今知っておくべきWebサービス「LINE@」

セブ山:こんにちは。今週も始まりました、バーグハンバーグバーグTV。この番組は株式会社バーグハンバーグバーグのことを、もっとよく知ってもらうための番組になります。司会はわたくしセブ山です。よろしくお願いいたします。そしてお相手は、代表のシモダさんです。

シモダ:よろしくお願いします。

セブ山:よろしくお願いします。そして今回社員ゲストに、まきの(ゆうき)さんに来ていただいております。よろしくお願いします。(ぺこり)

まきの:よろしくお願いします。

セブ山:そしてですね。今回はちょっとIT業界のことをよくわかってないゲストとして……。

永田:そんなことはない。それは言い過ぎ!

シモダ:減俸ですよ、これ。減俸もの。

永田:いやちょっと今回のことに関してはマジで知らない。だからムチャクチャ教えてもらいたくて。

セブ山:そうなんですね。早速今回何について話していくのか? テーマを発表させていただきます。今回は『今知っておくべきWebサービスLINE@ 』です。

はい、というわけで今回はLINE@について聞いていくんですが、やってますか?

シモダ:すごいですねLINE@。

まきの:やってますやってます。もちろん♪

セブ山:すごいですよ。

まきの:すごいですね。

永田:何なんだぁ~(汗)。

シモダ:我々新しい機能は、一応ITに親しいとこもあるんで触っておかなきゃと。これ、当たり前の行動ですから。

LINE@で大“ファン抱き”時代に突入

永田:いやいや俺もやりたかったんですよ、本当は。でもアイツが(セブ山を指さす)「LINE@ってファン抱きにメッチャ適してるでぇ~」みたいなことを言い出したから

まきの:わかりますわかります。

永田:それ聞いてから始めたらなんか……。

シモダ:そうなんよ。コイツ(セブ山)そういう記事をオモコロで書いたんですよ。

セブ山:書きました。

シモダ:最適だ~ぁっと。

セブ山:最適だ~!!

シモダ:俺、あの記事が出た日にLINE@を始めました。

セブ山:やる気満々。

永田:ち◯こビンビン。

シモダ:最悪のタイミングでアップするから、「ああ、なんかそういう風に思われたかな?」と。

セブ山:まさか同じタイミングでやるとは思ってなかったんで。

永田:まきのさんもメッチャやってるの?

まきの:やってますね。僕は記事が出る前にやり始めたから、そこはセーフだな。

セブ山:そうです。

まきの:そういうモチベーションではない。

シモダ:ファンは抱く……?

まきの:抱いてないです。

セブ山:冒頭に簡単に説明させていただきたいんですけれども、LINEはやってますか?

永田:もちろん。

情報を一斉送信できる

セブ山:LINEはみんなもうやってるじゃないですか。あれは友達とのやりとりだけの閉鎖的なコミュニケーションツールですけれども、これまでのLINEの公開型。誰でも登録できますよってなったのがLINE@なんてすよ。

永田:うんうん。

セブ山:今までだったら友達とか家族だけだったのが、今度は取引先やビジネスの相手とか、もっと言うと今出ましたファンに向けて発信できる、やりとりできるというのがウリ。

永田:(頷く)

セブ山:LINE@はリサーチ機能でアンケートが取れたり。

シモダ:ほお~そうなんだ。

セブ山:そうなんですよ。個人経営のお店がアンケートで「新メニューどういうのがいいですか?」ってのができたりとか。あとは、情報を一斉送信できる。こういうキャンペーンやりまーすってのができたりとか。今までだと1対1しかできなかったじゃないですか。LINEは。それができるようになったのがLINE@

シモダ:あと、お店だと美容院とかだったら、

客「すいません。今から空いてますか?」ってピって送ったら

美容院「空いてますよ」

って。電話とかでいちいち出なくてもいい。

永田:一回お店って言うのやめません?

シモダ:?

永田:お店じゃないじゃん。

まきの:あはは(笑)。

永田:ちょいちょいお店とか美容師とかって、(シモダとセブ山を指さして)違うじゃんお前ら。

シモダ:やあやあやあ。

永田:何、当たり前みたいな顔をして。

シモダ:言われれば髪切る系。

永田:経営してねえだろ。

シモダ:カラーリングですか? パーマですか? ぜんぜん行けますよ。

永田:世の中ね。店を経営したり髪を切ってないやつのほうが多いんだから。どうゆう風に?

まきの氏のLINE@登録者数が1000人以上に!

セブ山:なるほどね。じゃあ、どういうふうに我々は使ってるのかってところをいろいろと。今、登録者数とかどれくらいですか?

