自分が一番示せる方法は、言葉ではなく行動や結果

池上雄太氏(以下、池上):高橋さんは日本球界で、ずっと巨人にいらっしゃって。そういう「とにかく自分でやって、自分の周りにいる人たちに行動で示していく」というのを、なにかの原稿で読んだことがあって。やっぱりご自身は、そういうタイプなんですか? 

高橋由伸氏(以下、高橋):そうですね。タイプと言いますか、言葉で、言葉というのも大事だと思いますし。言葉というのが一番、確かにわかりやすいかもしれないんですけれども。当然、チームでの立場であったり、力の差であったり。あとは我々、プロスポーツの世界、プロ野球の世界で言うと、年齢の差であったり、いろいろなものがある中で。正直、言葉の難しさ、壁というのは僕自身が感じていましたので。

ただ、その言葉を使って指導したり統率したりというのは、非常にわかりやすくて。もっとよかったのかもしれないなと思ったんですけれど。それよりも「自分自身がやりやすい、自分が一番示せる方法はなにかな?」と思った時に、行動であったり結果であったり。そういったもので示すことのほうが、自分が一番できるというか、自分が表せる方法だったんじゃないかなと思いますし。

指導とか統率っていう言葉とは、違ってしまうかもしれないですけれども。そういった行動や結果で、周りに影響を与えて。影響力という部分でチームをまとめたり引っ張っていけたらな、とは思っていたと思いますね。

自分が行動を起こすことで、チームが1つになるのではないか

池上:大学時代に高橋さんと一緒に野球をされていた方から、いくつか話を聞いたんですけど。大学時代に外野から内野までわざわざ走って、メンバーを励ましていたというエピソードを。

高橋:(笑)。そうですね。普通ではあんな遠くから試合中に来るということは、ありえないんですけれども。

行って、なにを言っているというわけでもないんです。大したことを言っているわけではないんですけれども。さっき言ったとおり、そういった行動というか、そういったもので自分の思いであったり「勝ちたい」という、そういった気持ちを行動で見せたらいいなと思っていますし。

さっきも言った、僕が行動を起こすことで、一緒に戦ってるチームもそうですし、球場自体もなにか「おぉ!」というかね。変わったことが起きたという「影響」を与えるということで、なにかチームがいい方向に進んでくれる、チームが1つになってくれるんじゃないかという思いで。当時は恥ずかしながら、と言ったらあれですけどもね。やってましたかね。

池上:すごくクールで冷静なイメージなんですけど、実はすごく熱狂している。そういうのがあるんですね。

高橋:そうですね。本来はすごく緊張もしますし。“緊張しい”だと自分では思っていますし。ただ自分を、試合になると奮い立たせなきゃいけないという思いもあったり。あとはどうしても、頭と言葉に出してしまうと自分も舞い上がってしまったり。こう周りが見えなくなってしまうんじゃないかな? と思っていたので。

とにかく、周りを見ながら行動しながらという。少し自分も抑えながら、と思っていましたかね。

小学生時代に感じた、考え方や見え方の意識

池上:抑えながらというのは、かつて調子に乗っていた時代があったということですか? 

高橋:調子に乗っていたつもりはないんですけれども、ただ小学校の頃ですかね。当然、チームで戦っていればなんとなく結果はほかのチームメイトと比べて一番出るし。子どもながらにも「その中では自分が一番うまい」というのは、なんとなく。口にはしないけども、思っているところはあったと思うんですよね。

池上:ですよね(笑)。

高橋:ただ口にしてはいないんですけれども、周りからは少し、そういうふうに見られてたということを聞いたので。そこから、少し周りに見られているであったり。やっぱり自分と周り、いろんな考え方であったり見え方というのは違うんだなというのは、子どもながらに感じてしまって。そこからずっとそういった「トラウマ」ではないんですけれども、意識というかね。そういったのはずっと持っていますね。

池上:意外ですね(笑)。

高橋:そうですか? 

