「どう生まれたかではなく、どれだけ価値のある人間になれるか」 片足のレスリング全米チャンピオンが語ったこと

Robles Acceptance Speech at ESPY Awards (Jimmy V Award)

片足の全米レスリングチャンピオン、Anthony Robles(アントニー・ロブレス)氏によるスピーチ。生まれつき片足のない同氏が、健常者の大会で勝者となるまでの軌跡を語りました。困難に立ち向かう不屈の精神を称えるJimmy V Awardを受賞した、彼からの力強いメッセージです。(Jimmy V Awardより)

母は片足の僕に「何事もあきらめるな」と教えた

アントニー・ロブレス氏:この場に立つことを、光栄に思います。今宵、僕たちがこの場にいることができるのは、おのが業績のゆえではなく、僕たちのために、犠牲を払い、励ましてくれた人々のおかげです。僕自身のために、犠牲になり励ましを与えてくれた人物、それは先ほどご紹介を受けた、母ジュディ・ロブレスです。

父は、僕が生まれた時に、僕たちの元を去りました。僕が、生まれつきの片足として生を受けた時、母は僕を養子に出すなどして、手放すことができたはずでした。しかし彼女は、そんなことはしませんでした。

僕には何事でもできるはずだと教え、できないなどと決めつけはしませんでした。苦痛や失敗から目をそむけず、強くあれと教えました。

僕が大学1年生になった時、母は病に倒れ、義父は家庭を去りました。一家は路頭に迷い、僕はレスリングを辞めて、働いて家計を支えようとしました。しかし母は、僕たち兄妹に、何事もあきらめるなと説きました。そのおかげで今日のこの場に、全米チャンピオンの僕がいます。

「どう生まれたかではなく、どれだけ価値のある人間になれるか」

世界最高レベルの教育を施してくれたアリゾナ州立大学にも、感謝を捧げます。僕をレスリングの道に導き、強く背中を押してくれた、友人クリス・フリージと、高校時代のコーチ・ボビィ・ウィリアムズにも、感謝の念を捧げたいと思います。多くの抱負を胸に、さらに前進するにあたり、皆さんにこのメッセージを贈ります。

「この地上に生を受けた者は、脚が1本であれ、2本であれ、困難と闘わなくてはならない。どのように生まれたかではなく、どれだけ価値のある人間になれるかです。」

「あえて困難な道を選べ。可能性を高めよ。苦痛の最中でも、僕は不平を漏らすまい。僕の魂は不屈だ。どんな敵にも恐れず立ち向かえ。僕にはそれが可能だ。何ができそうか、などとは考えまい。血と汗、涙を乗り越え進む僕を止めることは、なんぴとたりともできないのだから」

Published at

Robles Acceptance Speech at ESPY Awards (Jimmy V Award)

Robles Acceptance Speech at ESPY Awards (Jimmy V Award)に関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、Robles Acceptance Speech at ESPY Awards (Jimmy V Award)に関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?