「○○君にだけ京都弁っていうルールでいいかな?」 合コン上級者が使う、方言テクニックがあざとうまい

【ゲスアワーwithゲスト】元合コン王との合コントーク(後編) #1/2

恋愛トークなどで人気を集めるブロガー・はあちゅう氏と霜田明寛氏がゲスな会話を繰り広げる「ゲスアワー」シリーズ。今回は、元合コン王の羽馬氏をゲストに迎え、合コン上級者が使う方言で異性を落とすテクニックを紹介します。

「添い寝したい」という人は何が目的なの?

羽馬氏(以下、羽馬やん):結構、これ男の人やったらわかるかもしれないんですけど、女の子が家に遊びにくると、逆に抱かないと失礼なんじゃないかなって思いません?

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):わかる。それはそう思います。

霜田明寛氏(以下、霜田):え、僕そのシチュエーションがまずないので、分かんないですけど、それどういうことですか? 前提がまったく共有できないんですけど! 女の子が家にきちゃうって状況がまずないんですけど!

はあちゅう:私も、家に行くってのはそれなりの下心がね、いろんなケースがあると思うんだけど、それなりに下心があって、何も手を出されなかったら、私に何か原因があったんじゃないかと思う。

羽馬やん:そうですね。何かに魅力を感じないとか。

霜田:え、でも本当に好きな子だったらやんなくていいから、一緒に家にいて添い寝したい!

はあちゅう:添い寝とかしたことあります?

羽馬やん:添い寝好きですよ!

はあちゅう:初対面の子と添い寝だけで終わったこと……。

羽馬やん:それはよくわかんないっすね!

はあちゅう:わかんないですよね。何が目的なんですかね?

霜田:好きになりそうで、今後もしかしたらちゃんと付き合うかもしれなかったら、それは手出せなく無いですか?

はあちゅう;1回目が添い寝で終わったとなると、2回目、3回目、さてどこで手を出すのでしょうか? その後が苦しくなんないですか?

霜田:コスパがいい人たちですね、みなさん(笑)。徐々に添い寝、添い寝の後ツンツンするみたいな……。

はあちゅう:ツンツンして次は?

霜田:ソフトタッチ。

はあちゅう:それセックスまで10ステップぐらいある。そういうの必要ないよね。

ワンナイトの関係が続いて、モメたことはある?

はあちゅう:そういえば、ワンナイトの関係みたいなことが何度もあったとしましょう。重くなっちゃったりとか、トラブったこととかないですか?

羽馬やん:ありますね。だいたい、「付き合ってるんだよね?」っていう……。

はあちゅう:おー、重い女ですね!

羽馬やん:付き合ってるって言ってないのに……。

はあちゅう:え、じゃあそれはセフレ状態になっちゃったってこと?

羽馬やん:そうですね。

はあちゅう:どうやって切るんですかそれって。

羽馬やん:僕、だいたい付き合ってるっていっちゃいますけどね。

霜田:ズブズブじゃないですかそれって。

羽馬やん:そうなんですよ。ズブズブなんですよ。

はあちゅう:それはたくさん彼女ができちゃうってことですか?

羽馬やん:まぁそういうことにもなりかねない。

はあちゅう:なりかねないっていい言葉だね。私もこれから断言できない時、なりかねません! って(笑)。

霜田:テレビ出るときとかね(笑)。

はあちゅう:困った時は、なりかねませんね! って。

霜田:テレビのコメンテーターの1番よくないパターンですね(笑)。難しい問題ですねって言って何も言ってないみたいな。

はあちゅう:いいですね、そのなりかねません戦法。霜田さんは、そういう重い女パターンとか、困っちゃった系のことはないんですか?