監督の道の背中を押した、長嶋茂雄監督の一言

池上:少し切り口を変えたいと思うんですけれども。現役時代選手をされて、輝かしい成績を残して、その後、監督としてチームを動かすということをされたんですけれど。実は我々の雑誌『GOETHE』で取材した時に「監督になることを、長嶋監督に相談をされた」というのを聞いてまして。どういう相談をしたんですか? 

高橋:当然、長嶋監督というのは、読売巨人軍の終身名誉監督ですから。球団が次の監督を私に決めるにあたって、たぶん事前に知ってはいたと思うんですけれども。私自身も要請を受けて「即決」というわけではないですけれども。いろいろ考える中で、私自身がやっぱりやるべきであるし。ここは、ある意味で監督というポジションで「また新たな期待をされた」といったところに応えなくちゃいけないというふうに、気持ちもすぐ切り替わりましたので。

「引き受けさせていただきます」ということを、長嶋監督に報告というか。私が巨人に入った時の監督ですから、報告をしまして。「迷っているわけではないんですけれども、少し不安です」みたいな言葉を、会話をしたんですけれども。その中で「お前も40才だろう。俺は39才でやったんだから大丈夫だ」と。いろんな話をする中で、その一言でもう後に引けなくなってしまって。

池上:(笑)。そうですか。

高橋:長嶋監督に言われれば、もうやるしかないと。「やる」と自分の中で決めてはいるんですけれども。やるしかないし、ある意味、背中を押してもらえましたし。その後もいろいろ相談に乗っていただいたり、そういったところでは力を貸していただきましたので。いい思い出といいますか。

池上:その一言が、ダメ押しとなったという(笑)。

高橋:そうですね(笑)。

監督になって感じた、人を動かす難しさ

池上:プレイヤーからマネージャーである監督に転向されて。同じ野球なんですけど、野球に対する見え方というのはやっぱり変わった感じですか? 

高橋:本当に今おっしゃるとおり、同じ野球なんですけども、本当に見え方というか、さっき言った立場が変われば見え方も変わりますし、同じものも……。まぁ、違ってとまでは言えないんですけれども、当然、見え方とか感じ方も変わりまして。プレイヤーの間というのは、当然、自分の結果に対して「自分で打てる手」というか、自分で解決していく、なにかを変えていく。いろんな手を打てると思うんですね。

そして自分で解消できる部分というか、スランプであったり結果が出ないストレスというのは、同じ仕事で返せる部分、次の日にまた違う結果を努力して出せば返せるとは思うんですけども。

やっぱり監督になると、なかなか自分でやることではなくて。人を動かしていくといったところでは、当然、さっき言った自分と他の人たち。しかも選手は、試合に出ているのは9名。それ以外ベンチにも、それ以外にもたくさんいますので。なかなか同じ方向を向かせたり、チームを一つにするというのは難しいなということを、最初に感じましたかね。

池上:うーん。人を動かすって難しいですよね。

高橋:そうですよね。そこがさっき言った、監督となるとなかなか行動だったり結果というところで示しづらいといったところでは、自分がプレイヤーとしてやってきた部分とでは、少し変えなくちゃいけないというか。難しさを感じた部分ではあったかなと思いますね。

選手はチームの勝利は当たり前、プロは「自分の結果」も仕事

池上:やっぱり1プレイヤーとしての……。監督だと会社の利益とか、そういうことも考えなきゃいけなかったりしますもんね。

高橋:そうなんですよね。当然、選手というのは「チームの勝利」を目指すのは当たり前なことであって。ただ、その中でプロは「自分の結果」も仕事ですから。いろいろなものが左右される中で。とにかく、自分の結果を目指して戦っているんですけれども。監督となるとやはりチームの勝利、チームの利益と言ったらアレですかね。そこを求められて、いろいろやっていかなくちゃいけない中では、なかなか難しさというか。

プレイヤーと違って、なかなか……一日中というかね。プレイヤーの頃は現場というかグラウンドで頭を切り替えて、自分でやるべきことをやって、グラウンドを離れることができたんですけれども。

監督になると、やはり考えることのほうが多い仕事ですから。なかなか頭から野球が離れなくなるというのが、監督時代でしたかね。

池上:24時間ずっと、野球のことを考えている? 

