登壇者もみんな普通の20代だった

小野裕史氏(以下、小野):今日は本当に素敵なパネリストを迎えてですね、テーマは「20代の成長するキャリアの実践方法」ということで、皆さんここにいらっしゃる方々はほとんど20代ですので、できるだけ具体的に過去のエピソードを交えてですね。

多分ここに聞きに来ていただいている皆さんはここに座っていらっしゃる方、もしくは今日のセッションに登壇している方は「俺とは違うすごい人なんじゃないか?」と勘違いしているので、決してそんなことはなくて。

ちょっと前にはここに座っていたかもしれない、同じ人間なんだぞということを分かっていただけるようなエピソードを交えていただきながら、簡単に20代はこんな人間だった、あと今何をしているかというところを含めて、順番に自己紹介をお願いできればと思っております。

百貨店員から雑誌で見つけたベンチャー企業に転職

小野:まず株式会社サイバーエージェントの曽山さん、よろしくお願いいたします。拍手でお願いいたします。

曽山哲人氏(以下、曽山):皆さん、こんにちは。

会場:こんにちは。

曽山:私はサイバーエージェントで人事本部長をしている曽山と言います。つい先月、10月に40歳になりましたけども。

会場:おめでとうございます!

曽山:ありがとうございます。40歳というのはね、皆さんと比べるとだいぶ離れた年になると思いますが。20代どういうふうにやっていたか、自己紹介も含めてお話しすると、東京で上智大学を出まして、百貨店の伊勢丹に入りました。就職活動をして入ったわけですけども、その伊勢丹には、私は1年間しかいなかったんですね。

1年間何をやっていたかというと、新宿の本店で紳士服を売ってました。それとeコマース、たまたま伊勢丹が始めるというので手伝ったんですね。

そしたらすごい売れて「これはインターネット熱いな」ということで、百貨店業界も良かったんですけども、伸びる分野に行ったほうがいいということで、たまたま雑誌で見つけたサイバーエージェントに入りました。

その当時は社員数が20名で、ほとんど全員が営業の会社でしたのでそこに入って、サイバーエージェント、今はグループだと3,000名くらいの会社になっていますけども、実は3,000名と言ってもざっくりいうと50個くらいのベンチャーの塊から成っています。

去年も16社新しいベンチャーをつくっているということで、私はその中でこの10年間は人事本部長を、その前の6年はサイバーエージェントの中では企業向けの広告マーケティングの責任者、広告営業ですね。広告のプランニングをやってましたので、20代にどういうキャリアをやっていくかっていうのを、事例を含めてお話できればと思っています。よろしくお願いいたします。

小野:お願いします。曽山さんの話は毎回僕も聞いて、非常に刺激的なんですけども。まさに、大手に入ってすぐに辞めて、たまたま雑誌で見つけた会社。ベンチャーに入って、そこから営業から人事という、また全然違うキャリアというのは、またぜひこの後じっくり掘り下げていければと思います。

曽山:お願いします。

研究をするはずが、周囲に刺激を受けて経営者になった学生時代

小野:それでは、立命館大学の琴坂さん、よろしくお願いします。

琴坂将広氏(以下、琴坂):よろしくお願いいたします、琴坂です。まさに参考にならないキャリアなんじゃないかと思います。私はいろんなことをやって、いろんなことを辞めて、迷いながらここまで来たという感じがあります。なぜこうなったかというと大学に入る前、当時モバイルインターネットが出たばっかりだったんですね。

そこでまだ4KBの画像しか表示できないような、こんな小さなスクリーンがあってですね、そこ向けのWebサイトをやるというのがインターネットのスタートでした。

小野:何年ごろの話ですか?

琴坂:1999年ですよ。

小野:i-mode?

琴坂:当時のJ-PHONEのJ-SKYとか、i-modeがスタートしてすぐから始めて、当時はCHTMLという非常に単純なものだったので、高校生でもできたんですね。そこに何か起業するとかそういう夢があったわけではなくて、何か楽しいことをやっている友達がいたので、その友達と一緒にやり始めたらすごくおもしろくなってしまったんですね。

その経営がおもしろかったっていうところが頭の中に残っていたみたいで、本当は留学して研究をするはずだったのに、慶応SFCの環境情報学部というところがあって、おもしろいらしいと。おもしろいところに、今からでも9月入試が間に合うっていうところで、AO入試でぽーんと入ってしまいました。

