RECLOの基盤は信頼性の高さ

河上純二氏(以下、河上):組織について聞くけれど、今それだけの事業を何人でやられていらっしゃるんですか?

青木康時氏(以下、青木):今80人ぐらいですね。

河上:多いな〜! けっこう大世帯なんだね。

青木:日本が70人で、中国が10人とか、そういう感じです。

河上:一番多いのはどういう人たち?

青木:やっぱり物を使うので、いわゆるフルフィルメント(注:通販やECサイトでお客様が商品を注文してから、手元に届くまでに発生する業務全体)と言って、物流のほう、ロジスティックのところで。

河上:ピッキングしてパッキングして、みたいな。

青木:そうそう、検品してうちはとくに鑑定がもう大量に目利きして、偽物1個も出さないっていうふうにやっているチームもいますし、それから撮影して採寸して、出品するチームもあって、ここがやっぱり一番うちの会社の基盤なので。

河上:なるほどなるほど。

青木:もうここが崩れると、何でもいいんじゃない話になっちゃうので。ここが一番大事ですね。

河上:そこはちゃんと自社のスタッフとして抱えてあげて。

青木:そうです、そうです。

1ヶ月で1人当たり2,000個くらいの品物を鑑定

河上:ちなみに鑑定士の人は何人いらっしゃるの?

青木:今は12人前後ぐらいいますね。

河上:12人前後か。俺はわからないんだけれど、それぞれのところにプロがいるの? 「なんでも鑑定団」みたいに、陶器系だったりとか。

及川真一朗氏(以下、及川):特定の分野に詳しい人だったり。

青木:得意分野みたいな。

河上:バッグとかアクセサリーとか、(鑑定士の方の得意分野は)分かれるの?

青木:これはすし職人の概念に非常に近くて。もちろん見てきた物の量や、鑑定をやってきた領域によって、けっこう得意・不得意というものはあるんですけれども、基本的にいっぱい物が流れてくる場所でやっていれば、それは馴染んでいくので。うちは比較的ネットでやっているので、大量に物が流れてくるんです。

たぶん、普通の質屋さんの5年分の経験を、半年くらいでできちゃうような。それぐらいの量をバーッと見るので。1人が1ヶ月で2,000個くらいの品物を鑑定しているので、1日100個ですよ。そうすると、経験値が増していくので。そういうことをやっていますけどね。

物の所有が期間限定へと変化してきている

河上:ちょっとまめにチェックしよう。コムデギャルソンの小物とか。

(一同笑)

河上:奮発して新品を買ってさ、もうちょっとボロボロになってきたから、何かいいもの出たら買いたいな。

及川:あと家に何があるかを見たほうがいいんじゃないですか?

河上:そうだね-。売れる物ね。何かありそうだな〜。

青木:引っ越しのタイミングとか衣替えのタイミングでよく出てくるじゃないですか。もう物の持ち方って、どんどん期間利用になっていて、いくらで売れるかを意識しながら買うとか。(とくに)若い子はそうなっているし。

河上:(商品を)見ている人も出したいと思う人もいると思うんだけれども、ルールってあるの? なんだか、出す物のルールみたいなものは?

青木:普通にRECLO(リクロ)のサイトで、要らない物があったときに、出品に申し込もうとすると、いつ取りに来てくださいというのを選ぶだけなので。

ファッションアイテム全般を網羅

河上:あ、本当に。ブランド名とか、なんかこのブランドだけとか。

青木:一応「取扱対象ブランド」というものがあるので。

河上:それを見て、ということね。

青木:だいたいの百貨店などで売っているラグジュアリーなものは全部取り扱っていますし、BUYMAさんとかいろんなアライアンス先でやっているものは6,000ブランドぐらいあります。ファストファッション以上はだいたい網羅していて、服も時計もアクセサリーも、ファッションアイテムはいろいろ。フライパンなどはさすがやってないですね。

河上:(笑)。

青木:たまに来るんですよ。たまに(フライパンとかが)来ちゃうので(笑)。

河上:飲みが足りないね。

青木:(笑)あれ? (グラスを見て)増えたな。

人を引き付ける青木氏の強み

河上:ちょっと1回ブレイクじゃないけれども、呉社長からコメント来ているよ。やっぱりほら同じ、「青木さんイメチェンヘアースタイル見てますよ」って言ってます。

青木:いじりが......。

磯村尚美氏(以下、磯村):女性ファン。

河上:あと臼井さん? 白井さん? 「キャー!」って言ってます。

青木:言ってないじゃないですか(笑)。

(一同笑)

河上:言っているよ。

青木:言っているんですか。

河上:「先週引き取りに来ていただきました」「イケメンやな〜と」。(コメントが)いろいろ来てますよ。

青木:へ〜。

河上:さすがですな。そんな青木さんなんだけれど、ちょっとね。さっき百貨店の話もすごかったけど。けっこうの青木さんの営業的な動き(はすごいんですよ)。だから俺もね、別にカミングアウトの話じゃないけど、実は青木さんと会うのって、今日で2回目なのよ。

及川:そうですか。

河上:そうは思えないでしょう。

及川:まったく思えないですね。

河上:強み!

青木:このフレンドリーさがすごいですね(笑)。強み(笑)。

河上:これは強み。俺は(青木さんと会って)2回目なんだけど、1回目からかなり盛り上がってアミーゴ(友人)になったんだけど。やっぱり青木さん自体も、笑顔ももちろん100万ドルだけど(笑)。なんだか引きつけ力があって、やっぱりうまいんだよね。

青木:そうですか?

河上:絶対そう思うよ。

磯村:めっちゃ昭和ですね。100万ドル。

河上:香港の夜景だよ、やかましいわ。

磯村:平成最後だからね。昭和ね。

青木:本当香港ってことですね。うれしいな。