まきの:1150人ぐらいになりました。

セブ山:ほぉ~~~~~~~。

シモダ:僕はたぶん500ぐらいだった気がしますね。

セブ山:ほうほう。ファンサービスができるぐらい。

永田:1000人以上いるんですね。登録者数が。

まきの:はい。

シモダ:1000人以上ヤれるってこと?(わ~お)

まきの:ヤろうと思えばヤれるけど。

シモダ:男も女も関係なしに手当たり次第。

まきの:手当たり次第ヤりますけど……、ちょっとそれはね。さすがに掟がありますから。

まきの氏作のイラストが届く

シモダ:うさぎとねこのキャラクターがありますからね。

セブ山:そうなんですか? まきのさんのはそういうコンセプトなんですか?

まきの:僕はうさねこがやってるって体でやってる。

永田:体で?

シモダ:まきのくんそういうの好きじゃないですか? なんかになるの好きじゃないですか? カワイイの。

永田:今明かしていいんですか? 体でやってるって作者が言っちゃっていいんですか?

まきの:いいんです。やってるので全部画像で返信してるんですよ。

セブ山:はい。

まきの:だから「おなかすいた」って言われたら、うさ男がおにぎりを持っている絵

セブ山:え? それじゃ1000人が「会いたい」とか言い出したら?

まきの:最悪ですよ。

セブ山:えええ~

まきの:「眠い」ってのが夜に20件ぐらい来て、ねこ男が「ねれば」と言ってる画像を全部配ってる。

永田:金もらえるんですか。

まきの:いえ、金もらってないですよ。一切もらってない。

永田:好きでやってる?

まきの:好きでやってる。

永田:わあ~キモィ。コワい。

セブ山:ここが不便だとか、もっと改善して欲しいとかありますか? シモダさんありますか? もっとこうしてほしいなあとか。

シモダ:特にはないんですけども……。変な人ってのはいるな。「ARuFaさんに会わせてくだぁさい。48歳のババァです」とか。

セブ山:あはは(笑)。ババァは自分でババァとは名乗らないですよ。

シモダ:言うてきはるんやけれでも、それは本人に言ってくださいって。

永田:はい。

シモダ:「いやあ~そんなこと言わずにぃぃぃ」キラキラキラみたいな。いくつやねん! もうほんと嫌だ。

永田:やめれば?

セブ山:いや、ありがたいって話をしてる。

シモダ:ありがたい。それは失礼や。

永田:あはは(笑)。

シモダ:失礼や。なんで俺に言うて来るの?

永田:こんな楽しい話があったというより、こんな奴がいたって話しか俺は聞かないんですよ。

セブ山:こんなことがあるんで……。

悪口は酒の肴

永田:さっきから気になってることがあるんですが。

セブ山:はい。

永田:3人共、ファンを見下してますよね?

シモダ:見下してないですよ!

セブ山:僕が!?

永田:僕らは天上人

セブ山:どこがよ!(怒)

永田:なんか「元気が出る画像くださ~い」って言ってくるんですよ。これって馬鹿にしてる奴を真似るときの言い方してる。

セブ山:そんな声なのよ。事実。

永田:声しないでしょ!

シモダ:いっぱい俺らは陰で感激してるの!

セブ山:涙を流してるんですよ。感動の涙を。

永田:ほらぁ~! ってハイボールを飲みながら、カー!! って。

悪口に合うのぅ~!!

セブ山:あはは(笑)。

永田:なんなんだ貴方達はッ!!

シモダ:まあ、確かに酒の肴にしてるところありますよ。

セブ山:そういうファンは味が濃いから、ついついクセでつまみにしちゃうけど。

永田:揚げ物と同じ。

セブ山:でも感動して涙を流してるってのもあるんですから。

永田:そういうこともちゃんとあるんですか。

シモダ:そういうのがあるからやってるんです。もう。

セブ山:そう!

シモダ:腐ってるやつばっかりおったら、やめとるわいな。

永田:これからも続けてく。

シモダ:そうですね。

セブ山:我々の話を聞いてやってみようとは思ってないですか?

永田:これ見てる人で思ってないでしょ? なんかめんどくさいなって感想しかない。

セブ山:我々みたいに「こんなやつおったで!」って、ハイボール飲みたくないの? 旨いですよォォ!

シモダ:おいしいよ。

永田:あはは(笑)。

セブ山:これは絶対好きだと思う。

まきの:一番好きやで。

セブ山:オススメです。一番好きやと思う。ほんま。

永田:違う!

セブ山:ぜひ、永田さんにもはじめていただきたいですし、見てて面白そうだと思った方は始めていただきたい。我々もまだまだやってますし、ぜひ登録していただきたいと。今回はLINE@についてお話を聞いてまいりました。ありがとうございました。

一同:ありがとうございます。(ぺこり)