橋本マナミは愛人というより爽やかなお姉さんだった

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):はあちゅうです。

霜田明寛氏(以下、霜田):しもやんです。

はあちゅう:いやー、一気に撮るっていうね。

霜田:撮るっていうね、感じでー。

霜田:ネタが何もないから、とりあえず僕の鞄の中に入っていた週刊誌を2冊出してみたっていう。

はあちゅう:『SPA!』と『プレイボーイ』。

霜田:どんだけゲス野郎だっていう。

はあちゅう:橋本マナミさん、このあいだ『スッキリ!!』のゲストで。

霜田:どうでした? この奇跡の方。

はあちゅう:なんかね、もっとエロエロの人だと思ったら、清純な感じだったの。

霜田:へー!

はあちゅう:愛人っていうテーマでやってたでしょ、キャッチコピーが。だから何かこうムッフンみたいな人が来ると思ったら、何かね「綺麗なお姉さん来たな」っていう。

霜田:へー!

はあちゅう:すごい朝から爽やかだったの。

霜田:そうですね、何か壇蜜さん的な感じかと思いきや、ちょっと違う感じなんですよね。

はあちゅう:後光が射してた。後ろにザッバーンってハワイの青い海が見えるような感じの、爽やかさがあった。

霜田:僕らのちょい上くらいですね。

はあちゅう:そうなんだ、上なんだ?

霜田:84年生まれって書いてあるんで……。

はあちゅう:じゃあ2つ上か。

『SPA!』の特集面がスゴイ

はあちゅう:『SPA!』が今回、特集すごくない?(笑)

霜田:この特集面で買いましたからね(笑)。

はあちゅう:ヤらせてくれる女……。あ、買ったの? 「ヤラセてくれる女」で(笑)。

霜田:どんなんなんだろうなっていう。もう毎回こういう『SPA!』の特集がある度に買って、全然ヤれない10年くらいなんですけど(笑)。

はあちゅう:そのおかげでねえ、『SPA!』という雑誌が成り立ってるんだろうね。

霜田:そうすね(笑)。欲望のある男達を……。

はあちゅう:『SPA!』、与沢翼すごい好きじゃない? なんで?

霜田:これ、ずっと追ってますからねー。

はあちゅう:(紙面を音読)「今の自分があるのは日本の皆さんのおかげと感謝しています」

霜田:与沢さんもこれくらいのインパクトも必要になるかもしれないですね。

はあちゅう:え? 与沢さん?

霜田:僕、早稲田の先輩なんで……。

はあちゅう:与沢さん? 私もYouTubeで共演したことがあってですね……。

霜田:へー!

はあちゅう:あれですよ、あのー、オンエアでは使われなかったんですけど、合コンに来た芸能人、某アイドルの名前とか教えてくれて「うわー、その人お金好きなんだなー」みたいな裏話を教えてくれていい人だった(笑)。

霜田:ちなみに僕も与沢さん取材させていただくことがあるんですけれど、身長が一緒くらいですごい親近感があります。

「与沢翼のメルマガ」は拒否できない?

はあちゅう:あーそうか。いい感じのさ、人なんだけどさ、私あの人のメルマガ登録した覚えないんだけど、ずーっと送られてくんの。しかも、どんなに迷惑メールボックスに入れても、違うアドレスからなのか、もう延々にすごい来るし、1日2回来るんだよね。

霜田:すごい(笑)。

はあちゅう:私ね、こないだハワイ旅行に行って、ハワイ8時間のフライトがあって、帰ってきてメールたまってるかなと思って見た らさ、ラインはいくつかあったんだけど、メールは与沢さんからだけで、コイツ何なんだと思って(笑)。

霜田:(笑)。

はあちゅう:大丈夫? 与沢さん食い込んでくるなと思って(笑)。

霜田:すごいですね、その拒否っても拒否ってもね、メーリスが来る感じの……。

「ヤらせてくれる女リスト」を読み解く!

はあちゅう:あ、これ何! 「ヤらせてくれる女リスト」

霜田:女リスト……。

はあちゅう・霜田:「浮き足上京型」!

はあちゅう:こういう女はAVにいっちゃうんですよ。

霜田:4月でね、地方から出てくる方……。「1人ハローワーク型」。

はあちゅう:就活に必死な女子大生、「1人ハローワーク型」。本当ですかねこれ、「就活に必死な女子大生は、人事の話を適度にちらつかせ、雑談混じりに口説け」。これアレじゃないですか、グレーゾーンじゃないですか?

