーがあって、テクノロジーについていくつかアイデアを持ち、ガレージがありさえすれば、自分にだって大きなことを始めることができる、と思い込んでしまうのです。

(会場笑)

本屋に行ってもこの問題を実感することができます。大きな書店へ行き自己啓発本のコーナーを見れば、私もよく見るのですが、世界で出版される自己啓発本には、大きく分けて2種類あることがわかります。

一方は、「あなたにはできる! あなたならできる! 望めば叶う!」といった類のもので、もう一方は、穏便に言うところの「自信のなさ」や、端的に言う所の「ダメな自分」にうまく対処する方法について書かれた類のものです。

やろうと思えば何でもできると示唆する社会と、自己肯定感の低さの間には、明らかに相関関係があります。非常にポジティブな内容には、時にひどい反動がある、という良い例です。

成功も失敗も全て自分のせいだと考えてしまう

自分のキャリアや、世界で自分が占める地位について、私たちがかつてないほどに感じる不安には、もう1つ原因があります。これもまた、とても素晴らしい概念と関係があります。素晴らしい概念とは、実力主義社会です。

保守・リベラル双方の政治家など全ての人は皆、実力主義社会は良いものだという点で合意していますし、真の実力主義社会を達成するべきなのは事実です。

では実力主義社会とは、どのようなものでしょうか? 実力主義社会とは、才能、エネルギー、技術がある者が頂点に行ける社会です。そしてそれを止める権利のある者はいません。素晴らしい考え方です。

問題は、頂点に登る価値のある者が頂点に行く社会では必然的に、そしてなんともいやらしいことに、底辺に行くべき者は底辺に行き、そこに留まるべきだ、と考える社会でもあることです。

つまり、自分の人生での地位は偶然によるものではなく、自分の価値に相応であるということになり、失敗が非常に重いものとなります。

中世イギリスでは、極貧の人物は「幸薄い」と表現されました。つまり、文字通り幸運に恵まれず、運がないことを意味します。現代、特にアメリカにおいては、社会の底辺にいる人物は、意地悪くも「負け犬」と呼ばれます。

「幸薄い人物」と「負け犬」とでは、大変な隔たりがあります。400年間の社会の変革が、人生の責任を負うべき対象を、神から自己へと変えました。運転席でハンドルを握っているのは、私たち自身なのです。

これでは、うまく行っている時には気持ちが浮きたちますが、そうでない時の落ち込みはひどいものとなります。

エミール・デュルケイムなどの社会学者の分析によれば、これは最悪の場合には、自殺率の増加につながります。

個人主義の発達した先進国では、そうでない国より自殺率は高く、これは自分の身に起こることが、自分のせいだと決めつけて考える人が多いためです。成功は自分の手柄ですが、失敗もまた自分の所為なのです。

「人の真の価値は決してわからない」

では、私があらましを語って来たこれらのプレッシャーから逃れるすべはあるのでしょうか? おそらくあるでしょう。いくつかをご紹介しましょう。まずは実力主義社会について考察しましょう。

人が、自分に相応な場にいるべきだということであれば、私はそれはとても異常な考え方だと思います。それなら、保守であれリベラルであれ、中庸で妥当な実力主義政策を推す政治家を支持します。そういう意味では、私は実力主義者かもしれません。

しかし、真に実力主義の社会を作るのは完全に常軌を逸した考え方で、実現不可能な夢物語です。人が文字通り階級分けされ、優良な者が頂点にいき、劣悪な者が底辺にいくべきだ、とする社会の実現は不可能です。

ランダムな要素が多すぎます。事故が多すぎます。誕生時の事故や、頭の上に何かが落ちて来る事故、疾病などが絡み、人を相応に階級分けすることなど決してできません。

私は、アウグスティヌスの『神の国』の美しい引用句に心惹かれています。

「階級により人を裁くことは罪悪である」

現代英語に訳すと、「相手の見方を、名刺の肩書に左右されることは罪悪である」ということになります。

見るべきものは、相手の肩書ではありません。アウグスティヌス曰く、人をあるべき場所に仕分けてよいのは、天が開き天使がトランペットを吹きならす、最期の審判の日の神のみです。

私のような世俗主義者からすれば異常な考え方ですが、そうだとしても、とても価値ある考えのように思います。

他人について判断を下す時、一歩立ち止まって考えてみてください。人の真の価値は決してわかりません。そんなものはわかるはずもないのです。ですから、あたかもわかるかのように振る舞ってはいけません。

とらえ方ひとつで、悲劇『ハムレット』も「負け犬」扱いに

私たちに安心と慰めをもたらす考えは、もう1つあります。

人生の失敗について考える時、私たちが恐れるのは、収入面での損失だけではなくステータスの損失です。他人による批判と嘲笑が怖いのです。

現代、嘲笑を司る1番大規模な組織は、新聞です。広げればいつでも、人生をめちゃくちゃにしてしまった人々についての記事がたくさん載っています。人々は、ふさわしい相手と寝なかったり、よくない薬物を摂取したり、誤った法案を承認しては、嘲笑されます。言いかえれば彼らは失敗し、「負け犬」と呼ばれます。

他にはどんな表現があるでしょうか? 西洋の古い言葉には、輝かしい「悲劇」という同義語がありますね。悲劇作品は、紀元前5世紀の古代ギリシャの劇場で発達しました。人間の失敗をなぞらえる芸術の形の1つで、失敗した人間に対し普段の生活では与えられないような同情心を喚起させます。

