『もしドラ』の編集から、「cakes」の代表へ

司会:ただいまより角川EPUB選書『ルールを変える思考法』刊行記念、株式会社ドワンゴ代表取締役会長・川上量生氏さん、株式会社ピースオブケイク代表取締役CEO加藤貞顕さんのトークセッションを開催いたします。早速、両氏にご登場いただきます。盛大なる拍手でお迎えくださいませ。

加藤貞顕氏(以下、加藤):よろしくお願いします。今日はですね、皆さん川上さんのお話を聞きにきたと思うので、僕のことを誰だろうと思っている人が多いと思うので、自己紹介させていただくと、「cakes」っていうウェブメディアの代表をしてます。

もともとは、アスキーっていう会社ですとか、ダイヤモンド社っていうところで本の編集をしていて、一番わかりやすいのをいうと、『もしドラ』っていう本の編集をして、それで今、この本の著者である岩崎夏海さんがブロマガをやってるんですけども、それを担当したり。

今はネットで、本じゃないコンテンツを作るためのサイトをやってるんですね。そこでは、有料課金でコンテンツを配信したりしていて、『ルールを変える思考法』っていう本が出たということで、川上さんにブロマガってものをやってもらったりとか。

ニコニコの話はもちろんなんですけども、今日はちょっとその辺をお話できればなっていうことで呼んでいただいたと思います。よろしくお願いします。

『もしドラ』が売れた理由は営業力?

川上量生氏(以下、川上):『もしドラ』の作者の岩崎さんと一緒に、1回だけですけど、3人でやらせていただいたんですよね。

加藤:そうなんですよ。「岩崎夏海は本当に天才なのか」っていう話をしたと思うんですけども。

川上:そうですね。『もしドラ』を書いた岩崎っていうのが非常に面白い方で、才能があるんだかないんだかわからないんだけど、とにかく変わった人なんですよ。

加藤:変わってますね。

川上:『もしドラ』が売れたのは、当然、岩崎さんが書いたからなんですけど、編集者の加藤さんが「俺が売った」と思っているんじゃないかとなって、そこの部分を確認する生放送で(笑)。

加藤:岩崎さんと一緒に出てますからね。書いた岩崎さんの力という話で終わったと思うんですけど、ただ1個だけいうと、僕がっていうよりは、ダイヤモンド社の営業チームがすごい頑張って売るっていうことをしたんで、そこが大きかったなと思ってますね。

ちょっとついでに話をすると、堀江さんの『ゼロ』っていう本も、実はダイヤモンド社の営業チームが今売ることをしていて。僕とかが編集をして、ダイヤモンド社に売るっていう。もちろんどちらにしても同じチームなんですね。だからこれが売れると、やっぱダイヤモンド社もすごかったんだなということがわかるんじゃないかと。

川上:むしろ、ダイヤモンド社がすごかったと。そういう話になるわけですね。

加藤:はい。なので、後でぜひ見てみてください。かなり面白いと思います。堀江さんって恥ずかしがり屋でですね。あんまり自分のこと説明してこなかったんで、そういった部分もちゃんと説明して、みんなが堀江さんを好きになってもらうために作った本ですね。

ゲーマーとしての実力を自慢したくて連載をはじめた

加藤:じゃあ、『ルールを変える思考法』の話にそろそろ移りたいと思います。ちなみに今日こちらにいらしている皆さんにはもう読んでいただいているんですかね、読んだ方、挙手いただいていいですか。半分くらい。ありがとうございます。これはちなみに僕も昨日読んだんですけれども、すごい面白くて。

川上:ありがとうございます。

加藤:この本、「4Gamer」っていうサイトでのインタビュー記事がもとになっていて、それがすごい面白かったんですけども。ゲームについて語ってたんですよね?

川上:そうです。ただ、一応ビジネスについて語るっていう体でゲームについて語るっていう、そういう感じのやつなんですよね。

もともとは、本当は僕の中ではね、ドワンゴ作って、着メロサイト作って、ニコニコ動画作って、っていうのが一般的には、起業家としてやったことっていうふうに思われてるんですよ。

でも僕は、そういうことよりもゲーマーとしてすごいんだっていうことを世の中に言いたくて(笑)。ただそれを言っても誰も相手にしてくれないだろうから、ビジネスの話のふりをして、ゲームの自慢話をするっていうのではじまったのが、4Gamerの連載なんですよ。

加藤:なるほど(笑)。

川上:でも僕、いつもあらゆることが本末転倒になるんですけども、気が付いたらすごいまじめに連載をやっていて。よくわからないけど、出版社さんからビジネス書として出版したいとかってことを言われて、本来の趣旨と違う形で評価されてるなみたいな(笑)。

加藤:いや、これすごい面白かったです。本にするときに結構書き直しをされているんだと思うんですけども。

川上:そうですね。

人間は最後、ミトコンドリアになる?

加藤:どの辺に手をいれてらっしゃるんですか?

川上:ビジネス書っていう体裁にするとき、色んなエピソードをはしょったり、もしくは追加したりする部分があって。そのことによって、僕が本来書きたかったことっていうのが、ちょっとわかりにくくなっている部分があったので、そういう部分は改めて書き足して分かるようにしたんですけどね。

加藤:この本は、面白かったんですけども、なんか一言で説明するのはすごい難しい本だなあと思って。なんというか、川上さんが何考えてるのか書いた本ですよね。

川上:そうですね。できた経緯自体が少し特殊なんで。今日テーマが分かりにくいですよね。

加藤:結構難しいっていうか、深いことが書いてあって、ニコニコ動画が生まれた経緯とかもすごいおもしろいですし。あとやっぱり、川上さんの色んな発想の仕方。おもしろいとはどういうことなんだろうかとか。最後に更にぶっ飛んだんですけど、最後、人間はミトコンドリアみたいになるよみたいな、とんでもない終り方をする。結構前代未聞のビジネス書だと思うんですけれども(笑)。

川上:ビジネス書に普通はそんなこと書かないですよね(笑)。

岡田斗司夫が描く、人類の未来

加藤:岡田斗司夫さんの『ぼくたちの洗脳社会』とかも似たような終わり方を実はする。

川上:そうなんですか。

加藤:でもそこまではっきりとは書いてないですね。岡田斗司夫さんがあの本について語った『評価経済社会』っていう本がダイヤモンド社から出ていて、僕が編集したんですけど、岡田斗司夫さんに人間は将来どうなるんですかっていう話をしたら、人間はみんなカプセルホテルみたいなところに寝そべって、コードが出て、寝そべってバーチャルな体験をするだけの存在になるでしょうっていうのが岡田さんの予想なんですけれど。

川上:マトリックスですね。

加藤:いや、でもそれに近いような話なんじゃないですか、ミトコンドリアって。

川上:いや、そことは少し違いますけどね。そんな極端な感じじゃないと思いますけど。もっと緩やかに、もっとわかりにくい形で人間の時代って終っていくんだと思うんですよね。

加藤:それは、みんなは普通にしているつもりなんだけど、終わっていくっていう、そういうことなんですか。

川上:はい。僕はそう思ってますね。