【全文】ろくでなし子保釈会見
弁護士による経緯、今後の争点等の説明資料

ろくでなし子保釈会見 #2/3

ろくでなし子保釈会見
に開催

2014年12月26日、都内において開かれた、ろくでなし子氏の保釈記者会見。その冒頭における、弁護士によるこれまでの経緯と今後の争点に関する説明資料の全文を掲載します。

【起訴事実の概要】 起訴事実① 女性器の3DデータがアップロードされているURLをメールで送信 起訴事実② 女性器の3DデータをCD-Rni入れて送付 起訴事実③ 北原みのり氏の経営するラブピースクラブにおいて、女性器をかたどった模型を展示

【ろくでなし子さん事件、時系列】 平成26年(2014年) 7月12日 わいせつ電磁的記録等送信頒布罪で逮捕(起訴されず) 7月15日 東京地方裁判所裁判官が勾留決定 7月18日 東京地方裁判所刑事第3部が弁護人による準抗告を認容し、勾留請求を却下、釈放

12月3日 わいせつ電磁的記録闘争心頒布罪(起訴事実①)、わいせつ電磁的記録媒体頒布(起訴事実②)、わいせつ物公然陳列(起訴事実③)で逮捕 ※起訴事実③については、北原みのり氏も共犯者として逮捕。

12月6日 起訴事実①〜③について、東京地方裁判所裁判官が勾留決定(接見禁止決定付)(12月14日まで) ※罪証を隠滅すると疑うに足りる相当の理由、逃亡すると疑うに足る相当の理由を設定した。 ※北原みのり氏(別の弁護士が弁護を担当)は、勾留請求却下→検察官の準抗告も棄却→釈放。

12月7日 東京地方裁判所刑事第18部が勾留に対する準抗告を棄却するが、接見禁止決定を取り消す決定。 12月11日 勾留決定に対する特別抗告 12月12日 東京地方裁判所裁判官が勾留延長決定(12月15日〜12月24日まで) 12月15日 勾留満期日/勾留延長決定に対する準抗告/東京地方裁判所刑事第18部が勾留延長に対する純抗告を棄却 12月17日 最高裁第三小法廷が特別抗告を棄却 12月22日 勾留理由開示公判(16時〜 東京地方裁判所429号法定) 12月24日 起訴/保釈決定

【今後の争点】 ○後半において予想される争点 ①外形的な事実関係を争う予定はない。争点は、法律的なものになる。 ②刑法175条の合憲性 ③刑法175条の「わいせつ」に該当するのか?  ・チャタレー3要件を満たすか?  ・「ろくでなし子を捕まえるなら、○○のほうを捕まえるべきだ」という主張をすることは考えていない。  ・アートや現在流通している性表現物  ・学者/有識者の証言、意見書など。

Occurred on , Published at

ログミーNews

ログミーNewsに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、ログミーNewsに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?