多言語チャットボット「Bebot」を展開するBespoke代表の綱川明美氏

河上純二氏(以下、河上):今日のゲストは、Bespoke(ビースポーク)のInc.Founder&CEO綱川明美さんです。はい、どうぞ。

(会場拍手)

綱川明美氏(以下、綱川):お邪魔します。

河上:ははは(笑)。そういうトーンで入ってきたんだね。今日はおしとやかな感じ? なんだそれは(笑)。

(一同笑)

バチェラーを見てないって言ってたもんね。

綱川:見てないです。

河上:なんだ、そうか。バチェラーって見て、おもしろいから。

綱川:CMだけ見たことがある(笑)。

磯村尚美氏(以下、磯村):あはは(笑)。一緒だ。

河上:お互い様か。

磯村:男性のほうが人気あるって彼女言ってたよ。

河上:そう。じゃあとりあえず乾杯しましょうか。

綱川:飲んじゃいましたが(笑)。

河上:いいよ、ぜんぜん。はい乾杯。

磯村:乾杯。静かだよね。一人いないと静かですね。

河上:及川がいないからね。

磯村:ね。

河上:どう、ご無沙汰だけれどもお元気?

綱川:久しぶり。3ヶ月、4ヶ月ぶりくらいですね。

河上:ああ、そうだね。だって、ちょうど昨日、日本に帰ってきたんでしょ?

綱川:そうなんです。昨日帰ってきたばっかり。ヨーロッパ1ヶ月ぐらいか、布教活動に行ってきました(笑)。

河上:お仕事だからね。新布教活動ね、「Bebot」の?

磯村:布教活動!?

綱川:はい。

ダウンロード不要で年間1,000万人が利用するAIチャットボット

河上:あー、そうなんだ。じゃあ、この動画を見ている人の中で、Bespokeという会社やBebotというサービスを知らない人もいるからね。どういうサービスなのかを、まず社長の綱川さんから話してもらおうかなと。

綱川:バッチリです。

河上:バッチリ。じゃあいこう。

綱川:今、外国人の方が(日本に)たくさん来てると思うんですけれども、外国人の方に多言語対応しなきゃいけないじゃないですか。なかなかどこもやっぱり人材不足でお悩みなので、それを代わりにスマートフォンを使って、チャットのサービスで自動で多言語で返信するサービスをやっています。

具体的には、ホテル、観光、自治体、その他交通機関なんかで、例えばwi-fiに接続をすると。そうすると勝手にスマートフォンでチャットのページがピコンって上がってきて「何かお手伝いできることありませんか」と。

河上:おお、いいね。

磯村:えー、Wi-Fiにつながるだけで上がってくるの?

綱川:そうなんです。

磯村:じゃぁアプリがいらないってこと。

綱川:そうなんです、ダウンロード不要で、年間でいうと1,000万人以上今使っている……。

河上:すごいじゃない。

綱川:この間、台風があったじゃないですか。台風15号の時も、成田空港で大量に怒りのメッセージとかお困りの声が届いていて。そういうものにスタッフに代わって、返信をしていくといったサービスになります。

コンサルティングや金融の仕事を経て起業

河上:なるほどね、がんばってるよね。サービスリリースから、もう何年になる? 

綱川:もうすぐ4年経ちますね。

河上:4年になった。

綱川:今日で、4期目終了。

磯村:おめでとうございます!

河上:素晴らしい。

(一同拍手)

磯村:歌って。4周年記念。

河上:なにをよ。そういうの恥ずかしい。

綱川:歌ってくれるの!?

磯村:笑、ダメなの?(笑)。

河上:4周年になった。すごいね。

綱川:会ったとき、まだね、1年目の……。

河上:そうだよ。

綱川:まだちゃんとなにもやってないとき。

河上:始まったばっかりだよ。

綱川:はい。

磯村:すごいですよね、もともとは何をされていらっしゃったんですか?

綱川:もともとは、サラリーマン?(笑)。

磯村:サラリーマンから、そんな。

綱川:あそっか、普段か(笑)。普段だ、やり直し(笑)。

河上:サラリーマンじゃない、キャリアウーマンだからね。

綱川:やり直します(笑)。もともとは資産運用の会社で働いていました。Daisyっていうところで、計算したりしていたんですけれども、その前がコンサルで、その前が外資系の投資銀行で日本株をやっていたんですけれども。なので、ぜんぜん違う金融系の仕事をしていたんですけれども、(自分が)あったらいいなと思ったサービスがなかったので。

河上:そうだよね。

綱川:自分で作ることに。

磯村:すごくない(笑)。

綱川:(起業)しました(笑)。

知り合いのいない土地で、ガイドブックに載っていないお店に行くには?

河上:そもそもそのちゃんと聞いたことはないんだけど、このサービスを始めるきっかけだったりとか、どうやってサービスリリースまで持っていったのか、その当時の話をちゃんと聞いたことないんだけど、どういう流れからこういうサービスを始めることになっていったの?

