麻雀漬けの毎日から学んだ「負けないやつが強い」

石倉壱彦氏(以下、石倉):みなさんは起業家なので、生き方という意味ではすごく共感できると思うんですけど、(会場の)みなさんは学生ですと。

さっきの堀江くんの話だと、夢中になっていたけど、いろいろ変わってきたというところがあった。堀江くんは学生時代に起業したけど、あとのお二方は新卒の時代や学生時代もあったと思います。大学3〜4年生ぐらいの時って、将来働く上でどういうことを考えていて、どういうことに夢中になっていたんですか? その延長線上で今の起業につながっていると思うんですど。

塩田元規氏(以下、塩田):どうやって就職先を選んだかという話だね?

水野雄介氏(以下、水野):どういうことに夢中になっていたか。俺、みんなよりぜんぜんイケてないというか、できない学生でほぼ麻雀をやってた。就職の活動のときは友達に、「電通のOB訪問に行こうぜ」と言われて「行こう」と話をしたんだけど、俺は電気通信系の会社だと思ってたの。理系だから。

塩田:電通ね。わかるわかる。

水野:そうそう。「ああ、電気通信系なの。OK」みたいな感じなくらい、世の中のことを知らなかった。ただ、麻雀は今も経営にはすごく活きているなと思って。

塩田:へえ。

水野:(麻雀と経営は)すごく似ているんだよね。藤田晋さんとかの経営を見るとすごくわかるんだけど、結局、流れと押し引きと場の状況を見て、どこで勝負して何をゴールにするのか(を学んだ)。麻雀は負けないやつが強いのよ。経営も一緒で、潰れなきゃいいのよ。それはいいんだけど、学生の時はそういう感じだったかな。

野球が好きで高校教師を目指した水野氏

水野:就職のときにどういうことを考えていたかというと、「なんだか幸せな人生を送りたいな」と思っていたと。その幸せな人生には夢があって、「やっぱり仲間がいるのがいいな」と思っていた。そのときに俺の視点から見えたのは、「高校野球の監督をやろう」「そしたら毎年甲子園を目指せるじゃん」と思ったから、先生になろうと思っていました。

塩田:なるほど。そこから学校の先生なんだ。

水野:はい。それで先生。

塩田:野球のほうが先なんだ。

水野:野球が最初です。野球部のコーチもやりながら、物理を教えていました。

塩田:なるほど。

堀江裕介氏(以下、堀江):水野さん、先生だったんですか。

塩田:ガチの先生でそこから起業したんだよね。

水野:そうですね。はい。

塩田:その後に入ったのは人材の会社だったね?

水野:そうそう。まずは非常勤というかたちで大学院のときに先生をやって、そのあとワイキューブで3年間働いて起業しました。

好きなことより、好きな“もの”を仕事にしよう

塩田:ちなみに20〜21歳ぐらいの人たちに、「俺そうだったよ」という話だけだと、「じゃあ俺も監督でいいのか」みたいな(考え方をする人もいるかもしれない)。いいと言う人もいるかもしれないし、自分の人生やキャリアで一番悩むフェーズだけど、なにかアドバイスある?

水野:さっきのつながりの話なんだけど、仕事とはいえ、人生の5割とか7割ぐらいの時間を使うじゃん。やっぱり輝いている人って、好きなものを仕事にしている人が多いなと思うんだよね。

「好きなこと」と「好きなもの」は違うし、「好きなことを仕事にしよう」の賛否もけっこうあるんだけど、「人を楽しませることが好き」ではないけど、(人が楽しいと思えるような)好きなものを仕事にするという(選択肢もある)。「みんなが何のために人生を送っているのか? 何のために生きているのか?」と考えたときに、やっぱり幸せになるために生きているんだよね。

好きなものを仕事にしていると、結果としてほかの人より深く思考ができるのよ。ほかの人より深く思考ができると、ほかの人よりも使う時間の総量が増えるから、仕事ができるようになる確率が上がる。結果、自分が幸せになれる確率も上がるし、それは仕事になってくる。

人を楽しませるエンターテイメントが好きでも、野球の選手になるのとゲームを作るのはぜんぜん違うじゃない? でも「人が楽しめること」という意味では一緒だよね。ゲームが好きなら、ゲームの会社をやるほうが絶対強い。俺だったら、中高生が好きだから、中高生のために仕事をしているし。“もの”っていう言い方はちょっと変だけどね。

だから、夢中になるもので言うと、キャリアを描く上では何を対象物とするのかが大事なのかなと思います。

抽象化しすぎるのはよくない

塩田:いろいろ抽象化して、当てはまるところを無理に探さなくていいってことだよね。

水野:そう。

塩田:よく自己分析したりして。俺は学生のときに野球が好きになって、野球のワクワクする感覚が好きだったから、このシーンと同じものがありそうなやつを抽象化して、ここの企業に(その要素を)見つける。「でも、それって野球が好きなだけじゃん?」みたいな。

水野:そうなんだよね。それが好きな理由というのは、そんなに単純じゃない。

塩田:なるほど。そこまで分析するのはむずいから、だったらもう……。

水野:そうそう。

塩田:“もの”か。

水野:好きなものを仕事にしたほうがいいんじゃないかなと思う。

塩田:おもしろいね、それ。

石倉:そういうものを探していく感じですかね。

水野:はい。

塩田:確かに抽象化するとおかしくなることはあるもんね。

水野:抽象化すると、その要素分解がちゃんとできていなかったり、あとはそんな単純じゃないから。

塩田:要素の一番大事なところが削ぎ落とされているときがあるもんね。

水野:あるある。

僕だけが「でかい波が来る」と確信した場所に行くこと

塩田:おもしろい。なるほどね。堀江くんは?

堀江:質問内容を忘れましたね(笑)。何でしたっけ?

石倉:いろんなことに夢中になってきて、いろいろ変わってきているなかで、大学3年生とか4年生の方たちがいて、まさに(堀江くんが)起業した時(と同じ年)だよね。

堀江:学生の時にどういうことを考えたか?

石倉:そうそう。

堀江:「起業したい人?」と言ったときに、めっちゃ(大勢が)手を挙げたじゃないですか。僕だったら、もうこの時点で起業(という選択肢)を捨てますね。

塩田:なるほど。おもしろいね。

堀江:10年後にメジャーになるものに対して、自分が最初に乗ることを意識していて。サーフィンでいったら、もう波が来るとみんながわかっているところで待っていると、乗れないんですよね。

誰も「波が来ない」と思っているけど、僕は「絶対来る」というデータを持っているものに乗るという感じです。僕は大学2年のときに起業しているんですけれども、2年間ほぼ大学に行かないで何をやっていたかというと、「Tech Crunch」で海外のスタートアップのニュースメディアの記事を読んだり、統計のデータをずっと読んでいて。海外の投資マネーと日本のベンチャーの投資金額は明らかに差があるよね。

塩田:うん。

堀江:僕が(起業家と)けっこういろいろ会いに行っていたら、(日本の起業家の「コミュニティは)かなり村っぽくなっていて、すごく(投資金額が)少ないと思った。ここのインナーサークルに入れば、簡単にお金が集まるのがわかったと。

みんなが就活でゴールドマン(・サックス)や電通を受けに行っていたなかで、みんなが超小さいと思っているけど、僕は今後でかい波が来ると確信している「起業」という世界に行っいたんですね。かつ、(起業する同世代の)人が少ないと。僕はそういうことを常に考えるべきかなと思っていて。