霜田:確かに。

はあちゅう:「俺のコネがあるよ」みたいな。

霜田:あー、内定させるとは言ってないけども、匂わせるってことなんですかねー。

はあちゅう:で、「背伸び必死型」職場や異業種交流会で、他人と違う……そもそも異業種交流会にいい人なんていないよね。

霜田:確かに(笑)。

こんなはあちゅうの使われ方は嫌だ

霜田:特集で思い出したんですけど、この特集の、だいたい『SPA!』って毎回似たような特集するじゃないですか、1年前位にこういう「ヤれる女子分類」みたいなのがあって、「意識高い系」みたいなのがあって。

(はあちゅう、頭を抱える)

はあちゅう:私、名前出てたやつだよね(笑)。

霜田:そうそう、「はあちゅうに憧れてる女が多い」!(笑)

はあちゅう:「はあちゅうに憧れている、3流大学の女」って書いてあったね。

霜田:が、ヤれるって話ですよ(笑)。

はあちゅう:そうそう(笑)。「そんなところで名前使われるんだ」っていう……。

霜田:本人的にはどうなんですか?(笑)

はあちゅう:本人的には、誰かが教えてくれて「こんなはあちゅうの使われ方は嫌だ」って言って終わったんだけど……。

霜田:確かに(笑)。

はあちゅう:あの……、何なんだろうね?(笑)

霜田:もちろん、許可とってるわけでも何でもないですよね(笑)。

はあちゅう:そうですよ。まあね、有名人の名前なんて勝手に出していいからね。微妙な有名人になった……。

霜田:すごい、見て笑いましたね(笑)。

はあちゅう:私もそれ見て申し訳ないけど、まあ微笑んでしまったね(笑)。「なんだこれ?」って。

霜田:事実かどうかはわかんないですけどね(笑)。想定ですけどねー。

はあちゅう:ねー。「背伸び必死型」に分類されるわけですねー私は。「意識高い系」ですね(笑)。

霜田:意識高い系ね。

まずは分類する能力が必要

はあちゅう:「朝活や異業種交流会などの自尊心をくすぐるようなイベントだったら番号をすぐに交換する」そうかなー? どうなんだろ?

霜田:どうなんですかねー? 「勉強会があるから行かない」そっかー。

はあちゅう:ここでまず出会うってことだよね。

霜田:そうですねー。

はあちゅう:「浮き足上京型」「一人ハローワーク型」「背伸び必死型」……。何これ、「心機一転型」「メス豚願望型」。

霜田:んー。でもこれ、まずこう、見てこれに分類する能力が必要ですよね。

狙うべきは、夏より春?

はあちゅう:そうだね。何これ!

「女性が語る私が思わず発情した春の記憶。春は1年に1度のヤリマン期が訪れる季節です」

春ってそんな季節だったっんだ!

霜田:そうなんですか?

はあちゅう:29で知らなかった。

霜田:確かに。でも冷静にこれを言われてみると「夏より以外にあんじゃないかな感」はありますけどね。

はあちゅう:そう?

霜田:何かこう……「さあ!」みたいな。

はあちゅう:……。

はあちゅう:全然何の説明にもなってないですね(笑)。

一同:(笑)。

霜田:「さあ!」みたいな。

はあちゅう:そういう人いるよね、テレビによくさ、勢いだけで押すっていうね……。「上京したての頃は誘われるがままにヤらせていました」「解放感がヤバい」「春はアオカンのベストシーズンなんです」どうなんだ?

霜田:何でしょうね、夏だと薄着に慣れてる頃ですけど、こう冬が終わって、「さあ!」みたいな、こう、抑圧から解放された瞬間っていう意味はあるのかもしれないですけどね。

はあちゅう:うん……。

霜田:何か大体この時期の週プレとか見ると、パンチラ特集ですからね。

はあちゅう:あ、そうなんだ。へー。

霜田:「こういうシチュエーションが」みたいなね。

はあちゅう:夏は夏でさ、「さあヤろう!」みたいな特集やるんでしょ? 春に限らず。

霜田:「ビーチでナンパ」的なね。

はあちゅう:そうそうそうそう。

霜田:「夏になったら海でヤらせてくれる女の特徴」みたいなね……。感じになるんでしょうねー。

はあちゅう:え、これまだ読んでないんだっけ?

霜田:まだ読んでないです。

はあちゅう:そうなんだ。これをさ、霜田さんがこう舐めるようにこれから読むのかと思うと感慨深いね。

霜田:そうです。これからこう必死に読んで、ヤらせてくれる女を見分けたいと思います!

はあちゅう:じゃあ、引き続き『SPA!』を分析しようと思います。

霜田:ういーす。