世界中で「音楽の聴き方」が多様化している

亀田誠治氏:さあ、では次に行くね。「サブスク」「今はスマホ」などといろいろと言ってきたけれど、ここ数年は……というよりもここ数ヵ月の間に、いろんな音楽の聴かれ方がされており、さらに多様性を持っているんですよ。

みなさん、ミームソング。ミーム(meme)という言葉が分かりますか? 例えば、TikTokなどでもよくあるけれど、1つの曲をいろんな人が真似をしたりして、ネット上で広がっていくんです。SNSが生み出したイノベーションなんだけれども、今、全米で、このミームソングが一世を風靡していて。このリル・ナズ・Xという人は知っている? みんな、知っている人?

(会場挙手)

あっ、少ない。これは俺も怖くて。“さっぱりさぱ男”になったらどうしようと思って、資料なども用意して来たんですが、今このリル・ナズ・Xが歌っている、「Old Town Road」という曲がアメリカのbillboardで19週間連続1位になっています。

リル・ナズ・Xが、また賢い男でして、TikTokに自分から放り込んで、ハッシュタグを付けている。前もって、3〜4ヶ月くらいの準備をかけて、この「Old Town Road」という曲をヒットさせました。

今まで、YouTubeなどで歌ってみた、踊ってみた、というものが何年か前からあったでしょう。すごくヒットして、それはそれでいろんな人に届いて、楽しい幸せを与えていました。星野源さんの恋ダンスもそうだよね。みんなでやるんだけれども、TikTokの5秒10秒で……あっ、TikTokをやっている人はいますか?

あっ、いない。えぇ、TikTokをアプリで入れている人?

(会場挙手)

入れているけどやっていないということね。見て楽しんでいるということかな? ビックリした。これは、TikTokを知っている前提で話しているので、知らなかったら大変なんだけれども。今までは恋ダンスもそうだけれども、2〜3分の楽曲全体を通してという。

イノベーションとしては同じ方向性を向いているんだけれども、TikTokは5~10秒。5秒で分からせちゃう、というところがすごくて、これが今の時代の音楽ヒットの鍵になっている。

欧米のヒット曲は“最初の5秒”に凝縮される傾向に

リル・ナズ・Xに行く前に戻るんだけれども、(日米チャートのスライドを指して)これは、サブスクが何を変えたかという日米のチャートから見えてくるもの。アメリカのbillboardチャート、9月7日、最近のものです。

まずはアーティスト、Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)は知っているかな? みんな。Billieちゃん、僕は大好きなんだけれども、いろいろと、Ed Sheeran(エド・シーラン)、Taylor Swift(テイラー・スウィフト)も入っていますよ。

それで、まずおもしろいのが、作曲者の数を見て。これはね、欧米ではコライト、共作と言うんだけれども、1曲作るのにこんなにも作曲家の方がソングライターとして関わるわけ。1、2、3、4。もう4〜5人は当たり前で、Chris Brown ft. Drake(クリス・ブラウン・フィーチャリング・ドレイク)なんて、1、2、3、4、5、6、7人。

それで、Ed Sheeranは、なんだかシンガーソングライター風なのにもかかわらず、Ed SheeranとJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)の「I Don’t Care」が、1、2、3、4、5、6人。6人の人が曲作りに関わっている。

要するに、サブスクで(曲が)かかった瞬間にすぐに口ずさめるよう、さっきのTikTokの話じゃないけれども、5秒で引き込むために、曲を凝縮しているんです。サブスクが変えちゃったのは、曲の単位で、このアメリカの曲の短さを見てください。2分53秒、3分24秒……トップテンの平均が3分7秒。

(スライドを指して)これは今の日本のチャートです。日本のシングルチャートなどを見ていると、ここら辺は共作していますね。キンプリ(King&Prince)やジェネレーションズ(GENERATIONS)は共作していますが、見てこれ。

