バーグTV初の社外ゲスト!

セブ山:こんにちは。今週も始まりました、バーグハンバーグバーグTV。この番組は、株式会社バーグハンバーグバーグが携わったお仕事の案件について、根掘り葉掘り聞いていく番組になります。ナビゲーターは私、セブ山です。よろしくお願いいたします。そしてお相手はシモダさんです。よろしくお願いします。

シモダテツヤ(以下、シモダ):お願いします。おなしゃーす。

セブ山:バーグTV、けっこう続けてきましたけれども。

シモダ:そうですね。

セブ山:この前のね、なんでしょう。僕が最後、大学生の汚い足をなめる回、まあ、不評でしたね!

シモダ:いやー、あれはね。上がってきた絵面を見て、まあ、まずいなと思いましたけれど。

セブ山:あれはもうね、いろんな人から……。「あ、この人も見てくれてたんや」って人からも、「あれは気持ち悪かった」っていうのをね。

シモダ:確かにね。

セブ山:あれはもう、誰も得しない回でしたから。

シモダ:誰も得しないよね。確かに。

セブ山:1回、リセットしましてね。

シモダ:そうですよね。

セブ山:今回もだから、原点に立ち返って、テーマを行きたいと思います。今回お話を伺う案件はこちら。「バーグハンバーグバーグTV」です。

シモダ:お。

ナレーション:バーグハンバーグバーグTVは株式会社バーグハンバーグバーグが携わったお仕事について、制作の裏側や幻の没ネタなどを、根掘り葉掘り、聞きだす番組です。もっとバーグハンバーグバーグのことを多くの人に知ってもらう目的で制作されています。

セブ山:さて、そんなバーグハンバーグバーグTVに関わってくれているゲストとして、今回は東京倉庫の瀧さんと、SAITOさんに来ていただいております。よろしくお願いします。

瀧祐夏(以下、瀧):よろしくお願いします。

SAITO RYOKO(以下、SAITO):よろしくお願いします。東京倉庫のSAITOです。

セブ山:いつもはバーグの社員の方をゲストとしてお迎えするんですけれど、今回は初めてのバーグ以外からのゲストということで。そもそも瀧さん、東京倉庫というのは、どういうところなのか、というところからいろいろ聞いていきたいのですけれども。瀧さんが代表なんですね?

:代表取締役です。

セブ山:どういう会社ですか? 東京倉庫っていうのは。

:ウェブのファニーな映像の専門店、というコンセプトで。

セブ山:いいじゃないですか。おしゃれで、面白そうな。

シモダ:そうですね。本当に、いつもお世話になっていてね。

セブ山:いや近くないですか? ちょっと!

シモダ:どこに座っていいのか、分からないですよね。

セブ山:そんなねえ。

シモダ:しかも最初、僕ずっとメンチ切ってたのに、それも拾われずに。

セブ山:まずは紹介しないといけないから!

シモダ:いやいや、もう。

セブ山:だってねえ。口説いてるのかなって思って。社長が口説いてるところは見て見ぬ振りするっていうの、教え込まれてきましたから。

シモダ:教え込んでいない! 教え込んではいない。

セブ山:……。で、初回からずっと編集して頂いているんですよね、東京倉庫さんには。

シモダ:そうなんですよ。1回目からね。運命の出会いでしたからね。

バーグハンバーグバーグと東京倉庫の出会い

セブ山:そうなんです。その辺、聞きたいなと思って。今まで仕事したことも別になく、このバーグTVからじゃないですか。これをやることになったきっかけなんかも、ちょっと聞いてもいいですか。

:あそこにある、「すごい豆まき」。あれでちょっと僕、ボランティアスタッフとして、豆を集めたりする役割をやってたんですけど。その打ち上げをクラブみたいなところでやって。

セブ山:すごい。東京タワーを借りて。

シモダ:そうそう。豆を1.5トン用意して、ぶつけるまくる。

セブ山:というイベント。

シモダ:そういうイベントがあったんです。

セブ山:そこの、ボランティアスタッフ。

:その中に、1人で煙草を吸われてるシモダさんが。

シモダ:馴染めず。"馴染めずのテツ"がいたわけです。

セブ山:そうなんですか? 

シモダ:そうですよ。

セブ山:そこで初めて?

:初めてお会いして、僕は憧れのシモダさんがいるということで。とりあえず映像できるんで、タダで作らせてくださいって。

セブ山:え!?