霜田:今の話を聞いてて、複数付き合ってる人がいるみたいな状況になったことがなくて、重いとかを経験したことがないから、本当にいちから学びたい(笑)。

はあちゅう:ちょっと重い女をあてがいたいですね。

羽馬やん:そうですね。

霜田:いやいやいや、いらないです。

合コンテクニック「京都弁戦略」があざとうまい

はあちゅう:こないだね、京都弁戦略っていう戦略を教わったんですよ。とある合コン好きなお姉さん上司に。それは、男性は基本京都弁が好きである、京都っぽい雰囲気を出している女性が好きである。だから、京都出身だとか、京都の大学に行ってたとかを、さりげなくアピールしたいと。

そういう時に「食べてはります?」って言うんだって。

「あ、なんか京都弁出ちゃった」って。「え、京都なのー?」みたいな「すいません、ついー」ってあざとくね、方言で言った上で、みんながしゃべってよーみたいになるじゃん。その時の返しがうまいの。「え、じゃあ目の前の羽馬やんさんにだけ京都弁でしゃべるから」って、他の人には標準語にするの。

そしたら、ここだけで特別な関係が生まれて、かつこの人がタイプとか狙ってるとかじゃなくても、周りの人が京都弁を聞いて、俺もされたいみたいになるから、結果としてヒエラルキーが上になるの。で、帰った後は全員に京都弁でLINEを送る! みたいな。

羽馬やん:すげー。

霜田:うわー。すごいすけど、その女マジで嫌いですね。

はあちゅう:でも、合コン偏差値高いよね! すげーって思ったもん。方言がヒットするってことはさ、みんな知ってることじゃん。それを、誰か1人にだけやるとか、そこ新しいなって思った。

霜田:そんなあざとい女ってだけで絶対に付き合いたくないですね! そんな戦略で引っかかられても嫌じゃないですか。

はあちゅう:その人と2、3回飲みにいったことあるけど、またまたやってるよって(笑)。はいはい、出ましたー! みたいなね。必殺技だよね。

マッチョにお姫様抱っこしてもらう「お姫様抱っこツアー」

はあちゅう:ちなみに、さっきお姫様抱っこがどーたらって……。

羽馬やん:そうなんですよ。お姫様だっこツアーっていうのを企画していて。

はあちゅう:壁ドンツアーに似たようなニュアンス……。

羽馬やん:そうなんですよ。2015年にお姫様だっこが来てくれたら嬉しいなーと。お姫様だっこ協会っていうのを設立して、マッチョがお姫様抱っこでエスコートして、女性と一緒に回るツアーなんですけど。

はあちゅう:お姫様だっこってリアルではなかなかされないよね。壁ドンに等しい感じですもんね。

羽馬やん:しかも、すごいマッチョなんで、安定感がすごいんですよ。本当に包まれてる感じ。

はあちゅう:そのマッチョはどこでスカウトしてきたんですか?

羽馬やん:学生ボディービル連盟のマッチョさんとか。

はあちゅう:学生ボディービル連盟! 東大とかにもボディービル部みたいなんあるんですもんね。

羽馬やん:バスツアー中にマッチョのとなりに、座っていられるっていうVIP付きも用意してるんで、そこでご指名頂いたりはできます。

はあちゅう:え、じゃあそのあとLINEを聞いたりとかはできない?

羽馬やん:それはもうご自由に。マッチョ好きですか?

はあちゅう:マッチョ好きですよ私。

羽馬やん:そうですよね。やっぱかっこいいなって思いましたもん。

はあちゅう:なんかそのストイックさがにじみ出てるよね。自分の肉体を鍛えるっていう精神力とか。

羽馬やん:バスツアー中も「プロテイン30の水40でお願いします」みたいなんで、僕が作って出していて、それ以降プロテイン飲みながら、やっぱタンパク質を摂りながらお姫様だっこで疲労した筋肉を回復させてみたいな。本当にストイックなんですよね。

はあちゅう:今後イチゴ狩り以外のツアーも展開する可能性はある?

羽馬やん:そうですね。どんどんいろんなところに行って。

はあちゅう:楽しいですね。

霜田:楽しいですね。

はあちゅう:おもしろいね。こんな会社があるなんてね。

霜田:はい。

はあちゅう:そんな株式会社ハイで、ゲスで合コン好きな羽馬やんさんが働いてるってことですね。そんなわけで、今日はゲスアワーに来てくださってありがとうございました。是非、今後もゲスアワーを見て頂けたら嬉しいです。

羽馬やん:是非、拝見させていただきます。

一同:どうも、ありがとうございました。

<続きは近日公開>

Published at

はあちゅうのゲスアワー

はあちゅうのゲスアワーに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、はあちゅうのゲスアワーに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 「○○君にだけ京都弁っていうルールでいいかな?」 合コン上級者が使う、方言テクニックがあざとうまい
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?