入ってしまうと、本当は研究するはずだったのに、自己紹介のときに「モバイルインターネットをやっていて、勝手サイトでトップ3に入ってました」なんて言ってしまうとですね、もう会社をやり始めていて困っている人間に「じゃあうちに来い!」なんていきなり言われてですね。

当時まだ小さかった会社、実はここにいる荒木さんともあとで一緒にやることになったんですけども、その会社に遊びに行ってみたら「会社の経営よろしく」って言われたんですね。

「え!」ってもちろん思ったんですが、その会社のメンバーがみんなすごいんです。中学校、高校とインターネットを触ってきた世代なので、当時のヤフーのウェブサイトとかよりも、もっときれいなものをつくれる同年代がたくさんいたんですね。

ちょっと周りを見回してみると、荒木さんみたいなデザインもできるし、技術もできるし、話もわかる人いて、そういう人たちが集まってきたんですね。これはおもしろいと。これは本を読んでいる場合じゃない、仕事をするしかないんじゃないかということで仕事を始めました。

仕事をやりはじめて、営業本部長みたいな立場で楽しかったんだけども、途中で違うこともやり始めて「自分はやっぱり技術者としては一流になれないから、小売の会社の立ち上げにも参加しちゃおう」とかですね。

怪しいと思っていたコンサル会社に就職

琴坂:さらには私の実家はあまり裕福じゃなかったのでお金が必要で、生活費が稼げるように「今度は中小企業向けに、ソリューションを提供しよう」みたいなことをやったりですね、そんなことをやりながら大学生活を送っていたんです。けど、また「これ、多分違うな」と思ってですね。

やっぱり自分は研究をしたかったし、30歳くらいでお金持ちになっても多分、自分はこのままいっても幸せじゃないと思ったので、まずは鍛えてもらおうと。鍛えてもらうために何かあるんじゃないかと思ったときに、マッキンゼーという怪しい会社があってですね(笑)。

もちろんこの怪しい会社を最初から探したわけじゃなくて、卒論書かなきゃと思って、適当にインターネットで情報を探したんですね。そうしたらPDFがたくさん出てくるから、引用しようかと思って見ていたらとてもおもしろい研究論文を発見したんです。

「あ、こんなレポートを書いている人がいるなら、これは日本でもいいんじゃないか? 日本でも研究できるんじゃないか?」と思ったらマッキンゼーという会社でした。

正直、それまで自分がまがりなりにも会社経営をしてきた中で、コンサル会社って怪しいと思ってたんです。結局言うだけだろと、だけど「ここならいい」と思ってそこに入りました。さらにそこで1年半くらいやった後に、そろそろ留学でもしたいと言ったら「金払って海外行くくらいなら、金払ってやるから海外行け」って言われて、ドイツに行くことができました。

ドイツに行ってからは、大人しくドイツで仕事すればいいんだけどもおもしろくなかったので、いろんな国、オスロ、ヘルシンキ、ドバイ、カタール、シンガポール、香港とかで数ヶ月ずつくらい仕事をしていました。

経営から研究者に、普通とは真逆のキャリア

琴坂:そこまでしても、やっぱり研究っていうのが頭を離れなかったので、このままいったらコンサルタントになって研究できなくなってしまうから、オックスフォードに行きました。そこで研究を始めて修士をやって、博士をやって、助手をやって。博士をやりはじめたころに、やっぱり自分は研究なんじゃないかと思いはじめました。

小野:何の研究をなさったんですか?

琴坂:経営です。国際経営ですね。それも別に国際経営をやりたかったわけではないんですね。元々は社会心理学をやりたかったんですが、学部時代も経営しかやっていないし、コンサルタントもやっていたから、自分が研究できるところというと経営学しかなかったから経営学を選んだ。ということです。そして、去年ぐらいに立命館に帰ってきて、ここにも何人かいるけれども、皆と一緒に楽しくやりながらですね、日本を変えようと言っていると。そういう感じです。

小野:振り返ると、まさに学生時代から経営を自らやる側で、その後マッキンゼー、コンサルティングファームに入り、その後学者を目指す道で。

琴坂:真逆なんです、普通の人間と真逆なんです。普通、博士になって技術をみにつけて、コンサルタント会社に入って、そのあと起業だ! ですよね。真逆を行ってしまった変なキャリアなので、どのくらい参考になるか分かりませんけど。

小野:おもしろいですね。また後ほどじっくりと聞かせていただければと思います。ありがとうございます。拍手をお願いいたします。