綱川:一番初めは夏休みにお出かけした先で、いつもどおり不便な思いをして、地元の人がいたら教えてくれるようなお店とか、体験って、やっぱり(知り合いが)誰もいないと難しいじゃないですか。

河上:ツアーのようなものではなくて、“知る人ぞ知る”みたいなものでしょう。

綱川:そう、そうなんです。ガイドブックに載っていないお店だとか、そういうところに、知り合いが誰もいなくても誰かいる時みたいに行けたらいいなと思って。調べたら、それっぽいものが見当たらなかったんですよ。一番近いと思われたものが「Tinder」。

河上:なの。

綱川:地元の人と知り合えるじゃないですか(笑)。

河上:ちょっとぜんぜん目的変わってる気がするけどね(笑)。

綱川:そうそう、目的は違うけど(笑)。

河上:まぁ、あるっちゃあるよな(笑)。

綱川:趣旨は違うけど、でも最後のゴールは近いじゃないですか。地元の人とは出会えるのって思って。

河上:エリア決めて狙い撃ちできるからね。OK。

綱川:位置情報もついてるし。でもちょっとリスク取りすぎだなと思って。安全を自分で作ろうかなと思って。始まったのが4年くらい前ですね。ひらめいて、最初に思ったのが……ひらめいたのはいいんだけど、作り方がわからないじゃないですか。

磯村:そうだよね、そうだよね。どうしてるのみたいな。

河上:もともとね、IT系の人じゃないからね。

磯村:そうだよね。

河上:金融の人だから。

綱川:それで、じゃあ何があれば、できるかなって考えた結果、自分にできそうなことは、お金を集める以外に(笑)。

河上:なるほどなぁ。

金融業の経験を活かしつつ、仲間を集めて5人で創業

綱川:その時は(お金を調達することしか)思いつかなかったんですよ。そうしたら、そこから人を採用してどうにかなるかなって甘い考えがありまして。

磯村:え!? お金が先? 人が先? 両方いっぺんに?

綱川:両方。

磯村:うわー、すごい。

綱川:(両方いっぺんに)やればいいかなと思って。自分でできないから。最初に2千万円応援してくださる投資家さんが見つかって、それと同時に仲間になってくれそうな人をいろんな人にメッセージして。

磯村:口説いたんだよ。

綱川:紹介してくださいというのをやって、集めてスタートしたのが、4年前か。そこから、早送りすると、4~5回ぐらい潰れそうになったりとか。

河上:おお。

綱川:しつつ、一応サバイブして、明日から次の期に突入します。

河上:すごいよ。すごいことだよ。

磯村:初期メンバーは何人集まって4年前にスタートしたの。

綱川:初期は、自分とあとインターンの女の子とデザイナーさん2人。たぶん必要なかったんですけど、その時はよく分かっていなかったので2人。プラスエンジニアの方1人で5人でスタートして。今は1人しか残ってない(笑)。

磯村:そのメンバーね。

河上:当時のメンバーね。

磯村:他のメンバーがいるんですね。

綱川:そうですね。トータルでは40人くらいに増えていて。

磯村:わー、すごいじゃん。

河上:そうだよね。

綱川:「社会保険料、高いなぁ」って思い毎月思いながら(笑)。

磯村:えらい(笑)。ちゃんとできてるね。

河上:そこか(笑)。女性の経営者っぽいところで見てるね。

綱川:高いなぁって思いながら(笑)。

世界20ヶ国の人々がスタッフとして事業に参画

河上:今でも本当に、俺ももういろんな会社を見ているけど、ここまでいろんな国の人たちが集まってやっている会社もけっこう珍しいなって思ってるんだけど、今は何ヶ国位の人が参加してるの?

綱川:数えてないので、今数えますね。

河上:いや、いい(笑)。

磯村:それはスタッフ?

河上:スタッフ、スタッフ。もちろん。

綱川:アメリカ、ポーランド、ロシア、スイス、フランス、インドネシア。タイ、日本、マレーシア、残りは、ベトナム。

河上:過去もあるわけじゃない。

綱川:カナダか。はい。

河上:そうだよね、過去には別の国の方もいらっしゃってお手伝いしてた時もあるわけでしょう。だから、相当な数ってことだよね。

綱川:20(ヶ国)くらいはいっていると思います。

河上:じゃあすごいよね。おもしろいと思う。

綱川:あ、でも、私は逆に、日本人のちゃんとした方を採用するスキルの方がすごいなと思ってて。

磯村:日本人のちゃんとしたスキルの方って、どんな、どう?

河上:どういうこと?

綱川:レベル高いゾーン。通じました? ぜんぜん通じなかった(笑)。

河上:日本人の優秀な人を採るほうが大変ってこと?

綱川:大変。大変です。

人集めは、Linkedinで営業をかけられたら営業し返す

河上:それは綱川さんがほら、バイリンガルであるし、海外の人たちとも昔の仕事の関係もあってつながりが多かったから、他の人に比べて海外の優秀な人を見つけるのが簡単なんじゃない?

綱川:うーん、知り合い経由で、でもほとんど採っていないんですよ。

河上:そうなんだー。

綱川:一番最初のメンバーは、確かに知り合いの知り合いの知り合いくらいだったんですけど、ほとんどもういないので。今いる人って、実質、他人だった人を……。

磯村:他人(笑)。

河上:「やりたいです」って向こうから名乗り出してくれて?

綱川:Linkedinとかでナンパしたりとか。Linkedinで営業かけられて営業し返して。

磯村:あー、それ効果的ですよね。

綱川:「あなたのサービスには興味ないけど、あなたには興味あります、お茶しませんか」って(笑)。やったりとか。

河上:ははは(笑)。なるほどね、ちょっとそこ、さっきのTinderの話じゃないけど、けっこうスレスレの取引はそこで行われてってる感じ?

綱川:大丈夫。

磯村:すごい。

河上:大丈夫。そうか、おもしろいよね。

磯村:もともと日本でずっと生まれ育って、生活をされてたんですか?

綱川:はい、日本の高校まで行ってその後カナダとアメリカに住んでいて、大学卒業は海外、アメリカでして、帰ってきたのが22、3歳の時で日本語ちゃんとできます(笑)。

河上:そりゃそうだよ。

磯村:もちろん、もちろん、そうだけど何か海外の人と仲がいい人って、わりとほら日本から離れて海外生活長かったりとか、ちっちゃい時から帰国子女でこっちに戻ってきたとか、なんかそんな感じなのかなと思って。お聞きした感じです。……グッ。(綱川さんに)いいねもらいました(笑)。