「0秒で動く」にはイシューアナリシスが大切である

伊藤羊一氏(以下、伊藤):これは一気に話すとちょっと忘れてしまうので、尾原さんにぜひ。

尾原和啓氏(以下、尾原):ここから?

伊藤:まず、どんな頭の使い方をしているか、みたいなところを。

尾原:やっぱり世の中に出ているコンサルの誤解というものがあって、割とコンサルは「0秒で動け」なんです。

伊藤:そうなんですね!

尾原:はい。さっきのロジックツリーとかピラミッドストラクチャーと呼ばれるものなんですけれども、これは結論が出たあとに説明を作るためのプレゼンを作るための技法なんです。

伊藤:そうなんですか!?

尾原:はい。

(会場笑)

伊藤:本当に?

尾原:だから「1分で話せ」ですね、それは。

伊藤:こっちから、じゃあ上から下にいっている感じなんですか?

尾原:はい。

伊藤:なるほど。

尾原:正確に言うとピラミッドストラクチャーとロジックツリーは違うし、もっと言うと、人が「0秒で動け」みたいな行動をつくるときは、イシューアナリシスが一番大事なんです。

伊藤:なるほど。

尾原:このイシューアナリシスの権化という男が

伊藤:安宅(和人)。

尾原:安宅さんなんですけれども。こういうものを人に説明するときは、いきなりその人にとってまったく聞いたことのない結論を言われてもわからないから、「じゃあこの結論をわかるかたちに分解してご説明しましょう」というのが、ピラミッドストラクチャーなんです。

ロジックツリーは患部を特定するもの

尾原:ロジックツリーというのは、全体を診断するときなんかに、ぜんぶをいきなり診断はできないので、人間ドックと一緒なんですね。

伊藤:分けていくと。

尾原:人間の体を健康診断するときに、まず血液を見てみましょう、体重を見てみましょうと。胃を見てみましょう、肺を見てみましょうと小分けにしていくことによって、悪いところを特定するのがロジックツリーなんですが、それはあくまで診断なんですね。

伊藤:そうですね。

尾原:本当は、ビジネスにおいて悪いところを直すよりも、新しいことを始めることだったり、いいことを増やすときには、「僕たちはなんの課題に取り組むのか」というイシュー設定がある。そのイシュー設定というのはロジックを飛ばすことがけっこう多いんです。

伊藤:そうですね。

尾原:そのロジックを飛んで、どこのイシューにタップリングするのかというところのイシューアナリシスが、実はコンサルの神髄で。実はわりとこれに近い話なんですよね。

伊藤:そうなんですね。僕は先入観なしに整理していくようなところに、コンサルの真骨頂があるのかなと思っていて。

「直感は経験の圧縮である」

尾原:そうなんです。ただ僕たちは……僕たちと言っちゃいましたけれども、25年前は僕自身がコンサルだったんですよ。一応マッキンゼーという、世界で一番ブラックな会社にいて。

(会場笑)

ありがたいことに、9時から5時までの会社だったんですよ。朝9時から(翌日の)朝5時まで。

(会場笑)

時給を計算すると、620円くらいなんです。

(会場笑)

なんだけど、世界でこんなに働かせてくれるマクドナルドは存在しないので、働くの大好きな僕にはすごく便利な会社だったんですけれども。

ふだんみなさんは自分の人生を歩んでいるじゃないですか。自分で仕事を歩んでいるじゃないですか。自分の人生を歩んでいる人、自分の仕事を歩んでいる人というのは、人生の中で圧縮してずっとイシューアナリシスをやっているわけですよ。

なんかこれに違和感を感じるなと。「直感は経験の圧縮である」という言葉があって、やはり人間の直感は、別にひらめきがあるかどうかみたいな、(頭上を指して)ここに電球マークがついている人がひらめけるんじゃないんです。人間の脳みそは、いわゆるディープラーニングと一緒で、複数の神経と神経がつながっている。

ふだん仕事をしていると、いろんなものにつながりができている中で、普通だったら論理を5段階にいかないといかないところ、いわゆる「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな言葉があるじゃないですか。

風が吹くと埃が舞って、埃が舞うと目が見えない人が増えて、目が見えない人が増えると三味線弾きになって、そうすると三味線の原料の猫がいなくなって、猫がいなくなるとネズミが増えて、ネズミが増えると桶がかじられるので桶屋が儲かる。これが「風が吹けば桶屋が儲かる」の論理構成なんです。

今言った話で7段論理ができているわけですよ。ふだんずっとこういう論理を考えているから、風が吹いた瞬間に「風が吹くと桶屋が~」と論理がつながるという話なんですけど、コンサルはふだんからこういうことを考えてはいないから、いきなりお客さまのところに行って。

伊藤:ゼロから立ち上げて。

尾原:立ち上げなきゃいけないから。

伊藤:ここの部分をあえてやるんだ。

0秒で動くための技法

尾原:1週間でこれを作るための技法としてロジックツリーとかを使うんですよ。それで「たぶんこの辺にもやもやが多いんだろうな」「たぶんこことここは、つながりがあるんじゃないかな」ということを思って。

伊藤:なるほど。

尾原:コンサルタントセブンデイズとか、最近だと新しいCEOが会社を革命しますと。そういうのはファーストワンハンドレッドデイズと言うんですが、やっぱり最初の100日間や、コンサルの最初の1週間に、どうやって0秒で動ける体になるか。それを装着するための技法があって、それがロジックツリーなんです。

伊藤:なるほどね。

尾原:そのイシューにジャンプしてやっていく部分は、やっぱり「0秒で動け」に近いですね。

伊藤:なるほど。コンサルタントの方々も、まったくゼロのところからいきなりやるんじゃなくて、ふだんいろいろ考えている中から答えを出しているんですね。これはもう結論ありきで、直感と言われていることにしたがってやればいいんじゃないかということで、基本は同じだと。

尾原:同じです。

伊藤:そういうことなんですね。なるほどですね。

流れ星が見えた瞬間に願い事が言える人の共通項

尾原:あとは、こういうことがより大事になっている時代という話があって、同じようにコンサルの言葉に「クロージングウィンドウ」というものがあるんですね。要は昔話でいうところの「チャンスの女神には前髪しかない」という言葉で。

それはどういうことかというと、チャンスが来た瞬間には前からつかまないといけないんです。通り過ぎたあとに後ろからつかもうとしても、後ろ髪がないからつかむことができない。そのくらい、チャンスというものは瞬間で消えてなくなる。

とくにインターネットではみんながつながっているから、自分がアイディアを思いついた瞬間にはたぶん100万人ぐらい世の中で同じアイディアを思いついているんです。だから最初に前髪をつかんだやつが勝つんですね。

そうすると、このウィンドウのシャッターが高速で下りる中で、いかにしてその窓をくぐり抜けて向こう側に行けるかは、技法としてものすごく大事だと言われていて。だから僕らがコンサルのときに言われたことがあって、よく流れ星を見たときに3回願いごとが言えれば、それが叶うと言うじゃないですか。

流れ星は(消えるまで)普通1秒もないんですよ、しかもいつ落ちるかわからない。そのいつ落ちるかわからない流れ星を見た瞬間に、3回自分の願いごとが言えるぐらい、自分がなにをやりたいかという仮説が自分の頭の中にある。そうしないと、見た瞬間にチャンスがつかめないという話なんですね。

伊藤:なるほどですね。ここにいることがあっていろんな思いを持つんだけど、そこを常に考えて「こうだ」と、それを年がら年中考えろと。

尾原:はい。

伊藤:だから流れ星のときも3回言えるのだという。