女子の「帰りたくないサイン」とは?

霜田明寛氏(以下、霜田):僕大学生の時に合コンしたことも1回くらいしかないんですよ。例えばなんですけど、女子に聞きたいのは「帰りたくないサイン」みたいなのを、たぶんどこかで出していると思うんですよ。

それをどう見抜くのか?

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):女の子から終電のことを言わないってことは、残りたいってことだよね。だって終電で帰ろうと思ってたら「そろそろ終電だから!」って11時くらいからそわそわし始めるじゃん。最初の自己紹介の段階で、家が埼玉なんで遠いですとか、男性陣の顔見た瞬間に「埼玉なんで!」みたいなこと言うと思うんだけど。

そういうのでいくつかのサインを、ヘンゼルとグレーテルがパンをかき集めるみたいに、ちょいちょいやっていって、辿り着くんじゃないかな?

霜田:女の子と2人で飲みにいったんですけど、女の子が終電言わなかったんで、優しさだと思って「東急東横線あっち?」って言っちゃったんですよ、渋谷駅で。

はあちゅう:帰してるんだ!

霜田:それミスったなと思って。それ優しさに変わる可能性もあるじゃないですか。

はあちゅう:1回目じゃなくて、2回目以降のデートで行きますよってことの、真面目だよってサインになるのかもしれないけれど、霜やんとしては不正解。

霜田:次の日に連絡したらすげえ冷たくなってて……。

はあちゅう:女の子はその場での気まぐれってのがあるからね。

「唇リトマス」は共通ルールだった!

霜田:それを読み取りたいんですよね! そのっ! そのセンサーを。

はあちゅう:羽馬やんさん。

羽馬やん氏(以下、羽馬やん):そこですか。これ回答になるかわからないですけど、友達が口に指を入れて、抵抗しなければOKって。

はあちゅう:某三菱商事の人も言ってた!

「唇リトマス」だよ! うちら1年前に動画アップしてるから! 唇リトマス! 共通ルール!

こうやって、なんか口についてるよって唇を触らせてくれる女子は、今夜させてくれる。

霜田:あー!

はあちゅう:思い出した?

霜田:思い出しました。

はあちゅう:あとは、ボディータッチ理論。

いろいろボディータッチの方法はあるんですけど、触ってきて触り返してくれるか? とか。あとボディータッチで「面積を広く」より「面積を小さく」したほうがよくって、

こうより、

こうしたほうが触って欲しい人にはもっと触って欲しいって気持ちになる。

羽馬やん:あー! でもキュンとする!

羽馬やん持参のビッグエンターキー

はあちゅう:羽馬やんさんのこれ、全く出てこなかったんですけど、これはなんなんですか?

羽馬やん:これビッグエンターキーといって、弊社で製造、販売してる商品です。

このUSBケーブルをパソコンにつないで、これを叩いていただくと、本当にエンターキーとして使えます。ストレス発散に、ここぞ! って時のエンターキーにバシッと!

はあちゅう:おもしろい。こんなのをいろいろ販売してるんですか?

羽馬やん:そうですね。これは第1弾というか、プロダクト系では初回なんですけど、これからどんどんこんな商品を発売していけたらなと思っています。