何年か前、私がこのようなことを考えていた時に、『サンデースポーツ』という、あまりお勧めできないタブロイド紙の発行元を訪ねたことがありました。西洋芸術の悲劇の傑作のいくつかについて話をして、土曜の午後のニュース担当デスクにニュースとして扱われるようなこれらの物語の骨子を、彼らがどのように捉えるかを知りたかったのです。

私は彼らに『オセロー』について話しました。彼らは初めて聞いたが素晴らしい物語だと言いました。

(会場笑)

私は、彼らに『オセロー』をニュースとして見出しを書いてみてほしい、と頼んでみました。「愛に狂った移民、元老院議員の娘を殺害!」という見出しが躍りました。

『ボヴァリー夫人』のあらすじを話すと、彼らはこれも初めて知った、とてもおもしろいと言いました。

「買い物依存症の不倫妻、欺瞞の借金発覚! ヒ素で服毒自殺」

彼らはある種の天才ですね。

ソフォクレスの『オイディプス王』は「ママとわけもわからずセックス」で、私はこれには感銘を受けました。

(会場笑)

同情心の光スペクトルの一方の端にあるのが、タブロイド紙です。もう片方の端にあるのが、悲劇や悲劇を元とした芸術作品です。私は、皆がもっと悲劇作品を勉強するべきだと思います。『ハムレット』を「負け犬」だなどと言う人はいません。

彼は人生に負けはしましたが、負け犬ではありません。悲劇作品が私たちに伝えるこのようなメッセージは、極めて大切なものなのです。

人類以外の何かと繋がることはとても大切な要素

現代社会が私たちを不安にさせるもう1つの要因は、社会の中心に、非人間的な物が何もないことです。

私たちは人間以外を崇めることのない、最初の社会です。人間を尊び、それが当然であると思っています。人間を月に送るなどの偉業を次々と達成し、人類を至高の存在だと考えています。

私たちが崇めるのは、常に人間のヒーローです。これはかつてない状況です。多くの社会において中心として尊崇されるのは、神、精霊、自然現象、宇宙など、卓越した存在です。何であれ、人間以外のものが崇められていました。

今の私たちは、その習慣が少しばかり廃れて来ているようです。だからこそ、私たちは自然に強く惹かれます。これはよく言われるように、健康のためだけではありません。人類のアリ塚のような混沌や争いごと、人間ドラマからの逃走なのです。

氷河や海を眺めて楽しんだり、宇宙から地球を考察するのは、人類以外の何者かと繋がっていたいからで、それは私たちにとってとても大切なことなのです。

さまざまな場所から刷り込まれる「成功」の定義

これまで話して来たことは、成功と失敗についてです。さて、成功についてですが、興味深いことに、私たちは成功が何であるかを知っていると思い込んでいます。

もし私が、垂れ幕の向こうにとても成功した人物がいる、と言えば、皆さんはその人物はきっとお金持ちか、何らかの分野で名声を獲得した人に違いないなど、似たようなことを即座に考えるでしょう。

私にも、とても成功したいという欲求があります。常に「どうしたらもっと成功できるか?」と考えて来ました。しかし、年をとるにつれ、私の「成功」の定義が微妙に変化して来ました。

「成功」についての私の考察ですが、全てのことで成功するなどということは不可能です。ワーク・ライフ・バランスなどという言葉をよく耳にしますが、そんなものはナンセンスです。すべてを手に入れることなどできません。どだい無理なのです。

ですから、どんな成功にも必ず損失という要素があり、何かしらの損が発生することを認めなければなりません。

成功しない物事が必ず存在するということを、賢い方であれば納得していただけると思います。

成功した人生、という概念については、多くの場合、自分たちの頭から出た考えではないことがあります。他の人たちから成功像が刷り込まれるのです。男性であれば、父親から、女性であれば、母親からです。

精神分析学者は80年来そのようなメッセージを発信していますが、多くの人は真面目に取り合いません。しかし私は、これは真実だと思います。

また、様々なメッセージがテレビや広告、マーケティングなどから刷り込まれます。これらは、自分がどうありたいかを定義付け、自画像を決める、巨大で強大な力です。

銀行家が「尊敬すべきプロフェッショナルである」と言われれば、多くの人が銀行業に就きたいと願うでしょう。銀行業が「尊敬に値しない」と言われるようになれば、皆が銀行業に興味を失います。私たちは、他人からの提案に極めて流されやすいのです。

自分にとっての成功を再確認すべき

私は別段、成功の夢をあきらめなさい、と言っているわけではありません。自分が願う成功とは、自分にとっての成功であることを確認するべきだ、と言っているのです。

自分のアイデアを熟慮して、それが自分自身の考えであるか、自分の野心の真の作者が、本当に自分自身かを確認すべきなのです。さもなければ欲しい物が手に入らないばかりか、もっと悪いことにずっと求め続けて人生の旅の終わりに手にしたものは、結局のところ欲しくもないものだった、ということもありうるからです。

さて、そろそろ話を終わりにしましょう。要するに私が話したかったことは、成功についてです。様々な人が語る異質な考えを受け入れましょう。成功の概念とは何かを探りましょう。成功とは何かという考えが、自分自身のものかどうかを確認しましょう。ありがとうございました。