シモダ:そうなんですよ。

:話しかけたら、ひたすら「タダが大好きだ」と。

セブ山:(笑)。

シモダ:ま、そうでしょ! タダでしてくれんの!? みたいな。マジで!? って。絶対払わへんで! って。

セブ山:えー!

シモダ:絶対払わへん。途中で逃げるなよ! みたいな。で、まあちょうどその時期に、バーグTVをやろうっていう話をしてたんですよ。

セブ山:はい、出てましたね。

シモダ:バーグTVをちょうどやろうと思っていたんですよ。映像、自分らで撮らなあかんかなって思っていたけども、それこそ元テレビ関係者でスキルもあって、そういう人にしっかりついてもらってやったら、クオリティがもっと上がるんじゃないかと。

セブ山:そりゃ、だって編集も自分たちでって話でしたもんね、最初は。

シモダ:そうそう。それがもう全部タダでできるってなると。こんなおいしい話、ドッキリかなって思いましたよね。

セブ山:いや、でもいいんですか? タダでやってもらうってのはいいかもしれないですけど、逆に、東京倉庫さんにはなにか。

シモダ:メリットがね。

セブ山:あるのか。

シモダ:なくていいよ、そんなもの! そんなん、使い捨てですよ。疲弊して弱った瞬間、ぽいですよ。

セブ山:(笑)。そうなんですか。バーグTV関係からなんかあったとかないんですか?

シモダ:タダでつくってくれる、そしてタダでヤらせてくれる。このワンセットだよ。セブ山もSAITOさん抱いたやんけ、この間! めちゃくちゃに抱いたやんけ! メガネのツル、うまいこと使っていたやんけ。

セブ山:(笑)。見られてましたか。いやいや!

シモダ:見られてたよ。

セブ山:いやいや、でもSAITOさん、なんでいるのかなって……。全然喋らんし……。やっぱり愛人とかですか? 瀧社長の。愛人連れてきたかなって僕は思ってました、なんか。

シモダ:確かに。メガネのツル、ベチャベチャになってますけども。

:緊張です。緊張で汗が。

元ラジオパーソナリティをイジりまくり

セブ山:え、お手伝いをされてる?

SAITO:そうです、はい。お手伝い。

セブ山:そういうことですね。

シモダ:普段はどういう、バーグTVを作る上でどんなことされているのですか。

SAITO:普段は全部の編集と、あとは冒頭のナレーションとか担当しています。

セブ山:あ、ナレーションの声をしてくれているんですね。

SAITO:そうです。はい。

シモダ:声優業みたいなのもやってる?

SAITO:元々、ラジオのパーソナリティーとかをやっていたので、喋ったりとかそういうのはやってました。

シモダ:なるほど。プロのクオリティで作られてるわけですよ。

セブ山:すごいですね。関わってる人全員、ねえ。

シモダ:プロです!

セブ山:我々以外、プロ。

シモダ:我々、いうてもアマですからね。

セブ山:いやー、すごいですね。そこまでやっていただいて。これ心配ですよ。なんかいいコトありました?

:いや、それが、あの堀江貴文さんの。

シモダ・セブ山:ホリエモン。

:バーグTV作ってますと。是非、御社のも作らせてくださいとtwitterで話しかけたら「是非!」って返ってきて。

セブ山:え? え? 面識あったわけじゃなくて? twitterで?

:twitterで。今もうそれを作ってて、昨日からもう、昨日、10月2日からそれがアップされてる。

セブ山:えー! それじゃあバーグTV見てくれたってことですか?

:そうです。twitterで添付して。

セブ山:こういうのやってますって? ホリエモンも見てくれたんですね。

シモダ:すごい! それは僕らにとってもうれしいこと。

セブ山:それは、あれですか。ホリエモンのお仕事が始まったから、バーグTV短くやろうぜって言い出したんですか?

シモダ:確かに。あのね、共有してる情報共有スレッドみたいなところで、急になんかね、時間短くしませんか、とかなんか。

セブ山:なんか台本短くしていきましょうよって。

シモダ:コスト削減・時間削減みたいな。これは、次のステージ見つけたぞって。

セブ山:なんか急に。

シモダ:利用されてたの僕らのほうだったわけですよ。ついに発覚。

セブ山:タダより怖いものはないとは、このことですね。

シモダ:ほんとですよ。いうたら、全然ヤらせてくれなかったですからね。この女も! このズベタも!

セブ山:ヤらせるっていいながら。

シモダ:俺らずっと、コンドームつけてから飲みに行ってたもん。