高橋:考えないようにしても、やっぱり考えちゃうんですよね。

池上:そうですよね。奥さんから「なんでずっと野球のこと考えてるの」って怒られないんですか? 

高橋:それは言われましたね。選手の時よりも、なんとなくそういった言動というか、言葉。いろんなものが出てきてるということは、言われましたし。たださっきも言ったように、仕事で抱えたストレスとかスランプというのは、やっぱり仕事で返すしかないので。

監督となったら、やっぱり考えることが仕事ですから。そこはなにを気分転換しても、一瞬忘れるだけであって、なんの解消にもなってないですから。やっぱり考えることが次に進むというか、問題を解決・解消していくための、一番できることなんじゃないかなと思っていますね。

困難に立ち向かった経験が、次に戦うときの原動力になる

池上:監督になられて、結果が思うように出ない時もあったと思うんですけど。ドン底になった時に、その問題をどう、高橋さんは乗り越えるようにしていたんですか? あまり考えないようにしていたとか、そういう……。

高橋:いや、やっぱり考えます(笑)。どうしても目の前で起こってますし、ずーっと一番の当事者ですから、考えないというわけにもいかないですし。監督時代は本当に、なかなかない「13連敗」も経験しているんですけれども。ただやっぱり、その困難というか災難というかね。そういったことから逃げてしまうと、また次に同じのが来た時に、また逃げないといけなくなってしまうので。

やはりその困難に立ち向かう、困難に向き合うことが、やはり解決する一番の道だと思いますし。その困難のすぐ後ろには解決策があると、僕は思って。とにかくその困難と向き合うというか。すぐには結果が出なかったこともありますけども、ただ、乗り越えたというか、そこに立ち向かった経験というのが、また次、困難が来た時に戦える原動力になると思うんですよね。

やっぱり一回逃げてしまうと、また同じように逃げることを選択してしまうんじゃないかなと思っていますし。当然、時には絶対に回避しなくちゃいけない、逃げなくちゃいけない時もあるかもしれないんですけれども。

でもそんなことって、まぁ、そんなにたくさんないのかなと思っていますので。つらいですけれども、その困難としっかり向き合って、その後ろにある解決策をなんとか見つける努力をしてましたね。とにかく最善を尽くそうと思っていました。

失敗しても、とにかく「次どうするか?」を考える

池上:ある一つの作戦がうまくいかなかった時に、スパッと切り替えて次の作戦にいくということも、けっこうされていたんですか? 

高橋:しました。とにかくできることをやって。ただ、それがすべてうまくいくわけではないので。でもさっき言った、なにもしない、逃げてしまうんじゃ先に進めませんから。とにかくいろんな手を打ちながら、うまくいかなかったら「今度は次、なにをしよう?」と考えていましたし。現役の時も、バッターというのは10回あるうち3回しか成功しないスポーツで、その失敗を試合中に考えていても、次、また自分の打順が来てしまいますから。

失敗しても、とにかくまた次の準備。「次どうするか?」ということを考えて、プレイヤーとしてもやっていましたので。監督時代も、うまくいかなくても「今度はなにをしよう、次はどんなことができるんだ?」ということを考えながらやっていました。

池上:選手たちとは、その時はどういうコミュニケーションを取っていたんですか?

高橋:選手たちにも同じことを言っていました。「君たちは今、目の前にある最善のプレーをしなくちゃいけない。そこを僕らがどう選択していくかが、僕らの仕事であるから。私が現役時代考えていたように、君たちは目の前にあるプレーにしっかり最善を尽くす、全力を尽くしてくれ」。

そしてさっきも言った、プロ野球というのは「勝つこと」を「結果を残すこと」と同じぐらい、見てもらっている人たちに感動というか、すばらしいものを届けなくちゃいけないわけですから。そこをしっかり考えながらプレーしてくれ、というのは伝えていましたね。

池上:そうなんですね。なるほど。