曲の長さの違い。軒並み4~5分でしょ。アメリカが平均3分7秒。日本は4分34秒。要するに、聴かれ方、受け取られ方が違うので、曲の構成・構造まで変わってきてしまったわけ。

これを言うと、「えっ、じゃあ亀田さんって洋楽志向?」などというわけではなくて、J-POPにはJ-POPの情緒というものがあって、そこを大事にしなきゃいけなくて、それを語りつくすためには、4分34秒のようなストーリー仕立てが必要。

これがイノベーティブな視点なんだけれども、それならばもっともっと楽曲を凝縮して、スマホやPCを押した瞬間に、バシッと来るような楽曲の作り方に欧米はシフトしているということなんです。

そして日本は、サブスクが浸透していなくて、いまだにCD文化。きちんとイントロがあって、平歌があって、サビがあるというような、そうした音楽を愛でていくという。日本ならではの、J-POPならではの良さはあるけれども、いい悪いは置いておいて、サブスクを中心に発信される音楽と、CDを中心に発信される音楽とでは曲の作り方が変わってきてしまったということです。

子どもたちまで届くものこそが「正真正銘のイノベーション」

そして、先ほどのリル・ナズ・Xの話に戻るけれども、この19週連続1位になった曲を流してもらってもいいですか?

(子どもたちがリル・ナズ・Xの曲に合わせて踊る動画が流れる)

こんな風に、子どもたちまで真似をしちゃっているわけ。これホントは、渋めのカントリーギターのサンプリングがあって、そこからラップが乗るという曲なんだけれども、TikTokでどんどん拡散していって、挙句の果てに届いた先というのは、この子どもたち、親子、孫、3代、アメリカ全土津々浦々の大ヒットになっていて、6億再生だよ。

それと似ているのが(笑)、ちょっとこれFoorinの「パプリカ」を流してみて。

(子どもたちが「パプリカ」の曲に合わせて踊る動画が流れる)

(笑)J-POPの情緒ですからね、みなさんね。はい、ありがとうございます。

これはでもね、リル・ナズ・Xのヒットを見たときに、「あっ『パプリカ』の拡散と似ているな」と思いました。「パプリカ」の場合は、いろんな子どもたちが踊っていた。

今年の春に、オーディションをやったんだけれども、そのときに子どもたちに「何か一芸をやってください」と言うと、10人中9人は「パプリカ」を踊るんだよ。それで、「ははー、なるほど」と。正真正銘のヒット、もしくは正真正銘のイノベーティブなものは、子どもたちにまで届かないといけないんだということに合点がいったわけ。

リル・ナズ・Xのヒットもそうだし、このFoorinのヒットもそうです。こうやって子どもたちが無邪気に、「Old Town Road」を踊って、ラップしてという。

そうした風になって来るというのは、やっぱりこの、TikTokが作り出したイノベーション。TikTokを使って遊ぶ、それでこうやって多くの子どもたちに届いているという結果を、「イヤイヤうまい商売していますね」などというように、みんなには考えないでほしい。

ここに集まっている、前途洋々たるみなさんには、例えば子どもたちにまで届くものということは、それだけイノベーションが人を幸せにしている、人々の生活を豊かに彩っていると考えてほしい。

そうすると、いろんな新しいイノベーションが起きても、それを受け入れることができるし、新しいイノベーションが起きると、それをヒントに、「じゃあ自分たちは何をやっていこうか」ということを考え付くことができる。そういうことを肝に銘じてほしいと思います。

イノベーションを起こすのは“テクノロジー”ではない

そのように考えると、すべての音楽もそうであり、みんなが将来向かおうとしている道でもそうなんだけれども、きっかけになるものはイノベーションなの。それはすべてのものに通じるんだけれども、この時代のテクノロジーというものを外すことはできない。

このテクノロジーは、すべてのテック企業や、テックということだけではなくて、情熱や思いというものに置き換えて考えると、すごく未来への道筋が見えてくると思います。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。