ファッションはルールの多い業界

佐久間裕美子氏(以下、佐久間):今回のテーマの1つに「ルール」「オルタナティブルール」というものがあります。ファッション業界って、ルールの多い業界じゃないですか。

Shun Watanabe氏(以下、Shun):超多いよね(笑)。

佐久間:そう、「あれしちゃダメ」「これしちゃダメ」とかさ。もっと言うと、よく欧米では「9月過ぎたら白いパンツ履いちゃいけない」とか。

Shun:えっ、なんで? ああ、夏っぽいから?

佐久間:そうそう。昔のけっこう古典的なルール。あと「黒と紺を合わせちゃいけない」みたいな。

Shun:えっ⁉ なんで?

佐久間:なんか……(笑)。

ラブリ氏(以下、ラブリ):黒っぽいから?(笑)。

佐久間:いや、ルールってだいたい、たぶん理由なんかないんですよね。

Shun:でも、それを無視してやっていたから「変な人」と思われたんだと思う。

「ルール無視」というルール

佐久間:それがむしろね。ぜんぜんルール無視、というところがね。

Shun:メンズをやってたけど、ネクタイの結び方がわからなかったもん。

佐久間:ああ(笑)。

Shun:なにか見て、でもこうやって自分でやるとわかんない(笑)。でもまあできてるからいっか、みたいな。

佐久間:(笑)。ルール無視というのは、ある種、Shun Watanabeのルール。

Shun:そっちのほうが新しく見えるね。

ラブリ:でも最近はSNSとかで、すごく情報が溢れてるじゃない。

Shun:FBIみたいなやつが「間違ってるよ」みたいな(笑)。

ラブリ:(笑)。だからルールがすごくたくさんあるように見えるというか、「こういなきゃいけない」とか。例えばかわいい子とか、きれいな人が、ベストな写真を上げるじゃない。となると、やっぱり「かわいい」という概念が、イメージの中の話になっちゃったりする。例えば「結婚のよさ」的なさ。結婚してお金も持ってて、ママの生活、モデルもやってます、みたいな。

佐久間:はい、はい。

ラブリ:結婚する女性がすべて、その像みたいなものがある。

佐久間:像があるよね。

ラブリ:イメージ像がやっぱりある。「自分も早く結婚しなきゃいけないんじゃないか」「いい旦那さんを見つけなきゃいけないんじゃないか」「いい職に就かなきゃいけないんじゃないか」とか。すごくちっちゃい情報で埋め尽くされて、自分は一体何なのかというところが、わかんなくなっちゃってるような気がする。

身の回りにあふれる情報との付き合い方

佐久間:そういうことに、ラブちゃんでも惑わされたりするときあるの?

ラブリ:私は……「これがこの世界なのかな」と。モデル業界とかも、例えばパーティーがたくさんあったり、美容も、誰かが美容の商品とかを(SNSに)上げるじゃない? そういうのも……。

Shun:ステマみたいなね。

ラブリ:そうそう。仕事なのか本当に好きなのか、ごちゃごちゃして「何なの?」と。でも結局、どうせそのストーリーとか、誰が何を上げたかなんて、明日になったら忘れちゃうわけだし。

Shun:かかって1秒という感じ(笑)。

ラブリ:そうそう(笑)。忘れちゃうから。結局その瞬間は気になるんだけど、あんまり自分の生活には関係ない。もっと切り離していいし、人ってもうちょっと他人なんじゃないかな。もうちょっとドライなのかもなあ、とは思う。

佐久間:よく女の子とかが、「みんながリア充風に上げてるのを見ると、自分の人生がつまんないんじゃないかと思っちゃう」「このパーティーに私は呼ばれてない」とかさ。

Shun:それってさ、女の子だけじゃなくて全員そうだよね。

周囲の影響を受けずに生きるにはそれなりの自信が必要

佐久間:ある? そういう悩み相談をされたりする。そういうことに関わらずに、影響されずに生きていくには、それなりの自信みたいなものが(要る)。

Shun:自信は超重要。

ラブリ:自信は大事だよね。

佐久間:自分に関係ないよと思える。

Shun:エンターテインメントみたいなね。

ラブリ:自分がやらなきゃいけないことをちゃんとやるしかないよね。一瞬携帯とか見ると惑わされるけど、「いや、でも本読まなきゃいけないし」って(笑)。

佐久間:やることいっぱいあるしね(笑)。

ラブリ:「探し物をしなきゃいけないし」とかさ、やることは意外といっぱいある。

Shun:掃除しなきゃ、とか。

ラブリ:そうそう。家のこと、「あれしなきゃ」とかさ。本当に目の前のやらなきゃいけないことにちゃんと集中するというか。やっぱSNSってすごく非現実的。でも結局みんな見てるし、そこにもアナログっぽい温度が流れてるし。

Shun:あと全世界に発信できるからね。インスタだったら、みんな見れるじゃん。

ラブリ:そうそう、みんな見れるしね。

Shun:それはもう、雑誌やってたときからぜんぜん変わったよね。

別キャラになりきれば、苦手だったこともできるようになる

佐久間:そうだね。Shun君はそれで言うと、最近ANA DIAMONDCLASSというドラァグクイーンを。

Shun:(笑)。

佐久間:要は別キャラがいてね。

Shun:そう(笑)。

佐久間:別キャラが存在して、その別キャラで今度、『VOGUE GIRL』でビデオのシリーズをやってる。あれはどう始まったの? そもそも趣味というか、やってたじゃない。

Shun:趣味で(笑)。

佐久間:趣味で(笑)。

Shun:ル・ポールでドラァグクイーンが超好きになってね。もともとファッションの人たちって、たぶん2004年ぐらいからセックスチェンジパーティーみたいな感じで、みんな男の子が女の子になってた。最初はロンドンでやって、それがニューヨークとか、東京でもやった。ハマってるけど、メイクは自分でできないし。スタイリングはできるけどね。

ってやってたら、ル・ポールのあれがあって、「もう1回やろう」みたいになり、ウチらの周りの友達がみんな一緒にパーティーとかしてやり出した。それと同じぐらいから、スタイリストの仕事も長くやってるから、新しいことをやりたいみたいな。マガジンもずっとやってるし、マガジンも誰も読んでないし、ってなってくるじゃん。

佐久間:うん。

Shun:そのときに「何だろう」と思った。こうやって、スッピンで人の前で話すのがすっごく嫌いだったけど、「ドラァグクイーンだったらできるかも」と。

佐久間:はいはい。

Shun:それを『VOGUE』の友達に言ってたら、「やんない?」みたいに言われて……「やる」って(笑)。

佐久間:これね、すっごくおもしろいのでみなさん見てください。

Shun:そう、見てください(笑)。

佐久間:だから、こうやってスッピンでみんなの前で話すの、今日が初めてなんだよね。

Shun:初めて。うん。……初めてじゃない、ウソ(笑)。何回かやった(笑)。

佐久間:初めてじゃないか(笑)。

ラブリ:(笑)。